特集 PR

ノイズの中でどつき合い。京都発・混沌の音楽フェスをレポート

MAZEUM
インタビュー・テキスト
島貫泰介
編集:宮原朋之
ノイズの中でどつき合い。京都発・混沌の音楽フェスをレポート

寺院やクラブなど複数会場で開催された、カッティングエッジなフェスティバル

京都市左京区。観光スポットとして有名な「哲学の道」からほど近い山裾に建つ法然院。その一角にある庫裏(寺のお台所)の土間には一台のグランドピアノが置かれ、100人以上の観客がそれを取り囲んでいる。和の空間に西洋の楽器というアンバランスさがむしろ心地よくもあるそのコントラストは、これから始まろうとしている『MAZEUM』の、混沌的な全体像を象徴しているようにも思える。

2018年11月30日から2日にかけて京都市左京区で行われたカッティングエッジな音楽とパフォーマンスのフェスティバル『MAZEUM』は、法然院のほかに誓願寺と極楽寺の計3つの寺院、そしてMETRO、UrBANGUILD、OCTAVEの3つのライブハウスやクラブを会場に、アンダーグラウンドシーンで活躍する多彩なアーティスト約30組がライブを行うイベントだ。アーティストたちがジャンルの壁を越境し、衝突し、ときに混ざり合う2日間のイベントをレポートする。

『MAZEUM』メインビジュアル
『MAZEUM』メインビジュアル

まず口火を切ったのは、ピアニストのスガダイロー。庫裏の勝手口をくぐって現れたスガは、無言でピアノの前に座り、鍵盤にそっと指を置き、弾く。たったの一音。木造の空間の広さと質感を確かめるように、音は広がり、反響し、収束して、再び無音の時間を再び迎え入れる。そしてまた一音。

スガダイロー(法然院でのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue
スガダイロー(法然院でのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue

その繰り返しから筆者が思い浮かべたのは、光の射さない暗い海底で周囲の地形を把握するためにソナー音を打つ潜水艦だ。どれくらいの広さなのか、この空間に音はどんな風に溶け込むのか、どのように変化していくのか。そういった場の特性を慎重に確かめるように、スガは一音を積み重ねていく。やがて、そこに少しだけ高い別の音が加わり、次第に複雑なコンポジションが組み立てられていく……。

こんな風に始まったスガの即興的な(同時に、なんらかの厳格なルールも垣間見える)演奏は、約1時間をかけて音のコンポジションを築き上げ、そしてそれを解体するようにして最初の一音へと帰還して終わった。ふたたび無言で勝手口から退場するスガの背中に、観客は万雷の拍手を贈った。

スガダイロー(法然院でのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue
スガダイロー(法然院でのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue

ノイズのなかでどつき合い。仰天の「まぜるな危険」なプログラム

スガの演奏が終わり、観客は次なる音楽を求めて法然院の大広間へと移動する。3月から4月にかけて盛りを迎える椿の庭や、極楽浄土の世界を表現した方丈庭園を夜に見られるのは、この夜のちょっとした贅沢だ。

大広間に登場したのは、電子音楽家のサラ・ダバーチ。美しいドローンサウンドに、あえてノイジーな粒子感を加える彼女の骨太なサウンドに華を添えるのは、Rokapenis(斉藤洋平)によるプロジェクションマッピングだ。ダバーチの背後に広がる庭園の鬱蒼とした木々に向けて無数の緑の光点を投影することで、機械っぽさと生物っぽさが混交するダバーチの音楽世界を可視化するような試みは、『MAZEUM』が目指すジャンルの交叉を体現しているかのようだ。

サラ・ダバーチ(法然院でのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue
サラ・ダバーチ(法然院でのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue
サラ・ダバーチ(法然院でのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue
サラ・ダバーチ(法然院でのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue

約1時間の演奏を経て、法然院のプログラムはすべて終了。このあとは老舗のクラブMETROに会場を移し、halptribe、Nazira、DJ NOBUによるパフォーマンスが翌朝の5時まで行われた。

DJ NOBU(METROでのパフォーマンスの様子) / photo by Eizaburo Sogo
DJ NOBU(METROでのパフォーマンスの様子) / photo by Eizaburo Sogo
METRO会場内の様子 / photo by Eizaburo Sogo
METRO会場内の様子 / photo by Eizaburo Sogo

2日目の『MAZEUM』は午後2時からスタートしている会場もあったが、筆者は夕方のUrBANGUILDから遅めの参加。注目はテンテンコと伊東篤宏によるユニットZVIZMOとcontact Gonzoのパフォーマンスだ。

BiS解散を経て、現代演劇から即興演奏まで幅広いフィールドで活躍するテンテンコと、蛍光灯の放電ノイズを「音」化する自作楽器OPTRONで知られる伊東、そして総合格闘技のような肉体の衝突(どつき合い)を「パフォーマンス / ダンス」と定義付けるcontact Gonzoの組み合わせの、混ぜたら危険感に期待が高まる。雑居ビルの3階にあるUrBANGUILDの扉を開けると、信じられないくらいの人、人、人。カフェレストランも兼ねたレトロモダンな店内は、これまで見たことがないくらいの観客で溢れかえっていた。ステージが見える場所をなんとか確保して、開演を待つ。

ZVIZMO(UrBANGUILDでのパフォーマンスの様子)
ZVIZMO(UrBANGUILDでのパフォーマンスの様子) / photo by Eizaburo Sogo

耳をつんざくような轟音でZVIZMOの演奏が始まると、contact Gonzoの3人はおもむろに客席へ突入。人の波をかきわけ、ときに観客の助けを得ながら助走をつけてのドロップキック、張り手などをメンバーに向けて放ちまくる。

ZVIZMO×contact Gonzo(UrBANGUILDでのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue
ZVIZMO×contact Gonzo(UrBANGUILDでのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue
ZVIZMO×contact Gonzo(UrBANGUILDでのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue
ZVIZMO×contact Gonzo(UrBANGUILDでのパフォーマンスの様子) / photo by Yoshikazu Inoue

1960年代から1970年代の政治とアングラが熱かった時代を思い起こさせる濃いパフォーマンスは、観客の本能を否応なく高揚させるが、「自分の身は自分で守るべし」という自衛の理性も同時に呼び覚ます。熱情と冷静さに引き裂かれるような不思議な感覚!

予定のパフォーマンス時間を大幅に超過したために、突然演奏がストップするというあっけない幕切れも、「祭り」の後の喪失感を思わせて印象的だった。自分のなかにある凶暴性を自覚しながら、そこに引き込まれないように理性で抵抗するバランス感覚は、渋谷のハロウィン暴徒化が大きくメディアに取り上げられた近頃、折に触れて思い出すべきもののように思えた。

ZVIZMO×contact Gonzo(UrBANGUILDでのパフォーマンスの様子) / photo by Eizaburo Sogo
ZVIZMO×contact Gonzo(UrBANGUILDでのパフォーマンスの様子) / photo by Eizaburo Sogo
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『MAZEUM-メイジアム-』
『MAZEUM-メイジアム-』

2018年11月30日(金)、12月1日(土)
会場:京都府 法然院、METRO、極楽寺、UrBANGUILD、誓願寺、OCTAVE

出演:
DJ NOBU
KILLER-BONG
スガダイロー
Moor Mother
山川冬樹
Goat
空間現代
Sarah Davachi
ZVIZMO (テンテンコ+伊東篤宏) × contact Gonzo
志人(降神)
佐藤薫+EP-4 [fn.ψ]
行松陽介
ENDON
ANTIBODIES Collective
Halptribe
マヒトゥ・ザ・ピーポー
BLACKSMOKERS
ほか

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側