ニュース

身体や情報の在り方探る『六本木クロッシング2016展』に20組

片山真理『you're mine #001』2014年 ラムダプリント 104.8×162cm 個人蔵 Courtesy: TRAUMARIS, Tokyo ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
片山真理『you're mine #001』2014年 ラムダプリント 104.8×162cm 個人蔵 Courtesy: TRAUMARIS, Tokyo ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.

『六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声』が、3月26日から東京・六本木の森美術館で開催される。

『六本木クロッシング』は日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、森美術館が2004年から3年に1度開催しているシリーズ展。5回目となる今回は、日本、韓国、台湾の4人のキュレーターを迎え、現代における身体や情報、コミュニケーションのあり方を検証する。

参加アーティストは、長谷川愛、石川竜一、ジュン・ヤン、片山真理、小林エリカ、ナイル・ケティング、ミヤギフトシ、毛利悠子、さわひらき、野村和弘、高山明、山城大督など20組。個の事象やストーリーにスポットを当てた作品を制作しているアーティストたちの視点を通して、歴史や身体、性、風景についての新たなイメージを提示する。

イベント情報

『六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声』

2016年3月26日(土)~7月10日(日)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、5月3日は22:00まで、入場は閉館の30分前まで)
出展作家:
藤井光
後藤靖香
長谷川愛
石川竜一
ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ
片山真理
小林エリカ
ナイル・ケティング
松川朋奈
ミヤギフトシ
毛利悠子
百瀬文
西原尚
野村和弘
佐々瞬
さわひらき
志村信裕
高山明
山城大督
ジュン・ヤン
料金:一般1,800円 学生(高校・大学生)1,200円 子ども(4歳から中学生)600円 シニア(65歳以上)1,500円

石川竜一『浦添(「Okinawan Portraits 2010~2012」シリーズより)』2010年 デジタルプリント サイズ可変 ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
石川竜一『浦添(「Okinawan Portraits 2010~2012」シリーズより)』2010年 デジタルプリント サイズ可変 ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
野村和弘『笑う祭壇』2015年 ミクストメディア サイズ可変 個人蔵 展示風景:「春を待ちながら」十和田市現代美術館、青森、2015年 撮影:小山田邦哉 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
野村和弘『笑う祭壇』2015年 ミクストメディア サイズ可変 個人蔵 展示風景:「春を待ちながら」十和田市現代美術館、青森、2015年 撮影:小山田邦哉 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
百瀬文『The Recording』ビデオ・インスタレーション 13分41秒 撮影:椎木静寧 ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
百瀬文『The Recording』ビデオ・インスタレーション 13分41秒 撮影:椎木静寧 ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
松川朋奈『秘密を少し持ったほうが、物事はうまくいく』2014年 油彩、パネル 130.3×192cm 個人蔵 Courtesy: YUKA TSURUNO GALLERY, Tokyo ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
松川朋奈『秘密を少し持ったほうが、物事はうまくいく』2014年 油彩、パネル 130.3×192cm 個人蔵 Courtesy: YUKA TSURUNO GALLERY, Tokyo ※参考作品 ©MORI ART MUSEUM All Rights Reserved.
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために