ニュース

テクノロジー×アートの祭典『MAT』に落合陽一、小室哲哉、山川冬樹ら

『MEDIA AMBITION TOKYO 2017』メインビジュアル
『MEDIA AMBITION TOKYO 2017』メインビジュアル

ショーケースイベント『MEDIA AMBITION TOKYO 2017』が、2月11日から東京・六本木、飯田橋、渋谷、代官山、御茶ノ水、水道橋、原宿、お台場、銀座の各会場で開催される。

最先端のテクノロジーを駆使したアート、映像、音楽、パフォーマンスなどを実験的なアプローチで都市空間に発信する『MEDIA AMBITION TOKYO』。5回目となる今回は、昨年に引き続き「Experience」「Talk Session」「Live」の3カテゴリーから構成される。

期間中には音楽を小室哲哉、映像を脇田玲が手掛けたインスタレーション『Scalar Fields』をはじめ、落合陽一、WOW、松枝悠希、ダヴィッド・ルテリエ、寺田鵬弘らによる作品を展示。アーティストによる作品解説やプレゼンテーション、トークセッションも行なわれる。

またオープニングイベント『Digitally Scape』では、ギル久野、ケンイシイ、山川冬樹の演奏をリアルタイムでヘッドホンに受信して楽しむパフォーマンスや、渋谷慶一郎、ダヴィッド・ルテリエ、澤井妙治によるコラボレーションライブを開催。渋谷、ルテリエ、澤井のライブではジュスティーヌ・エマールが映像を手掛け、PAをzAkが担当する。チケットやイベントの詳細は『MEDIA AMBITION TOKYO』のオフィシャルサイトで確認しよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)