ニュース

「女性のまなざし」がテーマの『i-D』に147人 表紙は水原希子×長島有里枝

雑誌『i-D Japan no.6』が9月28日に刊行される。

水原希子が2度目の表紙を飾る同号のテーマは「フィメール・ゲイズ(女性のまなざし)」となり、フォトグラファー、モデル、スタイリスト、ヘアメイク、執筆者の総数147人が参加。今回が初のフォトセッションとなる水原と表紙の撮影を担当した長島有里枝によるカバーストーリーや、ペトラ・コリンズが東京のストリートで撮り下ろしたモトーラ世理奈の写真を掲載する。

さらに『寝ても覚めても』の唐田えりか、『きみの鳥はうたえる』の石橋静可、主演作『生きてるだけで、愛。』の公開を控える趣里、写真家の石内都、和田彩花(アンジュルム)、漫画家の鳥飼茜、スタイリストの北村道子らが自身の表現と「女性」について語るインタビューや、松田青子による書き下ろし小説、山戸結希監督、あっこゴリラによる書き下ろしエッセイを収録。福士リナ、新井貴子、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、アヴちゃん(女王蜂)、ペギー・グー、Aマッソ、古田泰子、YOON、毛利悠子、けんだるえれな、イ・ラン、王谷晶、John Yuyi、ミシェル・ラミー、西村碧莉、MANON、シャオ・ウェン・ジュらも登場する。

参加フォトグラファーは、長島有里枝、ペトラ・コリンズをはじめ、茂木モニカ、長坂フミ、細倉真弓、サンディ・キム、永瀬沙世、岡部桃、花代、更井真理、富永よしえ、松原博子、南阿沙美、Kiyoe Ozawa、ハンナ・ムーン、Toki、草野庸子、石田真澄、宗像恭子、尾身沙紀、フィッシュ・チャン、Houmi Sakata、間部百合、Cailin Hill Araki、ロージー・マークス、Ziqian Wang、ヨシノハナの27人。

あわせて刊行を記念した水原希子のコメント動画を公開。i-Dの公式Instagramアカウントでは、モトーラ世理奈、コムアイ、ペトラ・コリンズ、ペギー・グーらへのインタビューと共に、舞台裏を含むショートビデオを9月25日から公開するほか、10月上旬にはフルバージョンの公開を予定している。

『i-D Japan no.6』表紙 ©2018i-D Japan photo by Yurie Nagashima
『i-D Japan no.6』表紙 ©2018i-D Japan photo by Yurie Nagashima
『i-D Japan no.6』より ©2018i-D Japan photo by Petra Collins
『i-D Japan no.6』より ©2018i-D Japan photo by Petra Collins
『i-D Japan no.6』より ©2018i-D Japan photo by Mayumi Hosokura
『i-D Japan no.6』より ©2018i-D Japan photo by Mayumi Hosokura
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら