12の島々が舞台の『瀬戸内国際芸術祭2016』に約200作品

『瀬戸内国際芸術祭2016』が3月20日から開催される。

2010年にスタートして以降、3年に1回開催されている『瀬戸内国際芸術祭』。総合ディレクターを北川フラムが務め、「海の復権」をテーマに据えている。

3回目の開催を迎える今回は、春、夏、秋の3期に分けて、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島など、瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港周辺、宇野港周辺が舞台となる。アート作品の展示やイベントの開催に加えて、アジアの国や地域との文化的交流や、瀬戸内の「食」、地域文化の独自性の発信に力を入れ、様々なプロジェクトを展開していくという。

参加作家は、直島に「浮島現象」をイメージした『直島パヴィリオン』を展示する藤本壮介や、豊島の旧メリヤス針製造工場の建屋に船体の木型を設置した作品を発表する大竹伸朗、風鈴を使った『アニミタ』を発表するクリスチャン・ボルタンスキーをはじめ、ジュリアン・オピー、森山未來×岡田利規、鳥公園、アンリ・サラ、スプツニ子!、カオス*ラウンジ、graf、ままごと、山川冬樹、妹島和世、名和晃平+ダミアン・ジャレ、contact Gonzoら。春、夏、秋の3シーズンを通して約200作品を鑑賞することができる。

イベント情報

『瀬戸内国際芸術祭2016』

2016年3月20日(日・祝)~4月17日(日)
2016年7月18日(月・祝)~9月4日(日)
2016年10月8日(土)~11月6日(日)
会場:香川県 直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、沙弥島(春のみ)、本島(秋のみ)、高見島(秋のみ)、粟島(秋のみ)、伊吹島(秋のみ)、高松港周辺 岡山県 犬島、宇野港

  • HOME
  • Art,Design
  • 12の島々が舞台の『瀬戸内国際芸術祭2016』に約200作品

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて