ニュース

舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー14』、全ラインナップが判明

舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー14』の全ラインナップが発表された。

11月1日から11月30日までの30日間にわたって開催される『F/T14』。「境界線上で、あそぶ」をテーマに掲げる今回は、現代演劇をはじめ、ダンス、美術、音楽などの分野の作り手たちが共同制作した新作がラインナップしているほか、アジアの舞台芸術に注目する『アジアシリーズ』も新たにスタート。今回は韓国の「多元芸術」を特集する。さらにトークイベントやシンポジウム、映像特集なども予定されている。

発表された上演タイトルは、大友良英とプロジェクトFUKUSHIMA!が総合ディレクションを務めるオープニング公演『フェスティバルFUKUSHIMA! @池袋西口公園』、昨年の『F/Tアワード』受賞記念公演となる薪伝実験劇団の『ゴースト 2.0 ~イプセン「幽霊」より』、ピーター・ブルックが作・演出に携わる『驚愕の谷』、蜷川幸雄演出、清水邦夫作の『さいたまゴールド・シアター 鴉(からす)よ、おれたちは弾丸(たま)をこめる』、白神ももこが振付、毛利悠子が美術、宮内康乃が音楽監督を務める『春の祭典』、ミクニヤナイハラプロジェクトによる『桜の園』など、多彩なラインナップになっている。

チケット先行販売は9月20日から、一般発売は9月28日からスタート。


イベント情報

『フェスティバル/トーキョー14』

2014年11月1日(土)~11月30日(日)
会場:
東京都 池袋 東京芸術劇場
東京都 東池袋 あうるすぽっと
東京都 東池袋 シアターグリーン
東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
東京都 吾妻橋 アサヒ・アートスクエア
ほか

『フェスティバルFUKUSHIMA! @池袋西口公園』
2014年11月1日(土)~11月2日(日)
総合ディレクション:大友良英・プロジェクトFUKUSHIMA!

『驚愕の谷』
2014年11月3日(月・祝)~11月6日(木)
作・演出:ピーター・ブルック、マリー=エレーヌ・エティエンヌ

『羅生門|藪の中』
2014年11月5日(水)~11月9日(日)
アーティスティック・ディレクター:ジョージ・イブラヒム(アルカサバ・シアター)
演出:坂田ゆかり
美術:目
ドラマトゥルク:長島確

『春の祭典』
2014年11月12日(水)~11月16日(日)
振付:白神ももこ
美術:毛利悠子
音楽監督:宮内康乃

『8 -エイト-』
2014年11月13日(木)~11月16日(日)
演出:西尾佳織

ミクニヤナイハラプロジェクト
『桜の園』

2014年11月13日(木)~11月17日(月)
作・演出:矢内原美邦

『彼は言った/彼女は言った』
2014年11月19日(水)~11月24日(月・祝)
構成・出演:モ・サ

『動物紳士』
2014年11月15日(土)~11月24日(月・祝)
振付・出演:森川弘和
美術・衣裳デザイン:杉山至

薪伝実験劇団
『ゴースト 2.0 ~イプセン「幽霊」より』

2014年11月22日(土)~11月24日(月・祝)
演出:ワン・チョン

『さいたまゴールド・シアター 鴉(からす)よ、おれたちは弾丸(たま)をこめる』
2014年11月23日(日)~11月26日(水)
作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄

渡辺源四郎商店『さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~』
『もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』

2014年11月28日(金)~11月30日(日)
作・演出:畑澤聖悟

『アジアシリーズ vol.1 韓国特集 多元(ダウォン)芸術』
『タイトル未定(新作)』

2014年11月中旬予定
コンセプト・演出:ソ・ヒョンソク

クリエイティブ・ヴァキ
『いくつかの方式の会話』

2014年11月14日(金)~11月16日(日)
構成・演出:イ・キョンソン

『1分の中の10年』
2014年11月13日(木)~11月16日(日)
構成・振付:イム・ジエ

映像特集
『痛いところを突くークリストフ・シュリンゲンジーフの社会的総合芸術』

シンポジウム
『アートにおける多様性をめぐって』ほか

3夜連続トーク
『アートマネジメントについて考える』

『まなびのアトリエ』

『フェスティバル/トーキョー14』ロゴ
『フェスティバル/トーキョー14』ロゴ
『驚愕の谷』メインビジュアル
『驚愕の谷』メインビジュアル
『羅生門|藪の中』メインビジュアル
『羅生門|藪の中』メインビジュアル
『春の祭典』メインビジュアル
『春の祭典』メインビジュアル
『動物紳士』メインビジュアル
『動物紳士』メインビジュアル
『さいたまゴールド・シアター 鴉(からす)よ、おれたちは弾丸(たま)をこめる』メインビジュアル
『さいたまゴールド・シアター 鴉(からす)よ、おれたちは弾丸(たま)をこめる』メインビジュアル
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く