ニュース

映像芸術祭『MOVING 2015』にTAKCOM、八木良太、青葉市子、Ametsubら約30組

映像芸術祭『MOVING 2015』が、2月6日から京都・京都芸術センターや京都シネマなど9会場で開催される。

2012年に初めて開催された同芸術祭は、映像表現の可能性を検証、追求、拡張することを目指して開催されるもの。映像の展覧会『MOVING Exhibition』をはじめ、映画館での上映会『MOVING Screening』、映像と音によるライブ『MOVING Live』、映像がメインとなる舞台公演『MOVING Theatre』の4プログラムを柱として構成される。

全国から京都に新進の映像作家約30組を招く今回は、第1回で紹介した美術作品としての映像や、音楽と密接に関わる映像表現に加えて、映像がメインとなる舞台公演や映画、絵画を展開した映像作品なども紹介し、多角的に映像表現の可能性を検証できるイベントになるという。

参加者にはPerfumeのパフォーマンスなどの映像ディレクションを手掛けるTAKCOMや、『ヨコハマトリエンナーレ2011』『MOTアニュアル2011』に参加した八木良太らのほか、阿部海太郎、青葉市子、Ametsub、mama!milkの生駒祐子、清水恒輔といった音楽家たちが名を連ねている。

各プログラムの参加作家やスケジュールなどの詳細は、オフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『MOVING 2015』

2015年2月6日(金)~2月22日(日)
会場:京都府 京都芸術センター、京都シネマ、METRO、ARTZONE、アトリエ劇研、Gallery PARC、Antenna Media、児玉画廊、HAPS
参加アーティスト:
青葉市子
あごうさとし
足田メロウ
阿部海太郎
Ametsub
生駒祐子(mama!milk)
intext
Yro
浦崎力
毛原大樹
五島一浩
坂西未郁
清水恒輔(mama!milk)
TAKCOM
田中英行
巽勇太
林勇気
前谷康太郎
Madegg
水野勝規
宮永亮
村川拓也
八木良太
山城大督
米子匡司(SJQ)

『MOVING 2015』イメージビジュアル
『MOVING 2015』イメージビジュアル
青葉市子
青葉市子
八木良太『Video Sphere』2014
八木良太『Video Sphere』2014
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

蓮沼執太&ユザーン“ベーグル”

今年5月15日に渋谷WWWで開催された『蓮沼執太&ユザーン プレイ・ツートーン』で初演された“ベーグル”。当初はこのイベントのみの披露予定で作られたものだったが「もう一度聞きたい」という強いリクエストにより録音、今回のPV公開となった。ハドソン川や公園、デリなど、NY・ブルックリンの日常風景が心地よい。(宮原)