特集 PR

尾崎世界観が「ひとり」を救う理由。孤独や悲しみも笑えるように

尾崎世界観が「ひとり」を救う理由。孤独や悲しみも笑えるように

TBSラジオ『ACTION』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:関信行 編集:矢島大地(CINRA.NET編集部)

4月よりTBSラジオで始まる夕方の新番組『ACTION』。月曜日~金曜日の5日間、日替わりのパーソナリティが出演するこの番組で、火曜日のパーソナリティを務めるのが、クリープハイプのフロントマン・尾崎世界観だ。

本音を人に伝える、ということは本当に難しいことだ。ありのまま過ぎては乱暴だし、整え過ぎたら、それは本音ではなくなる。ラジオは、そんな「本音を伝える」という繊細なバランス感覚を擁することを、テレビやインターネットよりも上手くやってのけるメディアだ。そして、それはクリープハイプの音楽も然り。彼らの歌は、いつだって「言えなかったこと」や「言いすぎたこと」ばかりを抱えて生きる私たちに、その狭間にある「本音」の存在を思い出させてくれる。誰しもが、自分だけの悲劇や喜劇を生きている。その中で、常に寂しさや不安と一緒にいる「本音」という厄介者の頭を、クリープハイプの歌はそっと撫でてくれる。

何故、尾崎世界観の奏でる本音は、人に届くのだろう? このインタビューでは、「ラジオ」を大きなテーマとしながら、彼が描く泣き笑いの本音が一体どこから生まれ、どこへと向かっていくものなのか、じっくりと語ってもらった。

音楽は、いわば走っているようなもの。ラジオは「歩いている」という感覚がしっくりくる。でも、歩き続けることはなにより難しいことなんですよね。

—クリープハイプには『When I was young, I'd listen to the radio』というタイトルのミニアルバムがあり、“ラジオ”という曲もあり、これまで音楽のモチーフとしても「ラジオ」が使われてきましたよね。そもそも尾崎さんにとって、ラジオとはどのような存在なのでしょう?

尾崎:中学生の頃に、成績が悪すぎてテレビを禁止されたことがあって。それで仕方がなく、テレビの代わりにラジオを聞き始めて、それから好きになりました。捻くれている子供だったので、周りが知らないものに触れたいという気持ちも大きくて。そういう意味でも、ラジオはうってつけだったんです。

夜眠れないときに聞くと、「まだ、どこかで誰かが起きているんだ」という安心感もあるし、たとえ生放送ではなく、収録されたものでも、ラジオには不思議な「近さ」があったような気がします。それは、いまでも感じますね。

尾崎世界観(おざき せかいかん)<br>バンド「クリープハイプ」のボーカル、ギター。自身が編集長を務める雑誌の発行、小説家としての活動や書評コラムでも頭角を表すなど、多岐に亘って活躍中。音楽に止まらず、その言語表現にも注目されている。
尾崎世界観(おざき せかいかん)
バンド「クリープハイプ」のボーカル、ギター。自身が編集長を務める雑誌の発行、小説家としての活動や書評コラムでも頭角を表すなど、多岐に亘って活躍中。音楽に止まらず、その言語表現にも注目されている。

—たしかに、ラジオには特有の聞き手との距離感があるような気がしますね。

尾崎:ラジオは想像することができるんですよね。テレビだと、目と耳で捉えた情報がそのまま飛び込んでくるけど、ラジオの場合、話している人の姿が見えないから、自分の想像で補完しなければいけない。例えば、パーソナリティが言う「これ、いいな」のひと言が、純粋に発せられた言葉なのか、皮肉として発せされた言葉なのか、聞く人それぞれの感性で受け止めなければいけないんですよね。つまり、余白があるんです。

自分も参加できるというか……おこがましい言い方をすれば、自分がいないと、喋っている人の話は成り立たないという。そういうところが、自分には合っているのかなと思っていました。

クリープハイプ“ラジオ”

—どんなラジオ番組がお好きでしたか?

尾崎:最初は野球中継から聞き始めたんですけど、だんだんと『オールナイトニッポン』なども聞くようになりました。

尾崎世界観
尾崎世界観

—やはり中高生の頃は、夜~深夜帯のラジオに親密なものを感じたりしますよね。

尾崎:そうですね。でも最近は、自分も大人になってきて、お昼の番組のよさも、わかるようになってきました。子供の頃は、お昼の番組があまり好きではなかったんです。

—なぜですか?

尾崎:中学生の頃よりも前の記憶ですけど、よく行っていた床屋で、お昼のラジオがいつも流れていたんです。そもそも、髪を切りに行くのが嫌だったんですよ。自意識過剰な子供だったので、少しでも髪を伸ばしたかったんです。でも、親に「切ってきなさい」とお金を渡され、床屋に行かされ、すごくダサいスポーツ刈りにされる。それがいつも嫌で。

店内に漂っている髭剃りのクリームの匂いも嫌いだったし、それに引っぱられて、流れているラジオも嫌いでした。男の人と女の人が喋りながら、ハガキを読んでいて……いかにも「床屋にいるなぁ」という気分にさせられるんですよね(笑)。

—床屋で聞くラジオって、たしかに独特の存在感があるような気がします(笑)。

尾崎:でも最近は、子供の頃に床屋で聞いていたような番組のよさもわかるようになってきました。『たまむすび』などを聞いていると、「こういうことだったんだ」と理解できるようになってきて、自分も大人になったのかなぁと思います。

—いまの尾崎さんから見て、『たまむすび』のようなラジオ番組には、どんな魅力がありますか?

尾崎:生活と地続きにあるものだと感じます。あのような聞き手とフラットな関係を保ちながら、「なんとなく聞いていられる」空気感を作るのは、そう簡単なことではないと思うんです。たとえば音楽は、やる方も聴く方も一生懸命になるじゃないですか。もちろん一生懸命なにかを伝えて、一生懸命なにかを受け取るということはすごくいいことだし、必要なことだと思うんです。でも、ずっと継続することはできない。いわば、走っているようなものなので。

でも、ラジオは「歩いている」という感覚がしっくりくる。歩き続けることは、なにより難しいことなんですよね。特にお昼の番組は、そういった要素がすごく強いと思うんです。聞いている人の生活の隣で、一緒に歩いているような感覚があります。

尾崎世界観

—たしかに、「歩き続けること」の難しさは、自分自身が経験を積むことでわかってくるものでもありますよね。

尾崎:「走る」ということは、いつか終わることが前提になっているぶん、ある意味では楽なんです。でも、「歩く」ということは、終わりが見えないぶん、過酷なことです。僕は今年35歳になるんですけど、最近になってようやくわかるようになってきました。

Page 1
次へ

番組情報

TBSラジオ「ACTION」

よりワクワクする明日がくるように。 より楽しい日々が過ごせるように。この番組は、パーソナリティ、ゲスト、スポンサー、リスナーが 「やってみた / やってみたい」という様々な「ACTION」を持ち寄り、呼びかけ、 連鎖していくプラットフォーム。なんでも受け身じゃつまらない! 「やってみたい」を「やってみる」情報エンタテインメントプログラムです。4月1日スタート。

放送時間:毎週月曜~金曜 15:30~17:30
パーソナリティ:
月曜日 宮藤 官九郎
火曜日 尾崎 世界観
水曜日 DJ松永(Creepy Nuts)
木曜日 羽田 圭介
金曜日 武田 砂鉄

プロフィール

尾崎世界観(おざき せかいかん)

バンド「クリープハイプ」のボーカル、ギター。自身が編集長を務める雑誌の発行、小説家としての活動や書評コラムでも頭角を表すなど、多岐に亘って活躍中。音楽に止まらず、その言語表現も注目されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催