特集 PR

No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

AVIOT「TE-D01d mk2」
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:タケシタトモヒロ 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)
2021/03/31

No Busesは今も進化と試行錯誤の真っ只中。今後は、ギターの新メンバーを迎えた5人編成での活動を本格化予定

―ひとりでデモを作っていたときは、アレンジの仕方などどうやって学んでいたのですか?

近藤:今でもそうですけど、音楽理論などは知りすぎないように心がけているところもあって。ロジックを知ったうえで音楽を作ることに抵抗があるというか。キレイにまとまっている音楽があまり好きじゃないんです。

作り込まれている音楽は好きなんですけど、「こうすれば、ああなる」みたいなロジックに沿って作られている音楽に興味が持てないし、つまらなく感じてしまうんです。それよりも手探りで作っている音楽のほうが魅力を感じる。何をどう作ったらいいのか、ずっとわからないまま楽しんでいたくて。

―自分で作った曲に、自分で驚きたいというか。

近藤:まさにそうですね。そこが音楽の楽しいところだと思うんです。昔作った曲とか聴き直してみると、当時持っていたありったけの知識を絞り出していて、ちょっと恥ずかしいところもあるのですけど(笑)。

左から:後藤晋也、近藤大彗、和田晴貴、杉山沙織、市川壱盛
左から:後藤晋也、近藤大彗、和田晴貴、杉山沙織、市川壱盛
No Buses“Rat”を聴く(Apple Musicはこちら

―後藤さんは、近藤さんのデモを聴いてどう思いました?

後藤:その頃はコピバンしかやってこなかったし、見てこなかったので、自分でオリジナルの曲を作っているという時点でびっくりしましたね。実際に聴かせてもらったときも、「え、こんなすごいことができるの?」みたいに衝撃を受けました。「俺もやりたい!」と思って、ふたつ返事でバンドに加入しました。

近藤:そのあと、メンバーチェンジを経てベースの杉山とドラムスの市川が加入してから半年くらい経つのかな。最近、ライブサポートをしてくれているギターの和田が入って5人組になる予定なんです。

左から:市川壱盛、杉山沙織、和田晴貴、近藤大彗、後藤晋也

―No Busesとしてバンドが形になるまではどんな試行錯誤がありました?

近藤:いやあ、1回目とか2回目のライブは酷いものでしたよ(笑)。3~4回目くらいから、ギリギリ人前で見せられるレベルになったというか。

後藤:今って最初から洗練されているバンドが多い気がするんですけど、バンドのよさってヘタクソというか、未完成なところからどんどん進化していく過程にもあると思っていて。

―そういう意味では今も試行錯誤の真っ只中というか。過去のインタビューで近藤さんは、Arctic Monkeysの好きなところは、アルバムごとに変わっていくところだとおっしゃっていましたよね。

近藤:そうなんです。ただ変化するだけなら簡単だと思うんですよ。しかも、ソロのアーティストの場合はもっとフレキシブルに変わっていけると思う。でも、バンドの場合は「こういう道を経てこうなった」みたいなストーリーや必然性が大事というか。

後藤:アルバムって、バンドの成長日記みたいなところがあるし。

近藤:自分はやっぱりバンドが好きなので(笑)、ちょっとそこに執着している部分もあるのですが。

左上から:後藤晋也、和田晴貴、市川壱盛、杉山沙織、近藤大彗
Page 2
前へ 次へ

製品情報

AVIOT「TE-D01d mk2」
AVIOT「TE-D01d mk2」

第一線で活躍する日本のサウンドエンジニアやアーティストの意見を取り入れたサウンドチューニングに加え、最大120時間*再生の超大容量バッテリーの搭載やワイヤレス充電対応など、マルチスペックが魅力のAVIOTのベストセラーモデル。
*チャージングケース併用時

プロフィール

No Buses(ノー バシーズ)
No Buses(ノー バシーズ)

2016年結成。2018年4月に1stシングル『Tic』を発表。そのMVは日本にとどまらず世界中で高い評価を受け、夏には『SUMMER SONIC 2018』出演。2019年8月に初の海外公演を韓国で行う。9月にリリースされた1stフルアルバム『Boys Loved Her』は「タワレコメンオブザイヤー」を受賞した。2020年にはBIM「Non Fiction feat. No Buses」に参加にジャンルを超えたコラボで驚かせた。国境を超えての活動が期待される今最注目のバンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」