特集 PR

大人の文化祭『NEWTOWN』。カルチャーが元小学校に集結した日

『NEWTOWN』
テキスト・編集
宮原朋之(CINRA.NET編集部)
撮影:カトウキギ、伊藤惇、田中一人、栗原論
大人の文化祭『NEWTOWN』。カルチャーが元小学校に集結した日

多摩ニュータウンに様々なカルチャーが集結

11月11日、12日の2日間にわたって、CINRA主催の大人の文化祭『NEWTOWN』が開催されました。8月の日比谷公園での初回から、開催2度目となる今回の舞台は、イベント名にふさわしい多摩ニュータウンにあるデジタルハリウッド大学八王子制作スタジオ。元小学校だった会場に、CINRA.NETが紹介している音楽、アート、デザイン、映画、演劇、文芸など様々なカルチャーが勢揃いしました。

イベントには合計156団体が出店、全121組がトークイベントやライブに出演。ここではその当日の様子を写真と共に振返りながら紹介していきます。

会場のエントランスでは『NEWTOWN』のメインビジュアルにもなったモチーフがモニュメントとなってお出迎え
会場のエントランスでは『NEWTOWN』のメインビジュアルにもなったモチーフがモニュメントとなってお出迎え

校庭の敷地には「Gourmet Street Food」のフードカーや、CINRA.STOREによる『東京カルチャーマーケット』、「Anonymous Camp Tokyo」のテントが並びました。

「Gourmet Street Food」
「Gourmet Street Food」

BOOK TRUCK
BOOK TRUCK

『東京カルチャーマーケット by CINRA.STORE』
『東京カルチャーマーケット by CINRA.STORE』

『東京カルチャーマーケット by CINRA.STORE』
『東京カルチャーマーケット by CINRA.STORE』

『東京カルチャーマーケット』とんぼ先生による似顔絵
『東京カルチャーマーケット』とんぼ先生による似顔絵

「Anonymous Camp Tokyo」
「Anonymous Camp Tokyo」

「Anonymous Camp Tokyo」
「Anonymous Camp Tokyo」

他にも『NEWTOWNレーベルマーケット』や、地元のベーカリーやロースター、野菜を販売する『多摩ニュータウンマーケット』が賑わいを見せていました。東京文化創造都市計画による『感謝タイヤまつり』のテントでは、タイヤを貸出し。タイヤを引きながらショッピングを楽しむ、少し変わった様子も……。

『多摩ニュータウンマーケット』
『多摩ニュータウンマーケット』

東京文化創造都市計画『感謝タイヤまつり』
東京文化創造都市計画『感謝タイヤまつり』

会場にはタイヤを引きながら歩く人がちらほら……
会場にはタイヤを引きながら歩く人がちらほら……

校庭をさらに奥に進むと『Happy hour! by HereNow』による国際色豊かな選曲のDJとアジア各国の創作サワーのフードカートが現れます。Anonymous Camp Tokyoによる作家自身が空間演出を行うグループ展『森のギャラリー』の作品展示や、スノーピーク(Snow Peak)社による休憩スペースもあり、校庭とはまたひと味違った雰囲気の憩いの場になっていました。

『Happy hour! by HereNow』Soi48によるDJ
『Happy hour! by HereNow』Soi48によるDJ

校庭に残された遊具で遊ぶ子供たちの姿も
校庭に残された遊具で遊ぶ子供たちの姿も

校庭中央には「NEWTOWNやぐら」が出現。日本大学ジャグリングサークルによる大道芸や立体映画館のパフォーマンス、そして地元・松が谷高校和太鼓部による迫力満点の演奏が繰り広げられました。

日本大学ジャグリングサークルのパフォーマンス
日本大学ジャグリングサークルのパフォーマンス

松が谷高校和太鼓部による演奏
松が谷高校和太鼓部による演奏

Page 1
次へ

イベント情報

『NEWTOWN』@多摩ニュータウン

2017年11月11日(土)、11月12日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)
時間:12:00~19:00
ラインナップ:
『Gourmet Street Food』 by FOOD CART GASTRONOMIE
『BOOK TRUCK』
『Anonymous Camp Tokyo in NEWTOWN』
『東京カルチャーマーケット by CINRA.STORE』
『NEWTOWNレーベルマーケット』
『多摩ニュータウンマーケット』
『Happy hour! by HereNow』
東京文化創造都市計画『感謝タイヤまつり』
『森のギャラリー by Anonymous Camp Tokyo』

『特別音楽地区「体育館FREE」』
『アニソン座談会 supported by VOCALOID Keyboard』
『NEWTOWNフォークジャンボリー』
『新世界★虎の穴 課題授業 meets VOCALOID Keyboard』

『大人の学校:コンプレックス文化論 天然パーマを守り続けるわけ』
『大人の学校:楽器の深さを知って音楽の聴き方をカルチャーシフト ~ベース編~』
『大人の学校:CRAFT BEER ROOM特別編 こだわりのチョコレートとクラフ トビールで味わい新発見』
『大人の学校:おにぎりCRAFT 手作りおむすび×クラフトビールの不思議な縁むすび』
『大人の学校:漫画家・大橋裕之の似顔絵教室 人物の特徴ってどう捉える?』
『大人の学校:ミュージシャンの「飲みトーク」を覗き見!』

『落語てびらき』
『90年代といま』
『RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017 LECTURE WITH DJ KRUSH @「NEWTOWN」音楽持論展開特講』
柴那典×武田砂鉄『音楽を書く、カルチャーを書く』
『「インディペンデントでいこう」安孫子真哉(KiliKiliVilla / ex.銀杏BOYZ)×五味岳久(LOSTAGE)』

『ROTH BART BARON「dying for」視聴会&レコーディング談義』
『Polaris「走る」先行視聴会&柏原譲トーク』
『誰も語らなかった日本の音楽』
『Spincoaster×DIGLE「新しい音楽の楽しみ方」トークセッション』
『田中宗一郎 presents 「2017 On the Tracks」』

『オルギア視聴覚室』
連続講座『バイトやめる学校&途中でやめる直売2days』

『She isの大人の保健室 in NEWTOWN』
青柳文子×平野紗季子『たべものから母のことを考える』
小谷実由×秦レンナ『恋愛保健室』
『お悩み相談ベッド』
『She is Girlfriends Shop』

料金:入場無料(一部プログラムは有料)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで