特集 PR

ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

ゆず『マボロシ』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:北岡稔章 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「今、ゆずに求められていること」を真正面から引き受けたというアルバム『BIG YELL』によって、文字通り「大いなるエール」を世に放ったゆず。そのアルバムを引っ提げたアリーナツアーも大盛況のうちに終えた彼らはその後、さらなる変化のときを迎えているようだ。

NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』の主題歌として書き下ろされた新曲“マボロシ”。この曲は、「これまでにないゆず」を意識して生み出された1曲であるという。そして、ドラマの原作となったマンガを読む中で見つけ出した「幻 / マボロシ」というテーマ。それは、実際の音源制作に影響を与えると同時に、この曲のビジュアル面にも大きな影響を与えたようだ。

旧知の映像作家である島田大介によるモノクロームのミュージックビデオ、そして今回が初タッグとなる新鋭写真家・北岡稔章との出会いとコラボレーション。それはやがて、写真展『ゆず マボロシ展』の開催という、これまでにない表現形態へと繋がっていった。音楽のみならず、そのビジュアルも含めて立体的に表現された“マボロシ”の世界。今、にわかに活性化しているようにも思えるゆずのクリエイティビティーの背後には、果たして彼らのどんな思いと意思があるのだろうか。同展覧会の会場で、北岡稔章撮影のもと、ゆずの2人に話を聞いた。

(ゆずに求められるものを)しっかりと引き受けたことによって、逆に気が楽になったんです。(北川)

―11月16日に配信リリースした新曲“マボロシ”は、これまでのゆずのイメージとは異なる、かなりシリアスな楽曲になりました。この曲は、どんな経緯で生まれた曲なのでしょう?

北川:これは『昭和元禄落語心中』(NHK)というドラマの主題歌のお話を、演出をされているタナダユキさんから直々にお手紙をいただいたところから始まりました。以前にも一緒にお仕事をしたことがあったのですが、そのお手紙に、「今までのゆずのイメージとは違う切り口の曲を書いてもらいたい」というようなことがあって、それからドラマの原作マンガを読ませていただいたんですけど、そしたらもうめちゃめちゃ面白くて。

北川悠仁。『ゆず マボロシ展』の会場にて
北川悠仁。『ゆず マボロシ展』の会場にて

―雲田はるこさんの『昭和元禄落語心中』、面白いですよね。

北川:すごく面白かったです。絵のタッチが爽やかだからスーッと読めるんですけど、中身は結構濃くて、時代を超えて人間の光と闇の部分を行き来するような話じゃないですか。

原作からヒントを得ながら、今までのゆずではあまりやっていないことを考えて、ある意味前向きではない、色で言うなら原色じゃない世界観を作れないかなと思ったんです。

ゆず“マボロシ”を聴く(Apple Musicはこちら

―旧知のタナダさんが、これまでとは違うゆずを求めてきたのは面白いですね。

北川:そうですね。前回お話したように(参考記事:ゆずが20周年を経て語る、ゆずに求められている事、今歌いたい事)、今年の春に出した『BIG YELL』というアルバムが、ゆずに求められているパブリックなものを背負った決意表明というか、強さのあるアルバムだったんですよね。その時は、そういうものを作り上げることで、さらにいろんなことを背負っちゃうのかもしれないという懸念もあったんです。

だけど、中途半端ではなくしっかりと引き受けたことによって、逆に気が楽になったんです。引き受けたときに、もう腹が決まっていたんですよね。

―大きなものを背負って気が楽になるなんて、そんなことがあるんですね。

北川:だから、そのあとに出した“公園通り”もそうですけど、作品作りが解放できた感覚があって。新しいことを「やらなきゃ」と思ってやるのではなく、自然と「やりたくなっちゃう」、ワクワクしながら作れるモードになっていったんです。だから今回、「これまでのゆずとは違う感じの曲を」と言われても、無理なく臨むことができました。「新しいゆずの切り口で、何かできるだろう?」と、素直にスーッと入っていけたんです。

岩沢:この1年というのは、昨年末にNHK『紅白歌合戦』の大トリをやらせてもらったことも含めて、いろんな方からいろんなチャンスをもらって、本当にいろんなことをやらせてもらいました。ときには、“マスカット”みたいに、全力でふざけてみたり、そうかと思えば今回のようにしっとり歌ってみたり(笑)。

―すごい振り幅です(笑)。

岩沢:そういういろんな経験の中でも、やっぱり自分たちとしてはツアー(『YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL』)がうまくいったことが、結構大きかった。あのツアーを自分たちの中で消化しきれたからこそ、ちゃんとピリオドを打って、次のステップに行く準備ができたんです。だからもう、どんなオファーがきても大丈夫というか、何がきてもジタバタしなくなりましたよね。

岩沢厚治。『ゆず マボロシ展』の会場にて
岩沢厚治。『ゆず マボロシ展』の会場にて

Page 1
次へ

リリース情報

ゆず『マボロシ』
ゆず
『マボロシ』

2018年11月16日(金)配信

  • Apple Musicで聴く
  • イベント情報

    『ゆず マボロシ展』

    2018年12月7日(金)~12日(水)
    会場:東京都 学芸大学 CLASKA 8F The 8thGallery
    時間:12:00~20:00
    (受付は19:40まで、最終日は17:00閉廊)
    料金:無料

    プロフィール

    名前
    ゆず

    北川悠仁、岩沢厚治により1996年3月結成。横浜・伊勢佐木町での路上ライブで話題を呼び、1997年10月、1st Mini Album『ゆずの素』でCDデビュー。翌98年6月にリリースした1st Single『夏色』で脚光を浴びると、その後『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』の主題歌として、これまでのゆずを手放した『マボロシ』を配信リリースした。

    北岡稔章(きたおか としあき)

    1986年高知県生まれ。大阪で建築を学んだ後、ビジュアルアーツ大阪写真専門学校入学。卒業後スタジオエビス入社。退社後、フリーランス。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    BIM“Wink”

    BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

    1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

      サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

    2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

      キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

    3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

      殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

    4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

      『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

    5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

      映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

    6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

      ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

    7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

      広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

    8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

      草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

    9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

      『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

    10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

      「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡