ニュース

『紅白』曲順 トップバッターはFoorin、紅組トリはMISIA、大トリは嵐

12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』の曲順が発表された。

番組は前半と後半の2部にわたって放送。前半のトップバッターは紅組のFoorin“パプリカ -紅白スペシャルバージョン-”、前半の最後は五木ひろし“VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~”となり、後半の1曲目はLittle Glee Monsterが“ECHO”を披露する。紅組のトリはMISIA“アイノカタチメドレー”、白組のトリは嵐“嵐×紅白 スペシャルメドレー”。

追加情報として、島津亜矢“糸”で清塚信也がピアノ演奏、山内惠介“唇スカーレット”で木嶋真優がバイオリン演奏、天童よしみ“大阪恋時雨”でMattがピアノ演奏、五木ひろし“VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~”で武田真治がサックス演奏、丘みどり“紙の鶴”でKis-My-Ft2が日本舞踊に挑戦、坂本冬美“祝い酒 ~祝!令和バージョン~”でKing & Princeが和太鼓パフォーマンスをするほか、福山雅治“デビュー30周年直前SPメドレー”は神奈川・パシフィコ横浜 展示ホールで開催するライブ会場から中継されることが判明。

氷川きよし“紅白限界突破スペシャルメドレー”には野沢雅子、関ジャニ∞“関ジャニ∞ 前向きにきばってこーぜ!OSAKAメドレー”にはピカチュウ、なにわ男子、郷ひろみ“2億4千万の瞳 -エキゾチック“GO!GO!”ジャパン-”には「世界を湧かせた」アスリートたちに「ふんした」面々が登場する。RADWIMPS“天気の子 紅白スペシャル”では新海誠監督が編集した『天気の子』の特別映像を使用。

さらに三山ひろし“望郷山河 ~第3回 けん玉世界記録への道~”にはDJ KOO、石田明(NON STYLE)に加えて、数原龍友(GENERATIONS)、上ちゃん(マキシマム ザ ホルモン)、ミルクボーイが参加。番組ゲストとして北島康介、チョコレートプラネットが出演するほか、番組の中で流れるVTRのナレーションを梶裕貴と花澤香菜が担当することもわかった。

また『LIFE!』とのコラボ企画では、『NHK紅白歌合戦』のスーパーバイザーを務める三津谷寛治のもと『LIFE!』メンバーと大野智、紅組司会の綾瀬はるかがコントを展開。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」