ニュース

エリイ、石田尚志、しりあがり寿らに現代アートを学ぶ「MAD」受講生募集

現代アートの教育プログラム「MAD」が、2017年度の受講生を募集している。

NPO法人AITによって2001年に開講された同プログラム。名前のMADは「Making Art Different」の頭文字から取られており、アーティストやキュレーター、ギャラリストをはじめとする様々な分野の講師を迎えて、現代アートに関わるレクチャーやディスカッションを行なっている。

今年度は「ホリスティック」をテーマに掲げて開講。全63講座を用意する単発講座をはじめ、複数日にわたって開催される短期講座、アート評論を学ぶ通年ゼミ、ビジネスとアートの関係を考える通年サロンなどが実施される。

講師には美術家のエリイ(Chim↑Pom)、石田尚志、ヴィヴィアン佐藤、毛利悠子、音楽評論家の磯部涼、漫画家のしりあがり寿、森美術館館長の南條史生、東京国立近代美術館研究員の保坂健二朗、森岡書店店主の森岡督行、MADのプログラムディレクターであるロジャー・マクドナルドらが名を連ねている。

現在、8月までに開講する講義の受講申込を受付中。9月以降開講分は6月19日に受付開始予定だ。無料体験レクチャーは3月9日と28日に開催される。詳細はMADのオフィシャルサイトをチェックしよう。

「MAD」ビジュアル
「MAD」ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』開催記念 林正樹氏サロン・コンサート『響き合う色と形』より“魔術師ホトクト”

画家オットー・ネーベルにより1934年に描かれた絵画『魔術師ホトクト』から音楽家・林正樹がインスピレーションを受けて生み出された演奏。まざまざと感じる、その表現の豊かさ。絵画に込められた情感が、時を隔てて現実の世界にじんわりとにじみ出てくるようだ。音を先行して聞くと、この絵画にどんなイメージを抱くだろう? もしくはその逆はどうだろうか。紹介動画のなかに、インスピレーション元となった絵画も登場するので是非、ご自身の感覚を確認してほしい。Bunkamura ザ・ミュージアム『オットー・ネーベル展』は12月17日まで。(宮原)

  1. 成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開 1

    成田凌が杉咲花に「結婚しよう」 ティファニー×ゼクシィのコラボ映像公開

  2. 「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催 2

    「あの国民的キャラ」が水死体に 岡本光博『THEドザえもん展』12月開催

  3. 濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも 3

    濱田龍臣主演ドラマ『モブサイコ100』に波岡一喜、与田祐希 ビジュアルも

  4. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 4

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  5. 井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集 5

    井浦新、瑛太ら318人が「愛とセックス」を語る『東京グラフィティ』特集

  6. 加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場 6

    加藤諒が再び殿下に、舞台『パタリロ!』第2弾 三津谷亮、小林亮太も登場

  7. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 7

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  8. 167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』 8

    167作家×靴下メーカー かかとのないオリジナル靴下展示『つつの靴下展』

  9. 柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展 9

    柴田聡子が見た言葉をめぐる展覧会『ヒツクリコ ガツクリコ』展

  10. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 10

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」