特集 PR

ライゾマがメディアアートで目指すもの 最新技術に温もりを添えて

『Light and Sound Installation “Coded Field”~光と音が織りなす都市と人々の饗宴~』
テキスト
黒田隆憲
編集:石澤萌(CINRA.NET編集部)
ライゾマがメディアアートで目指すもの 最新技術に温もりを添えて

色とりどり光るバルーン。「インスタ映え」に隠された、ライゾマの最新技術を堪能

きらびやかな東京タワーのふもとには、日本で最も古い公園のひとつである芝公園と、徳川家康に所縁のある浄土宗大本山増上寺がひっそりと隣接している。去る11月16日、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催し、Rhizomatiks(ライゾマティクス / 以下、ライゾマ)が企画制作と演出を手掛けた『Light and Sound Installation “Coded Field”~光と音が織りなす都市と人々の饗宴~』が、この地にて開催された。

本イベントは、ライゾマが最先端の位置測位技術である「GNSS(Global Navigation Satellite System:全球測位衛星システム)」を利用して初めて挑む、屋外での大規模なパブリックアートプロジェクト。増上寺境内に集まったおよそ2000人の参加者は、バルーン型のデバイスを持って会場内を回遊しながらインスタレーションを楽しむというものだ。

受付でデバイスを渡され増上寺の境内へ進むと、そこにはすでにたくさんの参加者が集まっていた。ゆったりとしたアンビエントな音楽が流れる中、会場内を移動していると、手に持つデバイスからは時おり電子音が流れたり、バルーンが赤や青、緑などさまざまな色の光を放ったりしている。広い境内には、オムニホイールロボットに乗せられた長さ2メートルほどの液晶パネルが数台、現在地の緯度と経度を表示しながらオブジェのように配置されていた。

カラフルに発光するバルーンを持った大勢の人々が、境内に集まり思い思いに過ごす穏やかな空間。しかし、これはライゾマが技術の粋を集めたプロジェクトであり、インスタ映えな景色の裏で「とてつもなくすごいこと」が行われているのだ。

写真右の黒い柱に表示されているのが、緯度と経度を表す数字
写真右の黒い柱に表示されているのが、緯度と経度を表す数字

増上寺をデータ分析、仮想空間を作り上げる

グランドオープンの19時に合わせ、坂本美雨の声でカウントダウンが始まる。すると参加者が持つバルーンが一斉に光り始め、ダンサブルなビートに合わせてさまざまな色に変化していく。筆者は寺院の広縁から境内を見下ろしていたのだが、1000個のバルーンがまるで光る絨毯のように多数のパターンをかたち作る様子は圧巻。

座席が固定された屋内の会場とは違い、参加者の動きが予測できないこのような「回遊型」の屋外のイベントでは、狙い通りの演出をすることはほとんど不可能とされていた。それを今回ライゾマは、GNSSの導入により可能にしてみせたのだ。

まずライゾマは、増上寺の建築データや地形データをプログラミング(コード)を用いて予め解析し、さまざまな情報が埋め込まれた場(フィールド)を仮想空間に生成。目に見えないその情報を光や音に変換するのが、我々の持つバルーン型デバイスである。

仮想空間イメージ図
仮想空間イメージ図

このデバイスには、GPS受信機能とハイレゾリューション・オーディオコーデックを搭載した、ソニーセミコンダクタソリューションズ社製のSPRESENSEを採用。この基板を使うことで、GNSSによる位置の計測や音源の再生、LEDの発光のコントロールを可能にしている。また今回は、GPSに加えて「みちびき(準天頂衛星システム)」も併用しており、より精度の高い位置情報を取得。これにより、参加者が持つデバイスの位置情報を把握し、その動きや密度に合わせて光と音を放つことができるという。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Light and Sound Installation “Coded Field”~光と音が織りなす都市と人々の饗宴~』

2019年11月16日(土)
会場:東京都 増上寺、芝公園

出演:ELEVENPLAY
声の出演:坂本美雨
時間:18:00~21:00
料金:無料(要事前申込)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察