特集 PR

柴田聡子を紐解く3つの「出会い」今、一番大切なのはおしゃべり

柴田聡子を紐解く3つの「出会い」今、一番大切なのはおしゃべり

『Park Live』
インタビュー・テキスト
村尾泰郎
撮影:山川哲矢 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

銀座の真ん中にある「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」。そこで毎週金曜夜のほか不定期に行われているのが、「音楽との偶発的な出会い」をコンセプトにした入場無料(ワンドリンクオーダーが必要)で楽しめるライブプログラム『Park Live』だ。気まぐれに足を運べば、そこで新しい音楽に出会える。そんななか、2月22日に登場したのはシンガーソングライターの柴田聡子。最近では、バンド、inFIREを従えたライブを行ってきたが、この日はギターの弾き語りで新作『がんばれ!メロディー』の曲を中心に披露。ギターと歌というシンプルな構成でメロディーのよさが引き立つなか、躍動感溢れる演奏で観客を惹きつけた彼女に、終演後に話を聞いた。

私にとっておしゃべりって大切なんです。しゃべると相手のことが好きになって、いろんなアイデアが出てくる。

—柴田さんのライブは、今日みたいな弾き語りもあれば、バンド編成のときもあります。演奏するうえで気持ちの違いはありますか?

柴田:ひとりはちょっと寂しくて、バンドのときは「無敵!」って気持ちですね(笑)。

柴田聡子
柴田聡子

—デビューしたときはひとりでしたが、バンドとやるようになって寂しさを感じるようになったんでしょうか?

柴田:そうかもしれません。今のバンドと2年くらい一緒にやって仲よくなってきたっていうのもあって、「今日はひとりか……」みたいな感じで。

—今回は柴田さんといろんな出会いについて伺いたいのですが、まずはバンドとの出会いから聞かせてください。現在、一緒にやっている柴田聡子inFIREのメンバーは、イトケンさん(Dr)、かわいしのぶさん(Ba)、岡田拓郎さん(Gt)、ラミ子さん(Cho)という強力な顔ぶれですが、このバンドのよさってどんなところですか。

柴田:まず、仲がいいってことですね。みなさんの演奏の素晴らしさは言わずもがなですが、おしゃべりしててすごく楽しいんです。レコーディングのときもすごく楽しくて、それって、すごく重要だなって思いました。これまでは「バンマスとしてしっかりしなきゃ!」と思って番人みたいな感じになってたんです。でも、今のバンドでは、「わーい!」みたいにバカな感じでいられるし、メンバーをちゃんと頼ることができる。ようやく、そういうふうになれました。

—新作を聴くと、そういう仲のよさが反映されている気がします。どのパートも同等に存在感があって、音でおしゃべりしているような感じで。

柴田:ほんとにそうだと思います。それぞれがアイデアをどんどん出しあって、思いついたことは全部やってみました。私が最初に持っていったアイデアを、このバンドだから覆すことができたりもしたんです。

—自分が思ってもいなかった仕上がりになった?

柴田:そう。そういうのもすごく嬉しくて。たとえば“涙”っていう曲は、最初は「打ち込みみたいに作りたいね」って言ってたんですけど、それがうまくいかなくて。それで一度バンドで一緒に演奏してみたら「これでいいんじゃない?」ってなって、人力で録りはじめたんです。そしたら、すごく自然な感じでまとまったんですよね。

—このバンド独自のグルーヴがありますよね。イトケンさんとかわいしのぶさんのリズム隊もタイトだし。

柴田:グルーヴは今回意識しました。たとえば“佐野岬”とか“東京メロンウィーク”は、このバンドでしか出せない不思議なグルーヴが生まれたと思います。“佐野岬”はバンドでおしゃべりしたことが、グルーヴの向上につながったところがあって。

—というと?

柴田:最初、みんな「歌詞がよくわからない」って言ってたんです。それで内容を説明したら、「えっ!? そうなんだ。へぇー!」ってなって、みんなが曲を好きになってくれた。そしたら、グルーヴがすごく出るようになったんです。

柴田聡子“佐野岬”を聴く(Apple Musicはこちら

—<3万借りたら5万返すよ>という面白い一節ではじまる曲ですが、どういう内容なんですか?

柴田:めちゃくちゃなことしているけど、なぜか愛されてる「伝説の先輩」みたいな人、地元にいませんか? そういう先輩がいて、そういう先輩と付き合う女の子って、たいてい可愛くてしっかりした人で、その先輩には舎弟もいたりする。で、これはその舎弟の話なんですけどって話をすると、しのぶさんが「いた! いた! めっちゃ美人の彼女と付き合ってた!」って驚いてて(笑)。話をしたあと、演奏をしたら、いい感じにグルーヴが出るようになったんです。

—メンバーが歌詞のイメージを掴むことで、バンドサウンドが変化していくんですね。

柴田:私にとっておしゃべりって大切なんです。しゃべると相手のこととか曲のことが好きになって、いろんなアイデアが出てくる。

—バンドとの出会いが、グルーヴとの出会いにつながったと。

柴田:そうだと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『Park Live』

2019年2月22日(金)
会場:Ginza Sony Park 地下4階

ライブハウスともクラブとも一味違う、音楽と触れ合う新たな場となる"Park Live"。音楽との偶発的な出会いを演出します。
開催日:毎週 金曜日20:00 - 、不定期

リリース情報

柴田聡子『がんばれ!メロディー』
柴田聡子
『がんばれ!メロディー』(CD)

2019年3月6日(水)発売
価格:2,800円(税込)
PCD-18862

1. 結婚しました
2. ラッキーカラー
3. アニマルフィーリング
4. 佐野岬
5. 涙
6. いい人
7. すこやかさ
8. 心の中の猫
9. ワンコロメーター(ALBUM MIX)
10. 東京メロンウィーク
11. ジョイフル・コメリ・ホーマック
12. セパタクローの奥義(ALBUM MIX)
13. 捧げます

イベント情報

柴田聡子 TOUR 2019 “GANBARE! MELODY”

出演:柴田聡子 inFIRE
料金:前売3,500円 / 当日4,000円

2019年4月13日(土)
会場:北海道 札幌 ベッシーホール

2019年4月14日(日)
会場:宮城県 仙台 FLYING SON

2019年4月25日(木)
会場:京都府 磔磔

2019年4月26日(金)
会場:愛知県 名古屋 得三

2019年4月09日(木)
会場:大阪府 十三 FANDANGO

2019年4月11日(土)
会場:福岡県 UTERO

2019年4月12日(日)
会場:岡山県 ペパーランド

2019年4月16日(木)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

プロフィール

柴田聡子(しばた さとこ)

1986年札幌市生まれ。大学時代の恩師の一言をきっかけに、2010年より都内を中心に活動を始める。ギターの弾き語りでライブを行う傍ら、岸田繁、山本精一など豪華ミュージシャンを迎えた最新作『愛の休日』まで、4枚のアルバムをリリースしている。2016年に上梓した初の詩集『さばーく』が第5回エルスール財団新人賞<現代詩部門>を受賞。現在、雑誌『文學界』でコラムを連載しており、文芸誌への寄稿も多数。歌詞だけにとどまらず、独特な言葉の力にも注目を集めている。2018年3月、アナログ・マスタリング / カッティングまで本人が完全監修した4thアルバム『愛の休日』のLPレコードを発売に続き、11月、ライブではすでにキラーチューンの座を確立している『ワンコロメーター』を7inch EPで発売。2019年3月6日には待望のニューアルバム『がんばれ!メロディー』の発売が決定。初のバンドツアー『柴田聡子 TOUR 2019 “GANBARE! MELODY”』を全国8都市で開催することも決定している。

関連チケット情報

2019年4月6日(土)
飯坂温泉ミュージックフェスティバル【おと酔いウォーク2019】
会場:「飯坂温泉街」 6会場(福島県)
2019年4月13日(土)
柴田聡子
会場:BESSIE HALL(北海道)
2019年4月14日(日)
柴田聡子
会場:FLYING SON(宮城県)
2019年4月25日(木)〜5月9日(木)
柴田聡子
会場:磔磔(京都府)
2019年4月26日(金)
柴田聡子
会場:TOKUZO(愛知県)
2019年5月11日(土)
柴田聡子
会場:福岡・UTERO(福岡県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る