特集 PR

可愛い心を持つdaisansei。自分の物語を紡ぐ居場所のようなバンド

可愛い心を持つdaisansei。自分の物語を紡ぐ居場所のようなバンド

Eggs
インタビュー・テキスト・編集
村尾泰郎
撮影:上澤友香 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

東京を拠点に活動するバンド、daisansei。安宅伸明のソロユニットとしてスタートしながら、現在は5人組のバンドに成長した。安宅の独自の世界観を持った歌詞や、その歌詞のイメージを、多彩なアレンジで広げていくサウンドは注目を集めてきた。今年4月からは4か月間連続でEPをリリースしてバンドの一体感が増すなかで、全国流通盤としては初めてのフルアルバム『ドラマのデー』が完成した。ユニークなのは、彼らがアルバムをカセットという形態でリリースしたこと。なぜデジタルやアナログではなく、カセットを選んだのか。そして、彼らが追い求める「ロックでもJ-POPでもない」音楽について話を訊いた。

daisansei(だいさんせい)<br>安宅伸明(Gt,Vo)、川原徹也(Dr)、小山るい(Gt)、脇山翔(Key)、フジカケウミ(Ba)。ギターボーカルの安宅を中心に、2019年の夏から活動をはじめる。「居場所のないあなたに添えるポップミュージック」を掲げ、どこにも居場所のなかったあの頃の自分に向けて、少しでも救いになるようなポップソングを作れるよう活動を続けている。
daisansei(だいさんせい)
安宅伸明(Gt,Vo)、川原徹也(Dr)、小山るい(Gt)、脇山翔(Key)、フジカケウミ(Ba)。ギターボーカルの安宅を中心に、2019年の夏から活動をはじめる。「居場所のないあなたに添えるポップミュージック」を掲げ、どこにも居場所のなかったあの頃の自分に向けて、少しでも救いになるようなポップソングを作れるよう活動を続けている。

配信世代の「カセットテープ」との接点

―全国流通盤としては初めてのフルアルバムを、カセットで出すというのはユニークな試みですね。

脇山(Key):最近、CDを買わなくなったなかで、アルバムを出すんだったら違う形態の方が面白いんじゃないかってことになったんです。

安宅(Gt,Vo):これまで自分がなぜCDを買っていたのか? って考えた時、CDケースを開けたり、CDを取り出したり、そういう「体験」を買っていたような気がして。それに似た体験を味わえるという点では、カセットは欲しくなるんじゃないかと思ったんですよね。

安宅伸明
安宅伸明

川原(Dr):僕はカセットの音質が好きで、レコードとCDの中間みたいな感じがするんですよね。CDの平たい音より良いと思う。だからカセットで出すのも良いなって思いました。

―皆さん、カセットがリアルタイムかどうか微妙な世代だと思っていましたが、川原さんはカセットを聴かれていたんですね。

川原:中高生くらいまで、CDを借りてカセットにダビングしてて。B'zのアルバムとかをカセットで聴いてましたね。

川原徹也
川原徹也

安宅:今、急に思い出したんですけど、小学生の時に大泉逸郎の“孫”っていう曲を好きになったんです。小学生だから自分でCDを買ったりできないじゃないですか。でも、家にカセットテープとラジカセがあったんで、大泉逸郎が紅白に出て歌った時、テレビの前にラジカセをスタンバイして、こうやって(録音スイッチと再生スイッチを同時に押す仕草)録音してました。

フジカケ(Ba):私も家にカセットテープがありました。母親が車でよく聴いてたんです。何を聴いていたかは覚えてないけど、話を聞いてて、この感覚(スイッチを押す仕草)を思い出しました(笑)。

フジカケウミ
フジカケウミ

―そういうガジェット感というか、おもちゃっぽい楽しさがカセットにはありますね。

川原:あります。この前、久しぶりにラジカセを触ったんですけど、「ガチャッ」ってテープを入れるのが楽しかった。

小山(Gt):私は全然、カセットの記憶がないんです。家の誰かが聴いていたとか、それを使って何か録音したとか、記憶にない。でも、最近フィルムのカメラとかアナログなものが流行っているので、カセットで出すというのは面白いと思いました。

小山るい
小山るい

―メンバー内にカセットの記憶がある人とない人がいるんですね。

脇山:実は僕もカセットの記憶ってなくて。

安宅:嘘つけー!(笑)

脇山:もしかしたら、教材とかで使っていたかもしれないけど。

脇山翔
脇山翔

フジカケ:ああ、そういうのあったね。可愛い色の。

Page 1
次へ

リリース情報

daisansei『ドラマのデー』
daisansei
『ドラマのデー』(カセットテープ)

2020年11月11日(水)発売
価格:2,200円(税込)
EGGS-051

レーベル:Eggs/ミニミニラジコンレコーズ

1. 賛成するとき見える鳥
2. ラジオのカセット ★アルバムリード曲
3. 北のほうから
4. 体育館
5. 便箋
6. しおさい
7. 花束(Alternative)
8. ざらめ、綿飴
9. ショッポ
10. ボーナストラック:アンテナ

daisansei『ドラマのデー』
daisansei
『ドラマのデー』(CD)

2020年11月25日(水)
価格:2,000円(税込)
EGGS-052

レーベル:Eggs/ミニミニラジコンレコーズ

1. 賛成するとき見える鳥
2. ラジオのカセット
3. 北のほうから
4. 体育館
5. 便箋
6. しおさい
7. 花束(Alternative)
8. ざらめ、綿飴
9. ショッポ

プロフィール

daisansei
daisansei(だいさんせい)

安宅伸明(Gt,Vo)、川原徹也(Dr)、小山るい(Gt)、脇山翔(Key)、フジカケウミ(Ba)。ギターボーカルの安宅を中心に、2019年の夏から活動をはじめる。「居場所のないあなたに添えるポップミュージック」を掲げ、どこにも居場所のなかったあの頃の自分に向けて、少しでも救いになるようなポップソングを作れるよう活動を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談