『瀬戸内国際芸術祭2019』第1弾作家に塩田千春、宇川直宏、山川冬樹ら17組

『瀬戸内国際芸術祭2019』の実施計画と第1弾参加予定アーティストが発表された。

2010年から3年に1度、瀬戸内海の島々を舞台に開催されている『瀬戸内国際芸術祭』。4回目を迎える2019年は会期を春、夏、秋の3シーズンに分け、4月26日から5月26日を「ふれあう春」、7月19日から8月25日を「あつまる夏」、9月28日から11月4日を「ひろがる秋」と設定する。コンセプトには「アート・建築―地域の特徴の発見」「民俗―地域と時間」「生活―住民(島のお年寄りたち)の元気」「交流―日本全国・世界各国の人々が関わる」「世界の叡智―この地を掘り下げ、世界とつながる場所に」「未来―次代を担う若者や子どもたちへ」「縁をつくる―通年活動」といった項目が掲げられている。

今回参加が発表された作家やプロジェクトは、クリスティアン・バスティアンス、日比野克彦、梶井照陰、垣内光司、キム・キョンミン、鴻池朋子、KOURYOU、京都精華大学、宮永愛子、村山悟郎、中村厚子、エコ・ヌグロホ、アナヒタ・ラズミ、切腹ピストルズ、塩田千春、田根剛、田島征三、宇川直宏、サラ・ウェストファル、山川冬樹、やさしい美術プロジェクト、Yottaの国内外17組。今後も参加作家は随時追加発表される。

イベント情報

『瀬戸内国際芸術祭2019』

2019年4月26日(金)~5月26日(日)、7月19日(金)~8月25日(日)、9月28日(土)~11月4日(月) 会場:香川県 直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、沙弥島(春会期のみ)、本島(秋会期のみ)、高見島(秋会期のみ)、粟島(秋会期のみ)、伊吹島(秋会期のみ)、高松港周辺、岡山県 犬島、宇野港周辺
参加予定作家・プロジェクト: クリスティアン・バスティアンス 日比野克彦 梶井照陰 垣内光司 キム・キョンミン 鴻池朋子 KOURYOU 京都精華大学 宮永愛子 村山悟郎 中村厚子 エコ・ヌグロホ アナヒタ・ラズミ 切腹ピストルズ 塩田千春 田根剛 田島征三 宇川直宏 サラ・ウェストファル 山川冬樹 やさしい美術プロジェクト Yotta
  • HOME
  • Art,Design
  • 『瀬戸内国際芸術祭2019』第1弾作家に塩田千春、宇川直宏、山川冬樹ら17組

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて