特集 PR

スカート×tofubeats 異なる機材でそれぞれが極める「ポップス」

スカート×tofubeats 異なる機材でそれぞれが極める「ポップス」

スカート『トワイライト』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:西田香織 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

少なくとも自分が聴いてブチ上がるものを作りたいという気持ちはあります。(澤部)

―先ほど澤部さんが、「リスナーがなにを求めているかわからない」と言いましたけど、リスナーのことを考えながら曲を作っていますか?

澤部:たとえば「多感な少年少女たちに聴いてもらいたい!」と努力しているわけでも、「音楽大好きリスナーに愛されたい!」と制作しているわけでもないもんなぁ(笑)。たしかに、ターゲットが不明瞭なんですよね。

澤部渡

tofubeats:そうですよね。僕らF2層を狙ってますとか、そんなのないし(笑)。さっき聴かれることがモチベーションだと言いましたけど、僕も具体的にリスナーの顔が見えているわけでもなくて。再生回数が増えていくのも嬉しいし、ブログやTwitterで言及されるのも嬉しいですけどね。こういうのは実は、すごいモチベーションになっているんですよ。

澤部:そうそうそう。

tofubeats:雑誌もネットも、みんなが思っているよりもずっと見てるんで(笑)。

―以前ポール・マッカートニーにインタビューしたとき(参考:ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ)、「曲作りとかで煮詰まったとき、僕とジョンはいつも「17歳の自分だったらどうしていただろうね?」って考えていた」と彼は話していて。「自分自身が最も信頼できるリスナー」という風には思います?

澤部:ああ、それはありますね。17歳の自分とは今のところ思ってないですけど、少なくとも自分が聴いてブチ上がるものを作りたいという気持ちはあります。

tofubeats:そういう意味でいうと、僕ら2人の共通点は「自分の作った曲をめちゃくちゃ聴く」ということですね(笑)。

tofubeats

澤部:そうそう! めっちゃ聴いちゃうんですよ(笑)。いつも、レコーディング終わると「いいもの作ったなあ」って思って。

僕はトーフくんほど、インターネットの恩恵を受けていないかも。(澤部)

―ポップスについて考えたとき、個人的に思うのは「ただ、グッドメロディーであればいいのか?」ということなんです。おふたりの曲は情報量が半端なく多いじゃないですか。それは音数の問題ではなく、ルーツがどれだけ感じられるかということなのですが。

澤部さんは以前、「自分が聴いてきた音楽の解釈で、なんとか曲を作っている」と話していたし、トーフさんは「ブックオフ100円セールで売っている音楽で成り立つ」と言っていました。つまりおふたりとも、膨大な引用が楽曲のなかに練りこまれていて、そこが単に耳当たりのよいポップスと一線を画す「深み」なのかなと思ったんです。

澤部:おそらく、僕らが「情報」をちゃんと手にした最初の世代だと思うんですよ。そこが大きいんじゃないかなと。僕とトーフくんでも、世代的に若干違うのかもしれないけど。

澤部渡

tofubeats:そうですね。好きな音楽もそうだし、澤部さんの方が昔のものをちゃんと聴いているし。

澤部:おそらく僕はトーフくんほど、インターネットの恩恵を受けていないかも。

tofubeats:澤部さんはわりと、足で稼ぐタイプですよね(笑)。

澤部:そうだね。僕はインターネットの情報と足の情報を組み合わせながら聴いていましたね。

tofubeats:あと、僕らの世代はサンプリング文化が成熟して、「影響を受ける」「オマージュする」ということに対してあまりネガティブなイメージがないのかも。「なにからも影響されずオリジナルであること」みたいなことではなく、シミュラークルみたいな概念が出てきたあとなので、「影響があって当たり前」みたいな「参照性が高い」のが普通だった気がします。

tofubeats
Page 4
前へ 次へ

リリース情報

スカート『トワイライト』初回限定盤
スカート
『トワイライト』初回限定盤(2CD)

2019年6月19日(水)発売
価格:3,456円(税込)
PCCA.04799

[CD] 1. あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)
2.ずっとつづく
3. 君がいるなら
4. 沈黙
5. 遠い春
6. 高田馬場で乗り換えて
7. ハローと言いたい
8. それぞれの悪路
9. 花束にかえて
10. トワイライト
11. 四月のばらの歌のこと

[CD2]
初回限定盤 弾き語り
『トワイライトひとりぼっち』
1. あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)
2. ずっとつづく
3. 君がいるなら
4. 沈黙
5. 遠い春
6. 高田馬場で乗り換えて
7. ハローと言いたい
8. それぞれの悪路
9. 花束にかえて
10. トワイライト
11. 四月のばらの歌のこと

スカート『トワイライト』通常盤
スカート
『トワイライト』通常盤(CD)

2019年6月19日(水)発売
価格:2,808円(税込)
PCCA.04800

1. あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)
2.ずっとつづく
3. 君がいるなら
4. 沈黙
5. 遠い春
6. 高田馬場で乗り換えて
7. ハローと言いたい
8. それぞれの悪路
9. 花束にかえて
10. トワイライト
11. 四月のばらの歌のこと

tofubeats『Keep on Lovin’ You』
tofubeats
『Keep on Lovin’ You』

2019年5月24日(金)配信

プロフィール

スカート
スカート

どこか影を持ちながらも清涼感のあるソングライティングとバンドアンサンブルで職業・性別・年齢を問わず評判を集める不健康ポップバンド。2017年10月に発表したアルバム『20/20』でメジャーデビュー。そのライティングセンスからこれまで多くの楽曲提供、劇伴制作に携わる。近年では藤井隆のアルバム『light showers』(2017年)に「踊りたい」、映画「PARKS パークス」(2017年)には挿入歌を提供。「山田孝之のカンヌ映画祭」(2017年)ではエンディング曲と劇伴を担当している。2018年に入っても映画「恋は雨上がりのように」の劇中音楽に参加。また、スピッツや鈴木慶一のレコーディングに参加するなどマルチに活動している。

tofubeats
tofubeats(とーふびーつ)

1990年生まれ、神戸在住。在学中からインターネット上で活動を行い、2013年にスマッシュヒットした“水星 feat.オノマトペ大臣”を収録したアルバム『lost decade』を自主制作で発売。同年『Don't Stop The Music』でメジャーデビュー。森高千里、藤井隆、DreamAmi等をゲストに迎えて楽曲を制作し、以降、アルバム『First Album』(14年)、『POSITIVE』(15年)、『FANTASY CLUB』(17年)をリリース。2018年10月に4thアルバム『RUN』をリリースした。SMAP、平井堅、Crystal Kayのリミックスやゆずのサウンドプロデュースのほか、BGM制作、CM音楽等のクライアントワークや数誌でのコラム連載等、活動は多岐にわたる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施