特集 PR

『ADVERTISING WEEK ASIA』レポ ライブも充実した広告の祭典

『Advertising Week Asia』
テキスト
黒田隆憲
編集:久野剛士
『ADVERTISING WEEK ASIA』レポ ライブも充実した広告の祭典

ビジネスとカルチャーの両輪を備えた広告の祭典『ADVERTISING WEEK』

マーケティングや広告、テクノロジー、エンターテイメントなど幅広い業界がひとつとなった世界最大級の「広告とコミュニケーションの祭典」、『ADVERTISING WEEK』。業界の第一線で活躍する、世界各国の様々なビジネスリーダーが一堂に介し、いま注目されているトピックをテーマにプレゼンテーションを行うだけでなく、ミュージシャンによるライブイベントまで開催する、横断的な場となっている。

『ADVERTISING WEEK ASIA』として、アジアへの初上陸を果たしたのは2016年。3回目の今年も全回に引き続き、5月14日から17日の4日間、六本木・東京ミッドタウンにて開催され、国内外から1万人以上が参加した。他に、ニューヨークやロンドン、メキシコ、そしてオセアニア初登場となるシドニーの『ADVERTISING WEEK APAC』がある。

『ADVERTISING WEEK ASIA』ロゴ
『ADVERTISING WEEK ASIA』ロゴ(サイトを見る

落合陽一による基調講演や、LINEによるワークショップなどもある本イベントで、今回筆者が参加したのは、14日のトークセッションと、翌々日にEX THEATER ROPPONGIにて開催された音楽イベント 『J-WAVE NIGHT IN ADVERTISING WEEK ASIA』。14日の17時半から開催されたトークセッションに登壇したのは、CINRA, Inc.代表取締役の杉浦太一と、MATCHA代表取締役社長の青木優で、両社が取り組んでいる「インバウンドビジネス」をテーマに、およそ1時間にわたってクロストークが繰り広げられた。

「クラスター」を切り口にしたインバウンドビジネスの可能性

まずは杉浦が、自社の「HereNow」を紹介。「HereNow」は、アジアのクリエイティブシティーガイド。例えば東京なら夏目知幸(シャムキャッツ)、バンコクならウィスット・ポンニミット(通称タムくん、イラストレーター)といった、その街で活躍するクリエーターやエディターがキュレーターとなり、旬なスポットやイベントを紹介する記事が並ぶサイトだ。

杉浦:例えば旅行の3日目、4日目など、ちょっと中弛みしたときに「いまこの街で面白いことって何があるかな?」とか、「いま、どういうショップが若者に人気なんだろう?」とか、旅行ガイドには載っていないような情報が欲しくなると思うんです。そういうときに役に立つサイトが欲しかったんですよね。

これだけネットが普及しているのに、旅行前の情報取集が相変わらずガイドブックに頼らざるを得ない状況なのは、ネットの検索機能と旅情報の親和性が高くないからだと杉浦は分析する。

CINRA, Inc.代表取締役の杉浦太一
CINRA, Inc.代表取締役の杉浦太一(HereNowを見る

杉浦:そこで注目したのが「クラスター」という概念です。例えばフジロックの季節になると、世界中から音楽クラスターが集まり、そのままアジアのフェスを巡ったり、旅行を楽しんだりする現象が起きています。同じように、アート好き、音楽好きのための旅メディアというふうに、ライフスタイルでカテゴライズすれば、インバウンドビジネスの新しいマーケットが生まれるのではないかという仮説のもと、HereNowを作りました。

斬新なサービスを提供するMATCHA

続いて青木氏が、自社のメディア「MATCHA」を紹介。「MATCHA」は、訪日旅行者に向けて日本の情報を発信するWEBマガジン。「日本の価値ある文化を、時代とともに創っていく」をミッションに掲げ、東京や京都など有名観光地はもちろん、日本全国にある「まだ知られていない魅力」を見出し、それを世界に向けて発信している。

例えば「MATCHA やさしい日本語」というコンテンツは、日本語学習者向けに初級の日本語で書かれており、その全ての漢字に平仮名が振ってある。「日本語に触れながら、日本を知ってもらいたい」という思いで立ち上げたメディアだが、現在のところ、このようなサービスを行なっているのは「MATCHA」とNHKだけだという。

MATCHA代表取締役社長の青木優
MATCHA代表取締役社長の青木優(サイトを見る

MATCHAのコンテンツで筆者がユニークだと思ったのは、成田空港と組んでスタートしたトランジットツアーだ。旅行中、何かと手持ち無沙汰になるトランジット中の待ち時間。2、3時間なら空港内で食事をしたり、仮眠をしたりして過ごすこともできるが、それが5、6時間となると、空港周辺の観光で有効に使えたらと思ったことは何度もある。MATCHAの紹介する「トランジットツアー」は、そうしたニーズに応えたもの。成田空港がスケジュールを立てツアーも用意しているため、時間の心配をすることなく観光が楽しめるというのも嬉しい。

トークセッションの後半は、質疑応答の時間となった。参加者からは、「多言語化の翻訳は誰がやっているのか、人材をどうやってリクルートしているのか」「旅をクラスターでブランディングしていく場合、どのような課題があるか」「失敗談が何かあれば教えて欲しい」など、かなり具体的かつ突っ込んだ質問が飛んだ。

左から:青木優、杉浦太一

2020年に向けて、ますますインバウンドビジネスの需要は高まる中、メディアとして今後どのような関わり方が出来るのか、考えさせられるトークセッションだった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Advertising Week Asia 2018』
『Advertising Week Asia 2018』

2018年5月14日(月)~5月17日(木)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察