ニュース

水の意味を探求する『堂島リバービエンナーレ2013』に杉本博司ら国内外28作家

多様な水の役割を探求する『堂島リバービエンナーレ2013 「Little Water」』が、7月20日から大阪・福島の堂島リバーフォーラムで開催される。

今年で3回目の開催となる同展では「Little Water」というコンセプトのもと、多様なジャンルの作品群を通して、豊かな文明や文化を生み出してきた「水」の意味について再考し、水の役割を探究していく。水のもつユニークな価値を再認識する展示となるとのこと。

参加アーティストは、ヴォルフガング・ライプ、ウィリアム・ケントリッジ、N.Sハーシャ、金氏徹平、篠田太郎、スーメイ・ツェ、杉本博司、高嶺格、チームラボ、畠山直哉、藤本由紀夫、八木良太、ユェン・グァンミン、リー・ミンウェイなどアジア諸国や欧米の28作家。台湾在住のアートコレクターで、森美術館の国際委員も担当するルディ・ツェンがアーティスティックディレクターを務める。


イベント情報

『堂島リバービエンナーレ2013 「Little Water」』

2013年7月20日(土)~8月18日(日)
会場:大阪府 福島 堂島リバーフォーラム
時間:11:00~19:00(入館は18:30まで)
参加アーティスト:
アデティア・ノヴァリ
アラヤー・ラートチャムルーンスック
アンドロ・ウェクア
石田尚志
ウィリアム・ケントリッジ
ヴォルフガング・ライプ
N.Sハーシャ
ガデ
金氏徹平
篠田太郎
スーメイ・ツェ
杉本博司
ソピアップ・ピッチ
高嶺格
ダグ・エイケン
チームラボ
チャールズ・リム
ツァイ・チャーウェイ
デン・チャオミン
パク・シュウン・チュエン
畠山直哉
藤本由紀夫
メグ・ウェブスター
八木良太
ユェン・グァンミン
リー・ミンウェイ
ローレンス・ウェイナー
ワン・ユーピン
料金:一般1,000円 高校・大学700円 小学・中学生500円
※会期中無休

 

(画像上から:チームラボ『瀧』(仮題) アニメーション(プロジェクション) 高さ10メートル、リー・ミンウェイ『The Moving Garden』 2009 Mixed media (interactive) Stainless steel, granite, water, fresh flowers 1200 x 134 x 60 cm、ダグ・エイケン『FLESH』2012 LED lit lightbox 33 1/4 x 114 inches (84.5 x 289.6 cm) Edition: 4 Courtesy 303 Gallery, New York、八木良太『Vinyl』2005-2008 record made of ice, record player, video photo: Kazuo Fukunaga courtesy of MUJIN-TO Production, Tokyo)

チームラボ『瀧』(仮題) アニメーション(プロジェクション) 高さ10メートル
チームラボ『瀧』(仮題) アニメーション(プロジェクション) 高さ10メートル
リー・ミンウェイ『The Moving Garden』 2009 Mixed media (interactive) Stainless steel, granite, water, fresh flowers 1200 x 134 x 60 cm
リー・ミンウェイ『The Moving Garden』 2009 Mixed media (interactive) Stainless steel, granite, water, fresh flowers 1200 x 134 x 60 cm
ダグ・エイケン『FLESH』2012 LED lit lightbox 33 1/4 x 114 inches (84.5 x 289.6 cm) Edition: 4 Courtesy 303 Gallery, New York
ダグ・エイケン『FLESH』2012 LED lit lightbox 33 1/4 x 114 inches (84.5 x 289.6 cm) Edition: 4 Courtesy 303 Gallery, New York
八木良太『Vinyl』2005-2008 record made of ice, record player, video photo: Kazuo Fukunaga courtesy of MUJIN-TO Production, Tokyo
八木良太『Vinyl』2005-2008 record made of ice, record player, video photo: Kazuo Fukunaga courtesy of MUJIN-TO Production, Tokyo
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年