ニュース

身体や情報の在り方探る『六本木クロッシング2016展』に20組

片山真理『you're mine #001』2014年 ラムダプリント 104.8×162cm 個人蔵 Courtesy: TRAUMARIS, Tokyo ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
片山真理『you're mine #001』2014年 ラムダプリント 104.8×162cm 個人蔵 Courtesy: TRAUMARIS, Tokyo ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.

『六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声』が、3月26日から東京・六本木の森美術館で開催される。

『六本木クロッシング』は日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、森美術館が2004年から3年に1度開催しているシリーズ展。5回目となる今回は、日本、韓国、台湾の4人のキュレーターを迎え、現代における身体や情報、コミュニケーションのあり方を検証する。

参加アーティストは、長谷川愛、石川竜一、ジュン・ヤン、片山真理、小林エリカ、ナイル・ケティング、ミヤギフトシ、毛利悠子、さわひらき、野村和弘、高山明、山城大督など20組。個の事象やストーリーにスポットを当てた作品を制作しているアーティストたちの視点を通して、歴史や身体、性、風景についての新たなイメージを提示する。

イベント情報

『六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声』

2016年3月26日(土)~7月10日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、5月3日は22:00まで、入場は閉館の30分前まで)
出展作家:
藤井光
後藤靖香
長谷川愛
石川竜一
ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ
片山真理
小林エリカ
ナイル・ケティング
松川朋奈
ミヤギフトシ
毛利悠子
百瀬文
西原尚
野村和弘
佐々瞬
さわひらき
志村信裕
高山明
山城大督
ジュン・ヤン
料金:一般1,800円 学生(高校・大学生)1,200円 子ども(4歳から中学生)600円 シニア(65歳以上)1,500円

石川竜一『浦添(「Okinawan Portraits 2010~2012」シリーズより)』2010年 デジタルプリント サイズ可変 ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
石川竜一『浦添(「Okinawan Portraits 2010~2012」シリーズより)』2010年 デジタルプリント サイズ可変 ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
野村和弘『笑う祭壇』2015年 ミクストメディア サイズ可変 個人蔵 展示風景:「春を待ちながら」十和田市現代美術館、青森、2015年 撮影:小山田邦哉 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
野村和弘『笑う祭壇』2015年 ミクストメディア サイズ可変 個人蔵 展示風景:「春を待ちながら」十和田市現代美術館、青森、2015年 撮影:小山田邦哉 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
百瀬文『The Recording』ビデオ・インスタレーション 13分41秒 撮影:椎木静寧 ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
百瀬文『The Recording』ビデオ・インスタレーション 13分41秒 撮影:椎木静寧 ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
松川朋奈『秘密を少し持ったほうが、物事はうまくいく』2014年 油彩、パネル 130.3×192cm 個人蔵 Courtesy: YUKA TSURUNO GALLERY, Tokyo ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
松川朋奈『秘密を少し持ったほうが、物事はうまくいく』2014年 油彩、パネル 130.3×192cm 個人蔵 Courtesy: YUKA TSURUNO GALLERY, Tokyo ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで