特集 PR

藝大からTOKYO GEIDAIへ。130周年を機に変わる東京藝術大学

東京藝術大学130周年記念事業
テキスト
杉原環樹
撮影:戸室健介 編集:宮原朋之
藝大からTOKYO GEIDAIへ。130周年を機に変わる東京藝術大学

民間企業からも多くの参加者が集まった、藝大『130周年記念式典』

「日本の芸術教育の最高学府」と呼ばれ、数多くの有名美術家や音楽家を輩出してきた東京・上野の東京藝術大学(以下、藝大)が、10月4日に創立130周年を迎えた。同校では近年、従来の教育や芸術普及活動に加えて、社会や海外との新しい関係性を築くさまざまな取り組みが行われている。

その改革をさらに推し進めるため、藝大では2017年春から約1年をかけて、『東京藝術大学130周年記念事業』を実施している。その一環でもある記念式典が、10月10日、校内にある奏楽堂ホールにて行われた。

式のオープニングは、東京藝術大学音楽部邦楽科による“編曲松竹梅”が華を添えた
式のオープニングは、東京藝術大学音楽部邦楽科による“編曲松竹梅”が華を添えた

今回の記念事業の特色のひとつは、はじめて民間企業からオフィシャルパートナーを募ったことだ。また、本事業を支援するアンバサダーとして、俳優の伊勢谷友介、バイオリニストの諏訪内晶子と葉加瀬太郎、狂言師の野村萬斎、そして日本画家の松井冬子と、卒業生など藝大に関わりのある五名が就任。この日、式典会場である同校コンサートホールの奏楽堂には、在校生や教職員はもちろん、在校生保護者、オフィシャルパートナー企業の代表者、文部科学省、アンバサダーの葉加瀬と松井など、幅広い人々が集まった。

伝統と柔軟性を並走させてきた藝大の「これから」のビジョンは?

会場に集まった藝大関係者が抱く、「これからの藝大」への期待と展望とはどのようなものか。冒頭の挨拶で、学長の澤和樹は大学の歴史を振り返りながら、その目指すべき方向性を、温故知新ならぬ「温故創新」(古きを温ねて新しきを創る)の言葉で表現した。

藝大の歴史は、ともに1887年に創設された東京美術学校と東京音楽学校を前身としてはじまる。西洋由来の近代芸術教育と、伝統文化の保存や継承。その両立に取り組みながら成長した両校は、1949年に統合され、「東京藝術大学」として現在の姿を整えた。

式辞を述べる東京藝術大学長・澤和樹
式辞を述べる東京藝術大学長・澤和樹

時代の変化に対応しようとする藝大の姿勢は、過去に新設された学科や専攻の並びを眺めてみることでもわかる。経済成長期の1975年には美術学部にデザイン科が、現代美術の一般化を受けた1999年には先端芸術表現科が、21世紀以後も、大学院に映像研究科や国際芸術創造研究科が新設された。

また近年では、国際交流や子供向けの早期教育プログラムの展開、芸術と科学技術の融合による文化的コンテンツの開発など、大学の内外をつなごうとする姿も目立つ。澤の言う「温故創新」には、そんな柔軟性と伝統を並走させてきた藝大らしい改革への意気込みが滲んでいる。

式典では、記念事業を契機に刷新された新ロゴマークや、さまざまな場面に使われる新名称「TOKYO GEIDAI」、そして「NEXT 10 Vision」の発表も行われた。「NEXT 10 Vision」とは、藝大のこれからの10年の指針。内容としては、「革新的であること」「多様性があること」「国際的であること」の3つの軸が掲げられた。

東京藝術大学の新ロゴマークと新名称
東京藝術大学の新ロゴマークと新名称

成熟した現代社会において、より一層求められる芸術の果たす役割

このような「開かれた藝大」という方向性は、現在は文化庁長官を務める宮田亮平前学長の時代から引き継がれてきたものだ。その舵取りの背景には、宮田長官が学長に就任する前年の2004年にあった国立大学の法人化や、同時期に増加した地域振興への芸術の活用にも見られるように、社会の文化に対する期待の変化もあるだろう。

今回、式典に出席した宮田長官は、自身の推進した方向性が「もう一段進んだ」とコメントした上で、「従来は社会と文化に乖離があったが、文化は経済から切り離されたものではない。今後の藝大には、文化に触れる喜びはもっと自然なことだということを広めていってほしい」と期待を話した。

閉会後、ロビーで取材陣の質問に応じる宮田亮平文化庁長官(前学長)
閉会後、ロビーで取材陣の質問に応じる宮田亮平文化庁長官(前学長)

閉じられた環境から、積極的な交流と活用へ。その思いは、今回はじめて募集されたオフィシャルパートナーの民間企業にも共通する。

数多の協賛企業の代表として壇上に立った、株式会社ぐるなびの代表取締役会長で創業者の滝久雄は、「日本は戦後のゼロからの復興を経験したことで、経済に価値観が傾いていた。しかし、社会が成熟した現代は、もはやパイを争う時代ではない」と指摘。そこで期待される芸術の新しい役割として、「タテワリやタコツボを横から串刺し、新しい見方や内面の充実をもたらすこと」、そして「福祉やまちづくり、観光などの幅広い分野と関わり、社会の再編成を行うこと」を挙げた。

オフィシャルパートナーを代表して挨拶する、株式会社ぐるなび 代表取締役会長 CEO・創業者 滝久雄氏
オフィシャルパートナーを代表して挨拶する、株式会社ぐるなび 代表取締役会長 CEO・創業者 滝久雄氏

今回、東京藝術大学のオフィシャルパートナーとなった協賛企業
今回、東京藝術大学のオフィシャルパートナーとなった協賛企業

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『東京藝術大学130周年記念式典』

2017年10月10日(火)
会場:東京都 上野 東京藝術大学 奏楽堂

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

    『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

  2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

    マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

  3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

    坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

  4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

    『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

  5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

    GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

  6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

    星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

  7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

    伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

  8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

    北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

  9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

    映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

  10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

    Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を