特集 PR

長塚圭史が語る、演劇の本質。観客の想像力を喚起する演出とは

長塚圭史が語る、演劇の本質。観客の想像力を喚起する演出とは

『KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「セールスマンの死」』
インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:江森康之 編集:宮原朋之

戦後のアメリカを代表する劇作家のひとり、アーサー・ミラーによる『セールスマンの死』は、これまで世界中で何度も上演や、映画化がなされてきた名作戯曲。20世紀中盤のアメリカ、晩年を迎えたセールスマン・ウィリーを主人公に、その家族の抱えた問題が描かれるこの群像劇は、1949年の初演時には742回上演のロングランを記録。『トニー賞』『ニューヨーク劇評家賞』『ピューリッツァー賞』を受賞している。

今回、KAAT 神奈川芸術劇場で、この演劇史に残る不朽の名作に挑むのが、劇団「阿佐ヶ谷スパイダース」を主宰し、自らもNHK連続テレビ小説『あさが来た』や、映画『容疑者Xの献身』などで俳優としても活躍している演出家・長塚圭史。彼が見つめているのは、この物語に描かれた家族が抱えた深い「業」だった……。いったい、この名作からどんな家族像が浮かび上がってくるのか? そして、この作品を通して見えてくる「演劇の本質」とは何だろうか?

戯曲『セールスマンの死』には、ほとんど演出の余地がないんです。

—なぜ、アーサー・ミラーの名作として知られる『セールスマンの死』を上演することになったのでしょうか?

長塚:KAATの芸術監督である白井晃さんから、「KAATで作品を創ってもらいたい」という話をずっと前から頂いていて、いろんな作品が候補に挙がりつつ、どうしても定まりきらなかった。そんな時、ある雑誌に僕が寄稿したエッセイで、もともと好きな作品でシンパシーも感じていた『セールスマンの死』について「いつか、自分が成熟したらやりたい」と書いていたのを白井さんが読んでくれて、「やってみましょう」という提案を受けたんです。

長塚圭史
長塚圭史

—「いつか」と書いていたら、意外と早く実現してしまったということですね(笑)。今おっしゃった、長塚さんがこの戯曲に感じていた「シンパシー」とはどのようなものですか?

長塚:僕自身、さまざまな家族劇を書いていました。その中でテーマとなってきたのが「血の業」とでも呼べるようなものです。『セールスマンの死』も、「業」とも言うべき問題を抱えたある家族を描いた作品です。

父・ウィリーは、老境に差し掛かり、仕事がうまくいかなくなっていく。長男のビフは学生時代にアメフトの花形選手だったものの、病的なほどに父から期待をかけられ、次第に転落していく。次男のハッピーは何をしても注目されず、満たされない気持ちを抱えている。母親のリンダは彼らを何とか取りなそうとしながらも、その精神は崩壊寸前……。

『KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「セールスマンの死」』ビジュアル
『KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「セールスマンの死」』ビジュアル(サイトを見る

—家族のそれぞれが、どこか壊れた部分や闇の部分を抱えていますね。

長塚:しかも、描かれるわずか2日間という時間に、彼らが経てきた栄光と挫折の時間が凝縮されています。その背景には、一攫千金を狙う古き良きアメリカンドリームの時代や、それを支える広大な大地の風景も見えてくる。アーサー・ミラーが描いたこの物語には、とてつもない魅力がありますね。

—では、その演出を担うにあたってはいかがでしょうか?

長塚:やりづらいですね……。この戯曲には、ほとんど演出の余地がないんです。ト書きまで細かく書き込まれているから、演出家が自分の色を出しにくい。

実は、曖昧に書かれている作品の方が、演出家としてはやりやすいんです。曖昧の中に自分のセンスを混ぜたり、「ここに焦点を当てたのか!」と驚かせることができますからね。でも、『セールスマンの死』にはそういった余地がほとんど残されていません。

この作品は、どんな人にでも開かれたエンターテイメントだと思っています。

—とても精密に描かれた完成度の高い作品であるからこそ、演出家の独自性を発揮しにくいんですね。

長塚:舞台セットや派手なアクションなどで、僕の演出が作品よりも前に出ることは、徹底的に書き込まれたこの作品にとって無意味です。これを上演するにあたって必要なのは、派手な演出を施すのではなく、戯曲に従って言葉の細部を追いかけていくという地道な作業。特に、日本人である僕らが文化の違いを乗り越えて行くためにも、「これは何を意味している台詞なのか?」「どんなイメージを元にした台詞なのか」と、一つひとつの言葉を磨いています。

長塚圭史

—アーサー・ミラーの書いた言葉を信頼し、その意味を徹底的に追求する、ということでしょうか?

長塚:そうですね。この作品は台詞の分量も多いし、時間軸も変わり、現実と虚構の間を行ったり来たりする。イメージを強く持っていないと、言葉がするすると流れ去ってしまうんです。例えば、「そういえば、あのでっかいベッツィって女いただろ?」という台詞を発する時、過去に存在していたベッツィという女性のイメージを鮮明に作らなければならない。

キャラクターを造形するにあたっても、ビフを演じるのであれば、彼が放浪したアメリカの広大な土地を漠然とイメージするだけでなく、どれくらいの距離を放浪してきたのかを具体的に掴まなければ、彼が抱える苦悩の大きさが見えてきません。テンポよく進んでいく劇にすることを前提としながらも、言葉の一つひとつ、会話の一つひとつが立体的に浮かび上がることを目指していますね。

—稽古場の入り口にアメリカの地図が貼られていて、戯曲に登場する地名の距離感が一目でわかるようになっているのはそのためなんですね。イメージを確かなものにし、言葉の強度を高めることには、どんな効果があるのでしょうか?

長塚:俳優がどれだけイメージを強く持っているかによって、舞台の上で観客が想像力を広げられ、実際に存在しないものも見えてくるようになります。そうすれば、空想と回想と現実を行き来する複雑な構成を持つ『セールスマンの死』でも、とてもわかりやすく観られるはずなんです。一筋縄では行きませんが、この作品は、どんな人にでも開かれたエンターテイメントだと思っています。

長塚圭史
Page 1
次へ

イベント情報

『KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「セールスマンの死」』ビジュアル
『KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「セールスマンの死」』

作:アーサー・ミラー
演出:長塚圭史
出演:
風間杜夫
片平なぎさ
山内圭哉
菅原永二
伊達暁
加藤啓
ちすん
加治将樹
菊池明明
川添野愛
青谷優衣
大谷亮介
村田雄浩

神奈川公演
2018年11月3日(土・祝)、11月4日(日)、11月7日(水)~11月18日(日)全12公演
会場:神奈川県 横浜 KAAT神奈川芸術劇場
料金:S席8,500円 A席6,000円 U-24券3,000円 高校生以下1,000円 65歳以上8,000円
※11月3日、11月4日はプレビュー公演

愛知公演
2018年11月29日(木)、11月30日(金)全2公演
会場:愛知県 東海市芸術劇場大ホール
料金:一般9,000円 U-25券4,500円

兵庫公演
2018年12月8日(土)、12月9日(日)全2公演
会場:兵庫県 西宮 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
料金:A席6,000円 B席4,000円
※未就学児入場不可

プロフィール

長塚圭史(ながつか けいし)

1996年、演劇プロデュースユニット・阿佐ヶ谷スパイダースを旗揚げし、作・演出・出演の三役を担う。2008年、文化庁新進芸術家海外研修制度にて1年間ロンドンに留学。帰国後の11年、ソロプロジェクト・葛河思潮社を始動、『浮標(ぶい)』『冒した者』『背信』を上演。また17年4月には、福田転球、山内圭哉らと新ユニット・新ロイヤル大衆舎を結成し、北條秀司の傑作『王将』三部作を下北沢・小劇場楽園で上演。同年10・11月には初めてKAATプロデュース作品に演出家として参画、『作者を探す六人の登場人物』を上演した。
近年の舞台作品に、『華氏451度』(上演台本)『MAKOTO』(作・演出・出演)、『ハングマン』(演出・出演)、『かがみのかなたはたなかのなかに』(作・演出・出演)、『プレイヤー』(演出)、『はたらくおとこ』(作.・演出・出演)、『ツインズ』(作・演出)、『十一ぴきのネコ』(演出)、『蛙昇天』(演出)、など。読売演劇大賞優秀演出家賞など受賞歴多数。また俳優としても『あさが来た』(NHK)、『Dr.倫太郎』(NTV)、『グーグーだって猫である』(シリーズ/WOWOW)、映画『花筐』、『yes!-明日への頼り』(ナレーション/TOKYO FM)など活動。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 坂元裕二に密着、NHK『プロフェッショナル』 高橋一生、満島ひかりも出演 1

    坂元裕二に密着、NHK『プロフェッショナル』 高橋一生、満島ひかりも出演

  2. 松尾スズキが描く劇団員&音声ガイドに星野源、阿部サダヲら 『30祭』続報 2

    松尾スズキが描く劇団員&音声ガイドに星野源、阿部サダヲら 『30祭』続報

  3. 磯部涼×細倉真弓『川崎ミッドソウル』 アフター『ルポ 川崎』 3

    磯部涼×細倉真弓『川崎ミッドソウル』 アフター『ルポ 川崎』

  4. 門脇麦、成田凌らが「青春炸裂」 岡崎京子原作『チワワちゃん』場面写真 4

    門脇麦、成田凌らが「青春炸裂」 岡崎京子原作『チワワちゃん』場面写真

  5. 尾崎世界観が岡本太郎を想う。『岡本太郎と「今日の芸術」』展 5

    尾崎世界観が岡本太郎を想う。『岡本太郎と「今日の芸術」』展

  6. 実写ドラマ『I”s』、ヒロイン・伊織役は白石聖 12月から放送開始 6

    実写ドラマ『I”s』、ヒロイン・伊織役は白石聖 12月から放送開始

  7. 渋谷の取り壊し前のビルでアート企画 R・マッギンレー、坂本龍一ら30組超 7

    渋谷の取り壊し前のビルでアート企画 R・マッギンレー、坂本龍一ら30組超

  8. 『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く 8

    『A子さんの恋人』近藤聡乃インタビュー 活動拠点のNYで聞く

  9. 杏、岡崎体育、古田新太、東郷かおる子がQUEENを語る NHK『SONGS』 9

    杏、岡崎体育、古田新太、東郷かおる子がQUEENを語る NHK『SONGS』

  10. 麻生久美子VS中村倫也 根本宗子の舞台『クラッシャー女中』で初共演 10

    麻生久美子VS中村倫也 根本宗子の舞台『クラッシャー女中』で初共演