特集 PR

坂本美雨が親子で美術館へ。美術館は親子にも開かれた場所

『TOPコレクション たのしむ、まなぶ 夢のかけら』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望 編集:川浦慧
坂本美雨が親子で美術館へ。美術館は親子にも開かれた場所

最近では、美術館でも子供や家族で楽しむことのできる展覧会が数多く開かれます。東京都写真美術館で11月4日まで開催中の『TOPコレクション たのしむ、まなぶ 夢のかけら』展もそんな企画のひとつ。館が所蔵する34,000点以上の写真・映像コレクションを、一風変わったキーワードでグルーピングし、写真史や美学的な視点にとらわれない写真の見方を発見しよう、という主旨の同展に、ちょっと名前の知られた親子が遊びにやってきました。

ミュージシャンの坂本美雨さんと、その1人娘で3歳のなまこちゃん(愛称)。ダンスなどの舞台を家族で観に行くことは多いそうですが、美術館で一緒という機会はあまりないという2人。いったい今日はどんな鑑賞会になるでしょう?

難しい知識はぬきに感覚や好奇心で写真を見れば、つられて体も反応する

2人を案内するのは、同館学芸員の石田哲朗さん。この展覧会の企画者であり、作品鑑賞やワークショップなどを通じてアートに親しむ方法を伝える「教育普及」担当として美術館で働いています。11歳と6歳の2児の父でもある石田さんは、『夢のかけら』展に大人向けの展覧会とはちがう性質を持たせたかったそうです。

石田:普通、アートの展覧会は「この作家はどんな新しいことをした?」「同じ時代の表現を見ると、共通した流れが見えてくるのでは?」といった風に、知識や作家性を中心にして組み立てていきます。そこには「学び」という要素があって、この展覧会シリーズも最初はそれがテーマでした。でも、もうちょっと感覚的な経験や、好奇心から広がる学びもあるはずで、それは「遊び」にも近づくのではないか、と思いました。それで「たのしむ、まなぶ」という主題にしたんです。本展はその2つめにあたる『夢のかけら』という展覧会ですね。

感覚や好奇心を入り口にする、という意識は特に最初のコーナー「大人+子供×アソビ」にあらわれています。

19世紀末フランスの裕福な家庭に育ち、茶目っ気のある視線で身近な光景に接したジャック・アンリ・ラルティーグや、セルフポートレートを撮影する林ナツミの作品は、どれもジャンプして空中に静止した瞬間をとらえています。ボールを空中キャッチしようとするスポーツマン。階段から元気よく飛び降りるスカート姿の婦人。どこにでもある壁の前で、超能力で浮遊したかのような姿の女の子。不思議だけれど身近さも感じる写真たちにつられるように、なまこちゃんも思わず何度も何度もジャンプしています。

坂本美雨となまこちゃん
坂本美雨となまこちゃん

ジャンプする、なまこちゃん
ジャンプする、なまこちゃん

坂本:このぐらいの年齢の子って、自分の知っているものを発見すると嬉しいんですよ。同じ年頃の赤ちゃんや、自分もできる動きに出会うと、すごく反応する。ジャンプも本能に訴えるものがあるんでしょうね。

カメラ付きスマホやSNSが普及して、宙に浮かんだ瞬間を撮った「ジャンプ写真」は誰でも楽しめる写真の撮り方のひとつになっています。敵から衝撃波を受けて吹っ飛ぶ瞬間をまねる写真が一時期ブームになりましたが、それも親しみのあるマンガやアニメの世界観から生まれました。好きなものごとをまねしてみたくなるのは、人間の本能なのかもしれません。

石田:今のカメラは早いシャッタースピードでも明るく撮れるので、昔よりもジャンプ写真はずっと簡単に撮れるようになりました。それと同時に、今なまこちゃんがぴょんぴょん飛び始めたみたいに、跳躍することってすごく直感的に心に訴えかけるものがありますよね。

ジャック・アンリ・ラルティーグ(20世紀初頭のフランスの写真家)は子供のころにカメラを与えられて、自分の家族が遊ぶ様子をたくさん撮っていますが、子供が感じる楽しさや驚きを大人になっても忘れなかった人だと思うんです。例えばジャンプという単純な遊びが、子供だけでなく大人の心もとらえて、重力から解放されて自由になっているかのような風景から、この展覧会を始めることで、ちがった世界の見方を示したかったんです。

ジャック・アンリ・ラルティーグ 『デスピオ、アンダイ』 1927年 ゼラチン・シルバー・プリント
ジャック・アンリ・ラルティーグ 『デスピオ、アンダイ』 1927年 ゼラチン・シルバー・プリント

Page 1
次へ

イベント情報

『TOPコレクション たのしむ、まなぶ 夢のかけら』

2018年8月11日(土・祝)~11月4日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 3階展示室

休館日:月曜(ただし、9月24日(月・振休)、10月1日(月)、10月8日(月・祝)は開館、9月25日(火)、10月9日(火)は休館)
料金:一般500円 一般団体400円、学生400円 学生団体320円 中高生・65歳以上250円 中高生・65歳以上団体200円
※小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方とその介護者は無料、団体料金は20名以上
※第3水曜日は65歳以上無料
※10月1日(月・都民の日)は入場無料

プロフィール

坂本美雨(さかもと みう)

5月生まれ。97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義で 「The Other Side Of Love」を歌いデビュー。最新アルバムは、2016年12月にリリースした、聖歌隊CANTUSとタッグを組んだ「Sing with me II」(坂本美雨 with CANTUS名義)、2018年「かぞくのうた」を配信リリース。ソロ活動以外にも、シンガーソングライターのおおはた雄一さんとのユニット「おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)」として、全国様々なフェスなどに出演する等の音楽活動に加え、TOKYO FMを始め全国ネットのラジオ番組「ディアフレンズ」のパーソナリティを担当中。また、2014年初の著書「ネコの吸い方」を刊行、大きな話題となるなど、マルチに活躍中。2015年第1子出産、仕事と育児と奮闘中。

なまこちゃん

3歳になる、坂本美雨の愛娘。趣味はカメラとポニーの乗馬。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと