特集 PR

秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

秋山黄色『サーチライト』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:関信行 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)、飯嶋藍子

疲れやストレスを振り払い、創作に没頭し続けられる熱量は才能であり、「志」の高さの現れでもある。お互いの活動に「異常」と言いながらも称え合う

―寛太さんはもともと日本のロック自体お好きなんですよね?

寛太:「このジャンルだけが好き」っていうのはなくて、いろいろ好きです。僕は楽曲を聴くと、その人自体が気になっちゃうタイプで。芸人さんでも、役者さんでも、絵を描く人でも、その「志」みたいなものが好きというか。YouTuberは前例がないから、僕はいろんなジャンルの人たちの後ろ姿を見て、「きっとこのくらい打ち込むことは間違ってないし、伝わるはずだ」って、自分に落とし込んでいますね。

―秋山さんはYouTuberという存在、職業に対してはどんなイメージを持っていますか?

秋山:まずひとつ言えるのが……絶対やりたくない(笑)。

寛太:そうなんだ(笑)。

秋山:僕の中のYouTuberのイメージが水溜りボンドだっていうのもあるんですけど……動画を見てきたうえで思ったのが、「もはやYouTuberではない」というか。特に寛太さんはそういう人だと思っていて。YouTubeは時代の最先端だと思うんです。

活性化のレベルが他の界隈とは比較できないくらいすごいし、寛太さんはさらにその最先端で、ものを作り続けて、毎日投稿をしているじゃないですか。しかも、とにかく動画に夢中で、好きで好きでしょうがないけどもう眠いから寝るしかないみたいな、もの作りから心が離れる時間のほうが短いんじゃないかって……寛太さん、マジで異常だと思うんですよ(笑)。

寛太:あははははは。

秋山:毎日動画投稿って……絶対やりたくない。異常ですよ、本当に。

寛太:それでいうと、僕はアーティストさんも異常だと思いますよ(笑)。アーティストさんは毎日っていうスパンじゃないけど、一作ごとにものすごい気持ちを込めて、どこの角度に投げるかまでちゃんと考えて、「これを今やるべきだ、やりたい」っていう力を持続し続けないといけないわけじゃないですか。しかも、その曲を一生背負っていかないといけない。その純度の高さを保ち続けるって本当にすごいことだと思います。

秋山:いや、全然大変じゃないから!

―そこで「大変じゃない」って言えちゃう秋山さんもやっぱり異常かもしれない(笑)。おふたりはきっと同じようにもの作りに対する「志」を持っていて、アーティストとYouTuberという名目上の違いはあれど、文字通りの「同志」なんじゃないかなって。

秋山:創作に対する熱量って、ひとつの才能でもあるし、この業界だとマストなことでもあって。でも、それを自然にこなせる人と、頑張ってやってる人の違いって、本当にでかいと思う。僕は半分半分なんです。好きでやれてるけど、「とはいえ疲れるじゃん」っていうのもある。

秋山黄色“モノローグ”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

秋山:ただ、作品が完成してしまえば、それも全部「好きだからやった」っていう記憶として残る。僕はその繰り返しだと思ってるんですけど、寛太さんの場合はもっとヤバいっていうか……その自覚あるのかなって(笑)。

寛太:僕も5~6年やってるんで、やっぱり気づきますよ。自分でも、おかしいなって(笑)。毎日投稿を始めたのが2015年の1月1日で、「毎日投稿やりたいと思います。いつまで続くかわかんないけど、気にしないでね」みたいにツイートしてるんですけど、まさかこんなに続くとは思ってなくて。どこかで寝坊しちゃって動画が撮れないとかあると思ったけど、ずっと続いてて……これは天職と言わざるを得ないなって。

―ただ、今年いっぱいで毎日投稿をストップすることが発表されていて、その一方で、寛太さんは近年ミュージックビデオの監督や、映像ディレクターとしてのお仕事にも力を入れています。その意味合いをご自身ではどうお考えですか?

寛太:毎日動画を投稿してきて、楽しく日々を過ごしてきたんですけど、とはいえ僕の人生はYouTubeだけではないし、YouTubeを続けることで得たものや生まれたものって大きいけれど、意外とYouTubeには還元できなかったりもして。

YouTubeをやり続けることで生まれた余剰をぶつけられるのが、僕にとってはミュージックビデオだったんです。それが今ちゃんと作品になっているのはすごく嬉しいことで。

毎日投稿をやめるという報告のもと公開された“ハッピー毎日投稿終了前ソング”のミュージックビデオ。監督は佐藤寛太自身が務めている

秋山:毎日の動画も楽しいんですけど、一緒にもの作りをした感触で、僕は映像作品もどんどん出していってほしいなって思います。寛太さんのことはもうYouTuberだとは思ってなくて、その枠から飛び出て、完全に別の何かになっちゃってると思うんですよね。その人の作品の一部に僕もなれたんだって思うと僕も嬉しいです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

秋山黄色『サーチライト』
秋山黄色
『サーチライト』

2020年11月13日(金)配信

プロフィール

秋山黄色(あきやま きいろ)

1996年3月11日生まれ。栃木県宇都宮市出身。中学生の頃、TVアニメ『けいおん!』に影響されベースを弾き始め、高校1年生の時に初のオリジナル曲を制作。その後、YouTubeやSoundCloudなど、ネット上で楽曲を発表するところから音楽キャリアをスタート。2017年12月より宇都宮と東京を中心にライブ活動を開始。2018年6月に自主レーベルBUG TYPE RECORDSより第1作目となる“やさぐれカイドー”を配信リリースし、Spotifyバイラルチャート(日本)で2位にランクインし、「出れんの!?サマソニ!?」枠で「SUMMER SONIC 2018」へも出演。2019年2月には、Spotify「Early Noise 2019」に選出された。2019年1月には1stミニアルバム『Hello my shoes』を、8月には『夕暮れに映して』を配信リリース。「SPACE SHOWER RETSUDEN NEW FORCE 2019」や「JFL presents FOR THE NEXT 2019 supported by 日本セーフティ J-WAVE推薦“NEXT BREAK ARTIST”」にも選出された。ロックフェスに立て続けに出演し、9月にはTSUTAYA O-Crestにて初めてのワンマンライブを開催。2020年1月放送開始のTVドラマ『10の秘密』の主題歌である初めての書き下ろし曲“モノローグ”が話題に。新曲“サーチライト”がテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』の主題歌となっている。

佐藤寛太(さとう かんた)

動画クリエイター。カンタ名義で、大学でお笑いサークルで出会ったトミーとともに「水溜りボンド」として活動。2015年からYouTubeへの動画投稿を開始し、実験、検証、ドッキリに加え、ヤバいTシャツ屋さんや北村匠海とのコラボ動画など、幅広いジャンルの動画を毎日投稿している。2020年からは初の冠番組『水溜りボンドの○○いくってよ』(テレビ神奈川)、ラジオ番組『水溜りボンドのオールナイトニッポン0』に出演。本名の佐藤寛太名義では、室井雅也“ヒロインは君で”、岸洋佑“ごめんね”を始め多数のミュージックビデオを手がけるなど、映像監督としても活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施