インタビュー

伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

インタビュー・テキスト
村上広大
撮影:松木宏祐 編集:吉田真也(CINRA.NET編集部)

2012年に公開された映画『おおかみこどもの雨と雪』以来、細田守作品で欠かせない存在になっているのがスタイリストの伊賀大介。キャラクターに着せる衣装を実際に製作し、それをアニメーションに落とし込むことで作品のリアリティーを高めている。

そして、2021年7月16日より公開中の最新作『竜とそばかすの姫』では、インターネット上の仮想世界「U(ユー)」に存在する歌姫ベルの衣装をフラワークリエイターの篠崎恵美、ファッションデザイナーの森永邦彦とともに製作。圧倒的な歌唱力を誇るベルの存在をイマジネーションあふれるドレスによって際立たせている。

この三人の共通点は、仕事やプライベートにおいて「花と服」が身近にあること。今回は三人を招いて、実生活を彩る「花と服」の魅力について語り合ってもらった。コロナ禍で日常の大切さについて語られることが多くなっているが、あらためて「花と服」は彼らにとって、さらには人々にとって、どのような価値があるのだろうか。映画の衣装製作の秘話も合わせて、話をうかがった。

普段から交流がある三人。出会いのきっかけは?

―みなさんはもともとお知り合いだったんですか?

伊賀:ぼくと森永くんは10年くらいの付き合い?

森永:もう少し前ですね。出会ったのは、たしか2006年だったかと。

伊賀:え、もう15年も前なのか。当時、小泉今日子さんが雑誌『SWITCH』で「原宿百景」というエッセイを連載していて、文章に添える写真を撮影する際に小泉さんのスタイリングをぼくが担当していたんです。そのときにANREALAGEのドレスを使用したのがきっかけかな。

森永:当時はまだANREALAGEの店舗もないような時期だったので、そのお話をいただいたときにすごく嬉しかったのを覚えています。

伊賀:ボタンが5,000個ついているドレスジャケットを借りたんです。それからたまにお酒を飲むようになって、いまに至ります。

伊賀大介(いが だいすけ)<br>スタイリスト。1977年生まれ、東京都出身。1996年、19歳のときに熊谷隆志氏に師事。1999年、22歳で独立してスタイリストとして活動開始。映画『ジョゼと虎と魚たち』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』、テレビドラマ『まほろ駅前番外地』『大豆田とわ子と三人の元夫』ほか、さまざまな映画とテレビドラマの衣装を手がける。広告や俳優・音楽家のスタイリングのほか、演劇、アニメなどの劇中衣装も手がけている。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。
伊賀大介(いが だいすけ)
スタイリスト。1977年生まれ、東京都出身。1996年、19歳のときに熊谷隆志氏に師事。1999年、22歳で独立してスタイリストとして活動開始。映画『ジョゼと虎と魚たち』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』、テレビドラマ『まほろ駅前番外地』『大豆田とわ子と三人の元夫』ほか、さまざまな映画とテレビドラマの衣装を手がける。広告や俳優・音楽家のスタイリングのほか、演劇、アニメなどの劇中衣装も手がけている。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。
森永邦彦(もりなが くにひこ)<br>ファッションデザイナー。1980年、東京都生まれ。早稲田大学在学中にバンタンデザイン研究所に通い服づくりを始める。2003年「ANREALAGE(アンリアレイジ)」として活動を開始。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト『GEN ART 2005』でアバンギャルド大賞を受賞。2011年、第29回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2015年春夏よりパリコレクションデビュー。2019年、フランスの「LVMH PRIZE」のファイナリストに選出。同年に第37回毎日ファッション大賞を受賞。2020年、伊・FENDIとの協業をミラノコレクションにて発表。2021年、ドバイ万博に本館の公式ユニフォームを担当。同年3月より、花をコンセプトにした新ブランド「ANEVER(アンエバー)」もスタート。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。
森永邦彦(もりなが くにひこ)
ファッションデザイナー。1980年、東京都生まれ。早稲田大学在学中にバンタンデザイン研究所に通い服づくりを始める。2003年「ANREALAGE(アンリアレイジ)」として活動を開始。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト『GEN ART 2005』でアバンギャルド大賞を受賞。2011年、第29回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2015年春夏よりパリコレクションデビュー。2019年、フランスの「LVMH PRIZE」のファイナリストに選出。同年に第37回毎日ファッション大賞を受賞。2020年、伊・FENDIとの協業をミラノコレクションにて発表。2021年、ドバイ万博に本館の公式ユニフォームを担当。同年3月より、花をコンセプトにした新ブランド「ANEVER(アンエバー)」もスタート。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。

―伊賀さんと篠崎さんは、どこで知り合ったんですか?

篠崎:伊賀さんとは仕事でご一緒させていただいて。

伊賀:あれは3、4年前?

篠崎:え、もっと前ですよ(笑)。

伊賀:さっきから、ぼくの記憶違いがやばいですね(笑)。たしか『週刊文春』の仕事でご一緒させていただいて以降、仕事はもちろん、誰かに花をプレゼントする際にも恵美ちゃんによくお願いするようになったんだよね。

篠崎恵美(しのざき めぐみ)<br>フラワークリエイター。「edenworks」 主宰。独自の感性で花の可能性を見つけ、植物とさまざまなアイテムを使って新しいクリエイションをする。ウィンドウディスプレイや店内装飾、雑誌、広告、CM、MVなどの大型セットから小道具まで、花にまつわるさまざまな創作を行っている。週末限定のフラワーショップ「edenworks bedroom」のほか、ドライフラワーショップ 「EW.Pharmacy」、紙の花のプロジェクト「PAPER EDEN」、コンセプトショップ「PLANT by edenworks」などを展開。また、2021年3月に花と人をつなぐフラワーショップ「ew.note」をNEWoMan新宿にオープン。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。
篠崎恵美(しのざき めぐみ)
フラワークリエイター。「edenworks」 主宰。独自の感性で花の可能性を見つけ、植物とさまざまなアイテムを使って新しいクリエイションをする。ウィンドウディスプレイや店内装飾、雑誌、広告、CM、MVなどの大型セットから小道具まで、花にまつわるさまざまな創作を行っている。週末限定のフラワーショップ「edenworks bedroom」のほか、ドライフラワーショップ 「EW.Pharmacy」、紙の花のプロジェクト「PAPER EDEN」、コンセプトショップ「PLANT by edenworks」などを展開。また、2021年3月に花と人をつなぐフラワーショップ「ew.note」をNEWoMan新宿にオープン。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。

―森永さんと篠崎さんは面識があったんですか?

篠崎:もともとは森永さんの奥様と知り合いで。はじめてお会いしたのは結婚式のときでしたよね。

森永:ウェディングのときに装花をお願いさせていただいたんです。それからのお付き合いになります。

『竜とそばかすの姫』の衣装製作の裏側。現実では不可能なアニメならではの演出

―映画『竜とそばかすの姫』では、主人公・内藤鈴(すず)の「As(アズ)」(アバター)である仮想世界「U」の歌姫・ベルの衣装を三人で担当されています。伊賀さんのアイデアをベースに、篠崎さんと森永さんがそれぞれデザインしていく手法が取られたそうですね。伊賀さんはなぜお二人に声をかけようと考えたのでしょうか?

伊賀:今回の作品は現実世界と仮想世界の2つが舞台になっていて、それぞれが作用し合っているんですね。ベルの衣装にしても、すずの親友のヒロちゃんがネットでいろいろ検索して「こういうのが良いよ」ってアドバイスをしていくんです。

それで、ヒロちゃんの立場になって考えると、花のドレスをつくろうと思ったら恵美ちゃんのサイトにある花を参考にするだろうし、ANREALAGEっぽい服を着せたいなと思ったらANREALAGEのサイトにたどり着くだろうなと。だから、二人に声をかけました。「日常」と「非日常」が本作のテーマでもあったので、原案となる衣装をデザインしてもらい、アニメーションに落とし込むのが良さそうだなと考えて。

2021年7月16日(金)に公開した映画『竜とそばかすの姫』©2021 スタジオ地図
2021年7月16日(金)に公開した映画『竜とそばかすの姫』©2021 スタジオ地図

―森永さんと篠崎さんは、伊賀さんのアイデアをどのように形にしていったのでしょうか?

森永:「日常」と「非日常」はANREALAGEのコンセプトとしてずっと取り組んできたことだったので、それをより拡張しようと考えました。

伊賀さんとの出会いのきっかけでもある、ボタンが5,000個ついているドレスジャケットや2019年春夏のパリコレで発表した透明なボタンがたくさんついた洋服から着想し、それらを何倍にもスケールアップさせて、大きな空間のようなドレスをデザインしました。

映画で描かれている巨大なドレスは、無数のボタンやクリスタルで覆われていて、一粒一粒が時間とともに固形から液体に変化します。最初は水でできたドレスに変化し、そこから光でできたパッチワークドレスに変身を遂げる。光のドレスは、1秒ごとに光の色がきらきらと変わるデザインにしました。

アニメーションだと、想像を最大限に膨らませれば水や光さえも身に纏うことができます。現実には不可能なデザインに挑戦できたので、アニメならではの演出の面白さを感じましたね。

原案の基盤のひとつとなった2019年春夏パリコレクションで発表した「CLEAR」のドレス ©ANREALAGE
原案の基盤のひとつとなった2019年春夏パリコレクションで発表した「CLEAR」のドレス ©ANREALAGE
森永のデザインをもとにアニメーション化されたドレス ©2021 スタジオ地図
森永のデザインをもとにアニメーション化されたドレス ©2021 スタジオ地図

篠崎:私は2つドレスをつくることになっていたので、それぞれに違いを出すためにひとつは小さな花がたくさん集まってできたドレス、もうひとつは一輪のバラに見立てたドレスをデザインしました。

素材には生花だけでなく紙の花も使っているのですが、そういう現実にはマッチしないものを今回は自由に考えられたのが楽しかったですね。

―イメージどおりのものになりましたか?

篠崎:そうですね。原案のドレスは、実際に人に着ていただいて、動いたときに花びらがどう揺れるのかみたいなことも考慮して、アニメーションに落とし込んでもらっています。それだけでなく、生命力があふれるような演出が施されていてすごく良い感じに仕上がっていると思います。

原案として実際に篠崎が手がけた、一輪のバラに見立てたドレス ©2021 スタジオ地図
原案として実際に篠崎が手がけた、一輪のバラに見立てたドレス ©2021 スタジオ地図
篠崎の原案をもとにアニメーション化されたドレス ©2021 スタジオ地図
篠崎の原案をもとにアニメーション化されたドレス ©2021 スタジオ地図

伊賀:映画の内容が、現実世界やインターネット上での人とのつながりを描いた作品でもあるので、衣装担当もぼく一人じゃなくて、何人かで協力しながらつくることになるのは必然的だったと思います。そのなかでも、恵美ちゃんと森永くんだったからこそでき上がった世界観がある。映画の内容も面白いですが、ぜひ衣装にも注目していただきたいですね。

Page 1
次へ

作品情報

『竜とそばかすの姫』
『竜とそばかすの姫』

2021年7月16日(金)から全国東宝系で公開中

原作・脚本・監督:細田守
メインテーマ:millennium parade × Belle“U”
出演:
中村佳穂
成田凌
染谷将太
玉城ティナ
幾田りら
役所広司
佐藤健
ほか
衣装:
伊賀大介
森永邦彦
篠崎恵美

プロフィール

伊賀大介(いが だいすけ)

スタイリスト。1977年生まれ、東京都出身。1996年、19歳のときに熊谷隆志氏に師事。1999年、22歳で独立してスタイリストとして活動開始。映画『ジョゼと虎と魚たち』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』、テレビドラマ『まほろ駅前番外地』『大豆田とわ子と三人の元夫』ほか、さまざまな映画とテレビドラマの衣装を手がける。広告や俳優・音楽家のスタイリングのほか、演劇、アニメなどの劇中衣装も手がけている。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。

篠崎恵美(しのざき めぐみ)

フラワークリエイター。「edenworks」 主宰。独自の感性で花の可能性を見つけ、植物とさまざまなアイテムを使って新しいクリエイションをする。ウィンドウディスプレイや店内装飾、雑誌、広告、CM、MVなどの大型セットから小道具まで、花にまつわるさまざまな創作を行っている。週末限定のフラワーショップ「edenworks bedroom」のほか、ドライフラワーショップ 「EW.Pharmacy」、紙の花のプロジェクト「PAPER EDEN」、コンセプトショップ「PLANT by edenworks」などを展開。また、2021年3月に花と人をつなぐフラワーショップ「ew.note」をNEWoMan新宿にオープン。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。

森永邦彦(もりなが くにひこ)

ファッションデザイナー。1980年、東京都生まれ。早稲田大学在学中にバンタンデザイン研究所に通い服づくりを始める。2003年「ANREALAGE(アンリアレイジ)」として活動を開始。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト『GEN ART 2005』でアバンギャルド大賞を受賞。2011年、第29回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2015年春夏よりパリコレクションデビュー。2019年、フランスの「LVMH PRIZE」のファイナリストに選出。同年に第37回毎日ファッション大賞を受賞。2020年、伊・FENDIとの協業をミラノコレクションにて発表。2021年、ドバイ万博に本館の公式ユニフォームを担当。同年3月より、花をコンセプトにした新ブランド新ブランド「ANEVER(アンエバー)」もスタート。2021年7月に公開した映画『竜とそばかすの姫』で衣装を担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性