ニュース

12の島々が舞台の『瀬戸内国際芸術祭2016』に約200作品

『瀬戸内国際芸術祭2016』が3月20日から開催される。

2010年にスタートして以降、3年に1回開催されている『瀬戸内国際芸術祭』。総合ディレクターを北川フラムが務め、「海の復権」をテーマに据えている。

3回目の開催を迎える今回は、春、夏、秋の3期に分けて、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島など、瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港周辺、宇野港周辺が舞台となる。アート作品の展示やイベントの開催に加えて、アジアの国や地域との文化的交流や、瀬戸内の「食」、地域文化の独自性の発信に力を入れ、様々なプロジェクトを展開していくという。

参加作家は、直島に「浮島現象」をイメージした『直島パヴィリオン』を展示する藤本壮介や、豊島の旧メリヤス針製造工場の建屋に船体の木型を設置した作品を発表する大竹伸朗、風鈴を使った『アニミタ』を発表するクリスチャン・ボルタンスキーをはじめ、ジュリアン・オピー、森山未來×岡田利規、鳥公園、アンリ・サラ、スプツニ子!、カオス*ラウンジ、graf、ままごと、山川冬樹、妹島和世、名和晃平+ダミアン・ジャレ、contact Gonzoら。春、夏、秋の3シーズンを通して約200作品を鑑賞することができる。

イベント情報

『瀬戸内国際芸術祭2016』

2016年3月20日(日・祝)~4月17日(日)
2016年7月18日(月・祝)~9月4日(日)
2016年10月8日(土)~11月6日(日)
会場:香川県 直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、沙弥島(春のみ)、本島(秋のみ)、高見島(秋のみ)、粟島(秋のみ)、伊吹島(秋のみ)、高松港周辺 岡山県 犬島、宇野港

『瀬戸内国際芸術祭2016』メインビジュアル
『瀬戸内国際芸術祭2016』メインビジュアル
『瀬戸内国際芸術祭2016』ロゴ
『瀬戸内国際芸術祭2016』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く