特集 PR

秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

秋山黄色『サーチライト』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:関信行 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)、飯嶋藍子

秋山黄色がドラマ『先生を消す方程式。』の主題歌となる新曲“サーチライト”を発表。この曲のミュージックビデオの監督を、水溜りボンドの佐藤寛太が務めている。SoundCloudなどに楽曲をアップすることからキャリアがスタートしている秋山と、言わずと知れたトップYouTuberである佐藤は、ともにインターネットを活動の背景に持つ20代半ばの同世代。2018年から佐藤が「佐藤寛太」としてミュージックビデオの監督や映像ディレクターとしての仕事を本格化させたこともあり、今回のコラボレーションへと繋がった。

アーティストとYouTuberという名目上の違いはあっても、ふたりはそれぞれもの作りをすることで生きる意味を刻んでいる同志であり、出会うべくして出会ったと言っても過言ではない。そして、“サーチライト”という楽曲と、そのミュージックビデオは、同じようにインターネットと関わりながら、それぞれのやり方で自分を表現しているすべての「僕」や「君」に向けられている。もがけ僕らの足。今日を笑えるその日まで。

左から:秋山黄色、佐藤寛太
左から:秋山黄色、佐藤寛太
秋山黄色『From DROPOUT』を聴く(Apple Musicはこちら) / 関連記事:秋山黄色、「脱落者」の歌に見る希望と「僕たち」へのまなざし(記事を読む

息抜きの場でも、別世界でもないインターネットとの出会いーーネットと現実の距離が縮まって以降に活動を始めたふたり

―まずは今回寛太さんが秋山さんのミュージックビデオを撮ることになった経緯から話していただけますか?

秋山:結構前から寛太さんにTwitterをフォローしていただいて。もともと水溜りボンドは知ってたんですけど、その後に映像をやられてるって知って、漠然とですけど、何か一緒にやれたらと思ってたんです。

寛太:僕はずっと秋山くんの作品が好きで、ミュージックビデオが出るたびに、「いいなあ、撮りたいなあ」って思っていて。楽曲を聴いたり、映像を見たりすると、秋山くんがどういった考えを持ってるのかを知りたくなるし、かと思えば、めちゃめちゃどストレートな歌詞の曲もある。

その人間味もすごい好きで、僕も一緒に何かできたらいいなと思ってたんです。まさかこんな早いタイミングで実現するとは思ってなかったので、すごく嬉しかったです。

秋山:僕からすると「やっと」って感じなんですよね(笑)。本格的に活動し始めたのが2年前くらいで、その頃から頭の中にずっとあったアイデアなので。

左:秋山黄色(あきやま きいろ)<br>1996年3月11日生まれ。栃木県宇都宮市出身。中学生の頃、TVアニメ『けいおん!』に影響されベースを弾き始め、高校1年生の時に初のオリジナル曲を制作。その後、YouTubeやSoundCloudなど、ネット上で楽曲を発表するところから音楽キャリアをスタート。2020年11月13日、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』の主題歌となった新曲“サーチライト”をリリース。
左:秋山黄色(あきやま きいろ)
1996年3月11日生まれ。栃木県宇都宮市出身。中学生の頃、TVアニメ『けいおん!』に影響されベースを弾き始め、高校1年生の時に初のオリジナル曲を制作。その後、YouTubeやSoundCloudなど、ネット上で楽曲を発表するところから音楽キャリアをスタート。2020年11月13日、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』の主題歌となった新曲“サーチライト”をリリース。

―秋山さんから見た寛太さんであり、水溜りボンドはどういうイメージだったんですか?

秋山:「THE YouTuber」って感じですね。僕もともとニコニコ動画とかのカルチャー寄りだったので、YouTubeには乗り遅れてたんです。で、人に教えてもらって、初めて見始めたのが水溜りボンドで。

―寛太さんはニコニコ動画は見てました?

寛太:神聖かまってちゃんさんの生配信とかは見てました。自分でミュージックビデオを撮って、アップロードするっていう、自家発電的なアーティストの先駆けじゃないですか? 「こんなことできるんだ!」ってゾクッとしたのはすごく覚えてます。

しかも、そこから「レーベルに所属しました」ってなって、さらにはテレビに出るようになったり、そういうワクワク感とか喜びもあって。ネットを自分で使って、世に広まっていくのは面白いなって思ったんですよね。

秋山:神聖かまってちゃんがニコニコ生放送をするようになったくらいから、インターネットが現実とめちゃめちゃ距離を詰めたっていうか。

寛太:あー、本当にそうだと思います。

右:佐藤寛太(さとう かんた)<br>動画クリエイター。カンタ名義で、大学でお笑いサークルで出会ったトミーとともに「水溜りボンド」として活動。2015年からYouTubeへの動画投稿を開始し、実験、検証、ドッキリに加え、ヤバいTシャツ屋さんや北村匠海とのコラボ動画など、幅広いジャンルの動画を毎日投稿している。本名の佐藤寛太名義では、室井雅也“ヒロインは君で”、秋山黄色“サーチライト”はじめ多数のミュージックビデオを手がけるなど、映像監督としても活動している。
右:佐藤寛太(さとう かんた)
動画クリエイター。カンタ名義で、大学でお笑いサークルで出会ったトミーとともに「水溜りボンド」として活動。2015年からYouTubeへの動画投稿を開始し、実験、検証、ドッキリに加え、ヤバいTシャツ屋さんや北村匠海とのコラボ動画など、幅広いジャンルの動画を毎日投稿している。本名の佐藤寛太名義では、室井雅也“ヒロインは君で”、秋山黄色“サーチライト”はじめ多数のミュージックビデオを手がけるなど、映像監督としても活動している。

秋山:昔のインターネットって、もっと別の世界みたいな感じでしたよね。ニコニコ動画とかYouTubeが出てくるまでは匿名が当たり前で、顔出してるやつなんておかしな人ばっかりだったけど、動画で本人が映るのって本当に大きいんだなって思って。神聖かまってちゃんは「おかしな人」で終わらずに、ちゃんとそこを足がかりに売れて、インターネットを息抜きの場じゃなくしたというか。

Page 1
次へ

リリース情報

秋山黄色『サーチライト』
秋山黄色
『サーチライト』

2020年11月13日(金)配信

プロフィール

秋山黄色(あきやま きいろ)

1996年3月11日生まれ。栃木県宇都宮市出身。中学生の頃、TVアニメ『けいおん!』に影響されベースを弾き始め、高校1年生の時に初のオリジナル曲を制作。その後、YouTubeやSoundCloudなど、ネット上で楽曲を発表するところから音楽キャリアをスタート。2017年12月より宇都宮と東京を中心にライブ活動を開始。2018年6月に自主レーベルBUG TYPE RECORDSより第1作目となる“やさぐれカイドー”を配信リリースし、Spotifyバイラルチャート(日本)で2位にランクインし、「出れんの!?サマソニ!?」枠で「SUMMER SONIC 2018」へも出演。2019年2月には、Spotify「Early Noise 2019」に選出された。2019年1月には1stミニアルバム『Hello my shoes』を、8月には『夕暮れに映して』を配信リリース。「SPACE SHOWER RETSUDEN NEW FORCE 2019」や「JFL presents FOR THE NEXT 2019 supported by 日本セーフティ J-WAVE推薦“NEXT BREAK ARTIST”」にも選出された。ロックフェスに立て続けに出演し、9月にはTSUTAYA O-Crestにて初めてのワンマンライブを開催。2020年1月放送開始のTVドラマ『10の秘密』の主題歌である初めての書き下ろし曲“モノローグ”が話題に。新曲“サーチライト”がテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』の主題歌となっている。

佐藤寛太(さとう かんた)

動画クリエイター。カンタ名義で、大学でお笑いサークルで出会ったトミーとともに「水溜りボンド」として活動。2015年からYouTubeへの動画投稿を開始し、実験、検証、ドッキリに加え、ヤバいTシャツ屋さんや北村匠海とのコラボ動画など、幅広いジャンルの動画を毎日投稿している。2020年からは初の冠番組『水溜りボンドの○○いくってよ』(テレビ神奈川)、ラジオ番組『水溜りボンドのオールナイトニッポン0』に出演。本名の佐藤寛太名義では、室井雅也“ヒロインは君で”、岸洋佑“ごめんね”を始め多数のミュージックビデオを手がけるなど、映像監督としても活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性