特集 PR

杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

北九州未来創造芸術祭 ART for SDGs
インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

4月29日から始まる『北九州未来創造芸術祭 ART for SDGs』(ディレクター:南條史生)は、11日間の短い芸術祭だ。同地に残る高炉や炭鉱などの産業遺構などを舞台に、ライゾマティクスや落合陽一、光を使ったインスタレーションを展開する石井リーサ明理らがさまざまな規模のプロジェクトを行う。

一方で、メインの期間が終わったあとも7月11日まで展示されるのが北九州市立美術館の本館。ここに並ぶのは、近年活躍のめざましい若手アーティストと、障害のあるアーティストたちの作品などだ。

「SDGs」というと、脱炭素による環境負荷の軽減、経済活動の持続可能性ばかり語られがちだが、そのなかにはジェンダー平等の実現、健康と福祉の推進、人や国の不平等をなくすための指針も含まれている。その意味で、本展はさまざまな立場の人たちとその作品が共存するための実践的な場でもあると言えるだろう。

美術館での『多様性への道』展でディレクター南條史生とともにキュレーションを担当するのはアートコンサルタントとして活動する杉本志乃。アートと障害の関わりを促す活動を行う杉本に、自身の活動、芸術祭について聞いた。

杉本志乃(すぎもと しの)<br>キュレーター・アートコンサルタント。大学卒業後ニューヨークFITを経て渡英しロンドンサザビーズ コンテンポラリーアート及びデコラティブアートコース修了。近現代印象派・現代美術画廊勤務を経て2009年株式会社FOSTER代表取締役に就任。美術品販売及び利活用に関するコンサルティング業務を行う。2015年初の知的障害者による展覧会を企画開催。2017年表参道GYREにて、優れた作品をアート作品としてマーケットにつなげる目的で『アール・ブリュット?アウトサイダーアート?それとも?そこにある価値』展を開催。2018年一般社団法人Arts and Creative Mindを設立。同年東京恵比寿にACM Galleryをオープン。
杉本志乃(すぎもと しの)
キュレーター・アートコンサルタント。大学卒業後ニューヨークFITを経て渡英しロンドンサザビーズ コンテンポラリーアート及びデコラティブアートコース修了。近現代印象派・現代美術画廊勤務を経て2009年株式会社FOSTER代表取締役に就任。美術品販売及び利活用に関するコンサルティング業務を行う。2015年初の知的障害者による展覧会を企画開催。2017年表参道GYREにて、優れた作品をアート作品としてマーケットにつなげる目的で『アール・ブリュット?アウトサイダーアート?それとも?そこにある価値』展を開催。2018年一般社団法人Arts and Creative Mindを設立。同年東京恵比寿にACM Galleryをオープン。

作品を福祉の文脈ではなく、アートの文脈できちんと発信していかなければならない。

―杉本さんは『北九州未来創造芸術祭 ART for SDGs』で障害のあるアーティストたちのキュレーションを担当されています。また、ご自身が運営しているACM Gallery(東京)ではかれらの作品も取り扱っています。

しかし、経歴を見ると、ニューヨークやロンドンでアートを学び、日本国内の現代美術専門ギャラリーに勤務するなど、「現代美術の主流」を歩いてきた人という印象があります。そんな杉本さんが、なぜ障害のある人たちの表現に関心を持たれたのでしょうか?

杉本:いま、私は実の妹と一緒に活動しているのですが、上に兄がいて、彼は脳に重い障害があるんです。

小さい頃から障害のある兄弟が身近にいた、というのが1つの背景です。それから、地方議員をしていた母が福祉や教育にすごく熱心で、行政視察の一環として全国の福祉施設や障害者の施設を訪ねていたんです。小学生だった私もそれに付いていく機会がたくさんあって、福祉の現場の厳しい現実を目にしていた、というのも大きな理由だと思います。

―厳しい現実というと?

杉本:1970~80年代というのはまだ差別や偏見の根強い時代でした。もちろん例外はあって、戦前から障害と教育とアートを結びつけるような、現代にも通じる活動をしていた方もいらっしゃるのですが、大半の現場は人権意識も希薄で、柵のなかに閉じ込められて身体拘束される人もいました。そういった壮絶な光景を私は見てしまった、知ってしまった者ですから、自ずと十字架のようなものを背負って生きてこざるをえなかったんです。

でも、じつは障害のある方が作るアートの分野があるってことを私が知ったのはこの10年くらいなんです。長く現代美術の世界に関わってきたのに恥ずかしい話なのですが、ずっと仕事漬けでした(苦笑)。

ようやく自分の視野が広がっていったタイミングで、大阪にある「アトリエ インカーブ」という社会福祉法人を運営されている今中博之さんと出会い、障害のある人の創作する姿、そこで生み出されるアートを拝見して、この世界に関わっていこうと決意したんです。

アトリエ インカーブ / 2002年、大阪市平野区に設立されたアートスタジオ。18歳以上の知的に障害のある現代アーティストの環境を整え、作家として独立することを支援している。国内のみならず、ニューヨークやシンガポールなど海外の現代アートフェアに積極的に出展している

―家族との関わりや発見の経験があり、いまに至るわけですね。

杉本:はい。当時関わっていたギャラリーでいくつかの展示を企画した後、2017年に『アール・ブリュット?アウトサイダーアート?それとも?そこにある価値』展(EYE OF GYRE、東京)という規模の大きな展覧会をキュレーションして、それまでにない大きな反響を得ました。

それと同時に「作家たちの生み出すアート作品を福祉の文脈ではなく、アートの文脈できちんと発信していくことを私はしていかなければならない」という意識も芽生えてきました。それもあって、2018年にACM Galleryをオープンしたんです。

『アール・ブリュット?アウトサイダーアート?それとも?そこにある価値』展示風景(2017年、表参道EYE OF GYRE)
『アール・ブリュット?アウトサイダーアート?それとも?そこにある価値』展示風景(2017年、表参道EYE OF GYRE)
Page 1
次へ

イベント情報

『北九州未来創造芸術祭 ART for SDGs』

2021年4月29日(木・祝)~5月9日(日)
会場:福岡県 北九州市東田地区(八幡東区)

プロフィール

杉本志乃(すぎもと しの)

キュレーター・アートコンサルタント。大学卒業後ニューヨークFITを経て渡英しロンドンサザビーズ コンテンポラリーアート及びデコラティブアートコース修了。近現代印象派、現代美術画廊勤務を経て2009年株式会社FOSTER代表取締役に就任。美術品販売及び利活用に関するコンサルティング業務を行う。2015年初の知的障害者による展覧会を企画。2017年表参道GYREにて、優れた作品をアート作品としてマーケットにつなげる目的で『アール・ブリュット?アウトサイダーアート?それとも?そこにある価値』展を開催。日本財団主催障害者芸術フォーラムパネリスト、調布市文化・コミュニティー振興財団『アール・ブリュットへようこそ』講師。2018年一般社団法人Arts and Creative Mindを設立。同年東京恵比寿にACM Galleryをオープン。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」