特集 PR

可愛い心を持つdaisansei。自分の物語を紡ぐ居場所のようなバンド

可愛い心を持つdaisansei。自分の物語を紡ぐ居場所のようなバンド

Eggs
インタビュー・テキスト・編集
村尾泰郎
撮影:上澤友香 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

東京を拠点に活動するバンド、daisansei。安宅伸明のソロユニットとしてスタートしながら、現在は5人組のバンドに成長した。安宅の独自の世界観を持った歌詞や、その歌詞のイメージを、多彩なアレンジで広げていくサウンドは注目を集めてきた。今年4月からは4か月間連続でEPをリリースしてバンドの一体感が増すなかで、全国流通盤としては初めてのフルアルバム『ドラマのデー』が完成した。ユニークなのは、彼らがアルバムをカセットという形態でリリースしたこと。なぜデジタルやアナログではなく、カセットを選んだのか。そして、彼らが追い求める「ロックでもJ-POPでもない」音楽について話を訊いた。

daisansei(だいさんせい)<br>安宅伸明(Gt,Vo)、川原徹也(Dr)、小山るい(Gt)、脇山翔(Key)、フジカケウミ(Ba)。ギターボーカルの安宅を中心に、2019年の夏から活動をはじめる。「居場所のないあなたに添えるポップミュージック」を掲げ、どこにも居場所のなかったあの頃の自分に向けて、少しでも救いになるようなポップソングを作れるよう活動を続けている。
daisansei(だいさんせい)
安宅伸明(Gt,Vo)、川原徹也(Dr)、小山るい(Gt)、脇山翔(Key)、フジカケウミ(Ba)。ギターボーカルの安宅を中心に、2019年の夏から活動をはじめる。「居場所のないあなたに添えるポップミュージック」を掲げ、どこにも居場所のなかったあの頃の自分に向けて、少しでも救いになるようなポップソングを作れるよう活動を続けている。

配信世代の「カセットテープ」との接点

―全国流通盤としては初めてのフルアルバムを、カセットで出すというのはユニークな試みですね。

脇山(Key):最近、CDを買わなくなったなかで、アルバムを出すんだったら違う形態の方が面白いんじゃないかってことになったんです。

安宅(Gt,Vo):これまで自分がなぜCDを買っていたのか? って考えた時、CDケースを開けたり、CDを取り出したり、そういう「体験」を買っていたような気がして。それに似た体験を味わえるという点では、カセットは欲しくなるんじゃないかと思ったんですよね。

安宅伸明
安宅伸明

川原(Dr):僕はカセットの音質が好きで、レコードとCDの中間みたいな感じがするんですよね。CDの平たい音より良いと思う。だからカセットで出すのも良いなって思いました。

―皆さん、カセットがリアルタイムかどうか微妙な世代だと思っていましたが、川原さんはカセットを聴かれていたんですね。

川原:中高生くらいまで、CDを借りてカセットにダビングしてて。B'zのアルバムとかをカセットで聴いてましたね。

川原徹也
川原徹也

安宅:今、急に思い出したんですけど、小学生の時に大泉逸郎の“孫”っていう曲を好きになったんです。小学生だから自分でCDを買ったりできないじゃないですか。でも、家にカセットテープとラジカセがあったんで、大泉逸郎が紅白に出て歌った時、テレビの前にラジカセをスタンバイして、こうやって(録音スイッチと再生スイッチを同時に押す仕草)録音してました。

フジカケ(Ba):私も家にカセットテープがありました。母親が車でよく聴いてたんです。何を聴いていたかは覚えてないけど、話を聞いてて、この感覚(スイッチを押す仕草)を思い出しました(笑)。

フジカケウミ
フジカケウミ

―そういうガジェット感というか、おもちゃっぽい楽しさがカセットにはありますね。

川原:あります。この前、久しぶりにラジカセを触ったんですけど、「ガチャッ」ってテープを入れるのが楽しかった。

小山(Gt):私は全然、カセットの記憶がないんです。家の誰かが聴いていたとか、それを使って何か録音したとか、記憶にない。でも、最近フィルムのカメラとかアナログなものが流行っているので、カセットで出すというのは面白いと思いました。

小山るい
小山るい

―メンバー内にカセットの記憶がある人とない人がいるんですね。

脇山:実は僕もカセットの記憶ってなくて。

安宅:嘘つけー!(笑)

脇山:もしかしたら、教材とかで使っていたかもしれないけど。

脇山翔
脇山翔

フジカケ:ああ、そういうのあったね。可愛い色の。

Page 1
次へ

リリース情報

daisansei『ドラマのデー』
daisansei
『ドラマのデー』(カセットテープ)

2020年11月11日(水)発売
価格:2,200円(税込)
EGGS-051

レーベル:Eggs/ミニミニラジコンレコーズ

1. 賛成するとき見える鳥
2. ラジオのカセット ★アルバムリード曲
3. 北のほうから
4. 体育館
5. 便箋
6. しおさい
7. 花束(Alternative)
8. ざらめ、綿飴
9. ショッポ
10. ボーナストラック:アンテナ

daisansei『ドラマのデー』
daisansei
『ドラマのデー』(CD)

2020年11月25日(水)
価格:2,000円(税込)
EGGS-052

レーベル:Eggs/ミニミニラジコンレコーズ

1. 賛成するとき見える鳥
2. ラジオのカセット
3. 北のほうから
4. 体育館
5. 便箋
6. しおさい
7. 花束(Alternative)
8. ざらめ、綿飴
9. ショッポ

プロフィール

daisansei
daisansei(だいさんせい)

安宅伸明(Gt,Vo)、川原徹也(Dr)、小山るい(Gt)、脇山翔(Key)、フジカケウミ(Ba)。ギターボーカルの安宅を中心に、2019年の夏から活動をはじめる。「居場所のないあなたに添えるポップミュージック」を掲げ、どこにも居場所のなかったあの頃の自分に向けて、少しでも救いになるようなポップソングを作れるよう活動を続けている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施