ニュース

関和亮×YKBX×三輪士郎×青山裕企×水尻自子×kzのコラボ映像作品が公開

6人のクリエイターによるコラボレーション企画「Cintiq Creators Mash-up」による動画作品が、ワコムのオフィシャルサイトで公開された。

同企画は、映像、イラスト、グラフィック、音楽、写真、アニメーションなどの分野で活動するクリエイターたちが、ワコムの液晶ペンタブレット「Cintiq」シリーズを使用し、1本の映像作品を合作するというもの。

同作の企画・ディレクションは、PerfumeやサカナクションらのPV作品で知られる映像作家・関和亮が担当。関が設定した共通テーマである「女の子」をもとに、アートディレクターのYKBX、イラストレーターの三輪士郎、フォトグラファーの青山裕企、アニメーターの水尻自子がそれぞれの世界観を表現している。音楽はミュージシャンのkz(livetune)が担当。

映像を構成するのは、三輪士郎によるイラスト描画を早回しで捉えたシーンをはじめ、YKBXが2台の「Cintiq」を使った2画面のCGアニメーション、水尻自子が女性の脚を滑らかに描いたアニメーション、青山祐企が撮り下ろした女子高生の写真をコマ撮りで動かしたパートなど。関はディレクションだけでなく、タイトルロゴや各パートを繋ぐりんごのシーンなどを自ら担当している。

なお、今回のプロジェクトはワコムの提供のもと、CINRAが合同で企画・制作を担当。ワコムのオフィシャルサイトでは関へのインタビュー記事も公開されており、今後も参加者たちにフォーカスした記事が掲載される予定だ。

「Cintiq Creators Mash-Up」より
「Cintiq Creators Mash-Up」より
「Cintiq Creators Mash-Up」より
「Cintiq Creators Mash-Up」より
「Cintiq Creators Mash-Up」より
「Cintiq Creators Mash-Up」より
「Cintiq Creators Mash-Up」より
「Cintiq Creators Mash-Up」より
「Cintiq Creators Mash-Up」タイトルロゴ
「Cintiq Creators Mash-Up」タイトルロゴ
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で