特集 PR

石若駿という世界基準の才能。常田大希らの手紙から魅力に迫る

石若駿という世界基準の才能。常田大希らの手紙から魅力に迫る

Answer to Remember『Tokyo』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部) 取材協力:STUDIO dede

みんなで意見をぶつけ合って音楽を作るのは、CRCK/LCKSが初めてだった。

―続いては、CRCK/LCKSの小田朋美さんから。

小田朋美(CRCK/LCKS)から石若駿への手紙

石若:……あ、人一倍こだわり強いんだ(笑)。嬉しいですね。この間、CRCK/LCKSのツアーファイナルでぎっくり背中やっちゃって、だから「整体とか行ってね」って言ってくれてるんだと思います(笑)。

―小田さんも藝大の先輩ですよね。

石若:出会ったのは大学1年のときで、ジャズピアニストの佐藤允彦さんのインプロビゼーションの授業でした。みんなが楽器を持ってきてるなか、小田さんは水筒を持ってきて、ずっとうがいでインプロしてて(笑)。すごい人だなって思いました。そのあと飲みに行って、上野公園でセッションしたのも覚えてますね。小田さんと僕は酔っ払って木に登ってました(笑)。

石若駿

―ジャズをバックグラウンドに持った人が、バンドを組む流れが世界的にあったと思うんですけど、CRCK/LCKSはその最良の例という印象です。

石若:僕、みんなで意見をぶつけ合って一つひとつ作曲するのは、CRCK/LCKSが初めてだったんですよ。それに僕はずっとジャズ箱に出てたけど、でかい音が鳴る場所で演奏したのも初めてで。いわゆるライブハウスの対バン文化もCRCK/LCKSで知ったので、すごく新鮮でした。

石若:ジャズの世界は個人個人のスキルが重要視されることが多いけど、バンドシーンはそれだけじゃなくて、集合体としてのかっこよさもあるなと思っていて。別の角度から見た音楽の素晴らしさを知ったというか。それもCRCK/LCKSでいろんな対バンをして感じたことですね。

何かに捉われることなく、自分を通じて音楽を強く打ち出してる人が好きなんです。

―では、もう一度目線を「ジャズ」に戻して、音楽批評家の柳樂光隆さんからです。

石若駿は何でもできるテクニックを持った安心感や心地よさと、 次、何をするかわからない予想のつかなさや目の離せなさを両方持ったドラマーだと思う。
僕が20歳くらいの時、ジャズを好きになったのと同時に夢中になった森山威男さんもそんなドラマーだった。
スタイルは全く違うけど、僕にとって石若駿は森山さんを初めて聴いた時のような「ジャズ・ドラマーを聴く喜び」を再び教えてくれた特別な存在だ。

石若:……嬉しいですね、ありがとうございます。僕が人生で初めて観たライブは、森山さんだったんです。3歳とか4歳のときに、室蘭で、松風鉱一さんっていうテナーサックスの方と、2時間くらいずっとフリージャズをやってるのを父親と2人で最前列で観て。スティックは折れて吹っ飛ぶし、ワイヤーは弾けるし、すごく激しくて。「何じゃこりゃー!」って思った、その感覚は今でも覚えてます。

―石若さんにとっても森山さんは大きな存在なんですね。

石若:森山さんも藝大出身なので、ずっと意識しながら大学生活を送っていました。実際にお会いしていろいろ教えてもらったし、卒業するときの文化祭で「ツインドラムやりましょう」って声をかけて、野外ステージにドラムを2台並べて、45分間ずっとフリーでやったんですよ。そうしたら、お客さんもめっちゃ盛り上がって、あれはすごく嬉しかったですね。

石若駿

―かつての石若さんのように、そのステージを観てドラマーを志した人がいたかもしれないですよね。改めてですけど、ドラマーとしての影響源としては、他にどんな人の名前が挙がりますか?

石若:海外の人ですごく影響を受けたのはブライアン・ブレイドですね。とにかくいろんな人と一緒にプレイしてるし、The Fellowshipっていう彼自身のバンドも10代から30年くらいやってるし、気づいたら、自分で歌って、ギターも弾いたアルバムを出してる。かと思えば、ウェイン・ショーターのバンドで20年くらい叩いてもいるっていう、そんな姿を見て、こういうふうになりたいなと思いました。

石若:打楽器でいうと、途中でも名前を挙げた藤本隆文先生からもたくさん素晴らしい音楽を学びました。神奈川フィルの首席ティンパニ奏者を経て、ビブラフォンでジャズのライブをやったり、現代音楽も本当に素晴らしいです。

あと、今ドイツのカールスルーエで世界中の学生に教えてる中村功さんという方がいて、中村さんももともと藝大なんですけど、彼はものすごい高いスキルで藝大にサンバ文化を持ってきましたが、現代音楽の新しい作品も作っていて、その人のワークショップは涙が出るくらい感動しました。何かに捉われることなく、自分を通じて音楽を強く打ち出してる人が好きなんですよね。

石若駿

木(KI)の音楽には、普通のドラマーだったら絶対思いつかないような発想が取り入れられてて。そういう姿勢にはすごく刺激を受けます。

―では、ドラマーとしてライバルを自負する方からのお手紙です。

石若:ナイーブですか?

―正解!

ナイーブ(木(KI))から石若駿への手紙
ナイーブ(「<a href=https://www.cinra.net/report/201905-expop02>木(KI)、I Saw You Yesterdayら5組が見せた「合奏音楽」の凄み</a>」より / 撮影:垂水佳菜)
ナイーブ(「木(KI)、I Saw You Yesterdayら5組が見せた「合奏音楽」の凄み」より / 撮影:垂水佳菜)

石若:あら……字がきれい(笑)。ナイーブは松下マサナオさん(Yasei Collective)のローディーをずっとやってて、歳も近かったから、仲良くなったんです。僕もナイーブにお手伝いをお願いしたりして、彼の運転で、いろんな現場に2人で行って、いろんな音楽を聴いて話をしました。とにかく最高なヤツです!

―藝大時代の常田さんとの関係性にも通じるところがあるかもしれないですね。石若さんにとっても、友人であり、ライバルでもある?

石若:そう思ってます。木(KI)の音楽には、普通のドラマーだったら絶対思いつかないような発想が取り入れられてて。それは、ナイーブが美しいと思うことをちゃんと表現しているってことだと思うんですよね。そういう姿勢にはすごく刺激を受けます。

石若駿

石若:木(KI)の最初の音源が出たときもびっくりしたし、ミュージックビデオもかっこいい。それでいて、気持ちが近いから、いろいろ相談もできるし、いろんな話を気軽にできる友達ですね。4月に『石若駿とナイーブの友情 vol.1』っていうイベントをやったんですけど(笑)、それも感動的でした。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

Answer to Remember『TOKYO featuring ermhoi』
Answer to Remember
『TOKYO featuring ermhoi』

2019年7月24日(水)配信

プロフィール

石若駿
石若駿(いしわか しゅん)

1992年、北海道清里町生まれ。札幌市出身。幼少からクラシックに親しみ、13歳よりクラシックパーカッションを始める。これまでにクラシックパーカッションを大垣内英伸,杉山智恵子,藤本隆文の各氏に師事。クラシック、現代音楽、新曲初演も行っている。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校打楽器専攻を経て、同大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞受賞。2002~2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間、ハービー・ハンコック、日野皓正、タイガー大越に出会い多大な影響を受ける。2019年7月、新プロジェクト「Answer to Remember」を始動。くるりのサポートメンバーとしても活躍している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 『パラサイト』に見る、格差社会への失望と「諦めの悪さ」 1

    『パラサイト』に見る、格差社会への失望と「諦めの悪さ」

  2. 『FUJI ROCK FESTIVAL '20』は8月21日から開催 「フジロック、変わります」 2

    『FUJI ROCK FESTIVAL '20』は8月21日から開催 「フジロック、変わります」

  3. King Gnu“Teenager Forever”PV 井口理がフィリピン、常田大希がロシアへ 3

    King Gnu“Teenager Forever”PV 井口理がフィリピン、常田大希がロシアへ

  4. 『SWITCH』岩井俊二特集に松たか子、蒼井優、黒木華、Chara、福山雅治ら 4

    『SWITCH』岩井俊二特集に松たか子、蒼井優、黒木華、Chara、福山雅治ら

  5. 松本潤が占い師の「junの館」 明治ミルクチョコレート新CMが放送 5

    松本潤が占い師の「junの館」 明治ミルクチョコレート新CMが放送

  6. 金ローで『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』吹替版が地上波放送 6

    金ローで『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』吹替版が地上波放送

  7. 『スター・ウォーズ』カフェ登場 ブルーミルクやポーションパンなど提供 7

    『スター・ウォーズ』カフェ登場 ブルーミルクやポーションパンなど提供

  8. 『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催 8

    『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催

  9. 宮沢氷魚、栁俊太郎、成田凌、清原翔が『ボクらの時代』に 憧れの存在語る 9

    宮沢氷魚、栁俊太郎、成田凌、清原翔が『ボクらの時代』に 憧れの存在語る

  10. 中山美穂主演『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』放送間近、第1話紹介 10

    中山美穂主演『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』放送間近、第1話紹介