特集 PR

後藤正文が語る「もう都会に住む必要はない」 故郷・島田の思い出

後藤正文が語る「もう都会に住む必要はない」 故郷・島田の思い出

島田市
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部) インタビュー・編集:山本梨央(CINRA)

島田を代表するお茶や、後藤がオススメするローカルフード

―島田市の特産品と言えば、やはりお茶ですよね。

後藤:僕としては、お茶は水と同じ感覚でしたね。給食にもやかんで出てきたし、お茶でうがいをしろって言われたり。首都圏に出てくると、緑茶はそこそこ高級品なわけですけど、僕らはお茶はほとんど買わないですね。

近所や親戚からもらえるもの、みたいな感覚で。昔はペットボトルのお茶もそんなになかったですし。うちも金谷の親戚を辿ると川根でお茶をやってる農家があるはずで、そういうところからもらってたんじゃないかな。

金谷茶の茶畑 / 「島田市ふるさと納税特設サイト」より
金谷茶の茶畑 / 「島田市ふるさと納税特設サイト」より(サイトで見る

―最近では、メーカーに卸して生計を立てつつ、自分の畑では違う種類を育てたり、発酵させた独特なお茶を作ったりして、人気の農家さんが増えているそうです。

後藤:僕の友達にも、無農薬で農園をやってるやつがいて。

―後藤さんが編集長を務める『 THE FUTURE TIMES』でも、以前取材をされてましたよね(参考記事:『THE FUTURE TIMES』「いちから学ぶ有機茶園」取材 / 文:後藤正文)。

後藤:そうそう。放棄された茶畑を使ってるんですけど、でも結構大変だって言ってました。有機でお茶をやるのは、場所によっては近隣との関係もあって大変だと。農業を始めることと農薬を買うことがセットになってるのはどうなんだろうっていう話をしてましたね。

より環境にとってもいいものを作ってくれると、出身者としては鼻が高いです。農家の方のご苦労を考えると、勝手なことは言えないですけど、でも若い人がこれから始めるんだったら、そういう方が魅力があるんじゃないかな。

―島田市では「茶草場農法」という伝統的な農法によって生物の多様性が守られていて、世界農業遺産に指定されているそうです。

「茶草場農法」を取り入れた茶畑 / 島田市ふるさと納税特設サイトより
「茶草場農法」を取り入れた茶畑 / 島田市ふるさと納税特設サイトより(サイトを見る

後藤:へー、すごい、やっぱり知恵があるんですね。そういう歴史を掘ってみるのも面白そうです。

茶畑の風景は壮観ですし、金谷駅から山の方に登って行くと、見晴らしのいい展望台とかもあるんで、そこから街を見下ろすのもいいと思いますよ。神戸が100万ドルだとすると、1万ドルくらいでしょうけど(笑)。

金谷から見える茶畑と富士山
金谷から見える茶畑と富士山

―ちなみに、お茶以外で後藤さんお勧めのローカルな特産品ってありますか?

後藤:本通(ほんとおり / 島田市内の地名)で言うと、「小饅頭」っていう渋い酒饅頭があって。それを小学生の頃に友達がすげえ食べてて、そいつはファミコンも上手かったんで、一目置いてましたね(笑)。

「よしむら」って鯛焼き屋も有名で、よくみんなで学校の帰りに買って食べてました。あとは、僕のおじさんがやってる「ペアバルーン」っていうサンドウィッチ屋が市役所の近くにあって、そこ美味しいんで宣伝しといてください(笑)。アジカンのツアーで静岡に行くと、差し入れで持ってきてくれるんですけど、カツサンドとか本当に美味いんですよ。

「僕らみたいなミュージシャンはもう都会に住む必要はあんまりない」

―今年はリモートワークが浸透したことによって、「働き方」に対する考え方がより多様化したように思います。今の時代の働き方、都市と地方について、後藤さんはどんな風にお考えですか?

後藤:僕らみたいなミュージシャンはもう都会に住む必要はあんまりないと思っていて、音楽を作るのはどこでもできるから、なんなら田舎でもいいじゃんと思います。島田に安い土地があって、いい建物を建てられるなら、そこでやってもいいですしね。空家をスタジオにリフォームしてもいいし。

静岡はそもそも東京からそんなに遠くなくて、新幹線で日帰りも可能だから、便利だと思いますよ。気候もいいですし……冬は川からの風がヤバいんですけど(笑)、でもそれ以外は本当に住みやすいんで、移住とかを考えてる人にとっては、いいと思います。

―仕事をする環境としてもいいと。

後藤:農地もあるし、工場も多いので仕事はいろいろあると思います。島田市はもともと林業が盛んで、家具の町でもあったし、木工製品でも有名だから、そういうのも含めて、可能性がある町だと思う。歴史もあるし、観光資源もあるし、農作物も採れるし、魅力的な要素はいろいろありますよね。

後藤正文

―いずれは後藤さんも島田市にスタジオを持ったりとか……?

後藤:僕が島田に自分のスタジオを作っちゃうと、知れ渡っちゃってダメだと思う。市で作るなら全力で手伝いますけど(笑)。多分、親戚とか友達がのぞきに来ちゃって、仕事になんない。空港に行けばわかるけど、静岡の人は「なんだか?」って見に来ちゃうんで(笑)。

―そのフランクさも魅力ではありますよね。ちょうどいいコミュニティ感というか。

後藤:そうですね。六合みたいな田舎のいいところに住めば、地域のコミュニティもしっかりしてるから、なにかあったときには公民館や小学校にも逃げられる。両親の話を聞くと、そういう面でも住むにはいい場所なんじゃないかと思います。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 3
前へ

ウェブサイト情報

島田市 ふるさと納税特設サイト

お茶といえば静岡。その静岡茶の歴史は島田の地から始まりました。静岡県島田市の中央を流れる大井川流域の茶業の歴史は古く、その始まりは、江戸時代初期に残る川根・伊久身地区の記録に見ることができます。記録によると江戸時代初期にはお茶を年貢代わりに納めていることがわかっています。江戸時代全般を通して島田地域では、茶生産技術の改良や改善に取り組み、茶業の基盤を作りました。

リリース情報

Gotch『Lives By The Sea』
Gotch
『Lives By The Sea』

2020年12月2日(水)配信

1. The End Of The Days (feat. 唾奇)
2. Nothing But Love
3. Endless Summer (feat. YeYe)
4. The Age (feat. BASI, Dhira Bongs & Keishi Tanaka)
5. Eddie
6. Worthless Man
7. Stay Inside (feat. Achico & mabanua)
8. White Boxes
9. Taxi Driver
10. Farewell, My Boy
11. Lives By The Sea (feat. JJJ & YeYe)

Gotch
『Lives By The Sea』(CD)

2021年3月3日(水)発売
価格:2,500円(税込)
ODCP-026
※12月2日(水)~1月11日(月・祝)SPMストアにて予約受付中
※受付期間中にご予約いただいた方には直筆サインカード付き

1. The End Of The Days (feat. 唾奇)
2. Nothing But Love
3. Endless Summer (feat. YeYe)
4. The Age (feat. BASI, Dhira Bongs & Keishi Tanaka)
5. Eddie
6. Worthless Man
7. Stay Inside (feat. Achico & mabanua)
8. White Boxes
9. Taxi Driver
10. Farewell, My Boy
11. Lives By The Sea (feat. JJJ & YeYe)

Gotch
『Lives By The Sea』(LP)

2021年3月3日(水)発売
価格:4,600円(税込)
ODJP-009
※12月2日(水)~1月11日(月・祝)SPMストアにて予約受付中
※受付期間中にご予約いただいた方には直筆サインカード付き

1. The End Of The Days (feat. 唾奇)
2. Nothing But Love
3. Endless Summer (feat. YeYe)
4. The Age (feat. BASI, Dhira Bongs & Keishi Tanaka)
5. Eddie
6. Worthless Man
7. Stay Inside (feat. Achico & mabanua)
8. White Boxes
9. Taxi Driver
10. Farewell, My Boy
11. Lives By The Sea (feat. JJJ & YeYe)

プロフィール

後藤正文
後藤正文(ごとう まさふみ)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギター。新しい時代とこれからの社会を考える新聞『THE FUTURE TIMES』の編集長を務める。インディーズレーベル『only in dreams』主宰。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」