『バクマン。』『野火』など昨年の邦画27本上映、トークイベントも

2015年の邦画を振り返る特集上映『気になる日本映画達〈アイツラ〉2015』が、3月16日から東京・池袋の新文芸坐で開催される。

上映作品は、本広克行監督の『幕が上がる』をはじめ、『第68回カンヌ国際映画祭』ある視点部門の監督賞を受賞した黒沢清監督の『岸辺の旅』、『モスクワ国際映画祭』で最優秀アジア映画賞を受賞した呉美保監督の『きみはいい子』、松居大悟監督の『私たちのハァハァ』、深田晃司監督の『さようなら』、松永大司監督の『トイレのピエタ』、大根仁監督の『バクマン。』など27本。

会期中には『野火』の塚本晋也監督や『春子超常現象研究所』の竹葉リサ監督、『螺旋銀河』の草野なつか監督、『Dressing Up』の安川有果監督、『お盆の弟』の大崎章監督、『ベトナムの風に吹かれて』の大森一樹監督、『ローリング』の冨永昌敬監督らが登壇するトークイベントも行なわれる。作品の上映日程やイベントの詳細については新文芸坐のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『気になる日本映画達〈アイツラ〉2015』

2016年3月16日(水)~4月2日(土)
会場:東京都 池袋 新文芸坐

上映作品:
『幕が上がる』(監督:本広克行)
『私たちのハァハァ』(監督:松居大悟)
『トイレのピエタ』(監督:松永大司)
『きみはいい子』(監督:呉美保)
『映画 ビリギャル』(監督:土井裕泰)
『バクマン。』(監督:大根仁)
『野火』(監督:塚本晋也)
『岸辺の旅』(監督:黒沢清)
『過ぐる日のやまねこ』(監督:鶴岡慧子)
『さようなら』(監督:深田晃司)
『さよなら歌舞伎町』(監督:廣木隆一)
『この国の空』(監督:荒井晴彦)
『春子超常現象研究所』(監督:竹葉リサ)
『螺旋銀河』(監督:草野なつか)
『Dressing Up』(監督:安川有果)
『グッド・ストライプス』(監督:岨手由貴子)
『お盆の弟』(監督:大崎章)
『ストロボ ライト』(監督:片元亮)
『新しき民』(監督:山崎樹一郎)
『極道大戦争』(監督:三池崇史)
『木屋町DARUMA』(監督:榊英雄)
『ベトナムの風に吹かれて』(監督:大森一樹)
『天空の蜂』(監督:堤幸彦)
『ディアーディアー』(監督:菊池健雄)
『ローリング』(監督:冨永昌敬)
『ソロモンの偽証 前篇・事件』(監督:成島出)
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』(監督:成島出)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『バクマン。』『野火』など昨年の邦画27本上映、トークイベントも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて