特集 PR

マカロニえんぴつ、結成8年間の歩み。着実に手にした評価と支持

『マカロニえんぴつ「マカロックONLINEワンマン~豊洲から愛を込めて~」』
テキスト
金子厚武
撮影:ヤオタケシ 編集:矢島由佳子
マカロニえんぴつ、結成8年間の歩み。着実に手にした評価と支持

結成から8年、信じ続けたものーー「バカにされても信じ続けろよ。好きなものだけは手放すな」

9月3日、マカロニえんぴつが配信ライブ『マカロックONLINEワンマン~豊洲から愛をこめて~』を開催し、TOY’S FACTORYからのメジャーリリースを発表した。本編ラスト“ヤングアダルト”の演奏前に、はっとり(Vo,Gt)は「やっぱり目の前で、あなたと一緒に歌いたい」と配信ライブに対する複雑な思いを語った上で、視聴者にこう伝えている。

「バカにされても信じ続けろよ。好きなものだけは手放すな。マカロニえんぴつもそうやって、8年やってきました」

マカロニえんぴつ
マカロニえんぴつ<br>メンバーは、はっとり(Vo,Gt)、高野賢也(Ba,Cho)、田辺由明(Gt,Cho)、長谷川大喜(Key,Cho)。2012年はっとりを中心に神奈川県で結成。メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。11月4日にEP『愛を知らずに魔法は使えない』をメジャーリリースする。
マカロニえんぴつ
メンバーは、はっとり(Vo,Gt)、高野賢也(Ba,Cho)、田辺由明(Gt,Cho)、長谷川大喜(Key,Cho)。2012年はっとりを中心に神奈川県で結成。メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。11月4日にEP『愛を知らずに魔法は使えない』をメジャーリリースする。

マカロニえんぴつの結成は2012年で、3年後の2015年にインディーズデビューと、幸先のいいスタートを切った。しかし、CINRA.NETが昨年行ったインタビュー(記事はこちら)ではっとりが「『ネクストブレイクアーティスト』みたいなことは毎年言われてて、だんだん高望みしなくなった」と話してくれたように、2枚のミニアルバムを発表するも伸び悩み、停滞期を経験。近年YouTubeやストリーミング、SNSの力で一気にブレイクするアーティストも珍しくなくなった中、結成から8年でのメジャーリリースというのは短くない道のりだと言えよう。

はっとり
はっとり

そもそも音楽大学のロック&ポップスコースで出会ったメンバーを中心に結成されたマカロニえんぴつの楽曲は、良くも悪くも「時代性」とは無縁のものだった。この日1曲目に演奏された“hope”はThe Policeの“Every Breath You Take”とJourneyの“Don’t Stop Believin'”に対するオマージュが込められていて、はっとりとギターの田辺由明はもともとハードロックを愛好。田辺のフライングVはその象徴だ。

OasisやWeezerといった1990年代ロックからの影響も随所に感じられ、クラシカルな技法に基づいたポップなソングライティングは早くから注目されていたものの、ロックフェスが市場規模を拡大し、BPMの速いフィジカルな楽曲が求められた時流との相性はよくなかった。初期の作品はシーンを意識したことが逆に伸び悩みに繋がった側面もあったように思う。

“hope”ミュージックビデオ

田辺由明
田辺由明

マカロニえんぴつが一人ひとりの心を愚直に掴んでいけた理由

転機となったのはmuffin discs内のレーベルTALTOへの移籍で、sumikaやSUPER BEAVERといったレーベルの先輩バンドから刺激を受けつつ、徐々に自身のアイデンティティを見つめ直すと、シングル『レモンパイ』(2018年10月発売)に続いて、2019年2月にミニアルバム『LiKE』を発表。ジャズやフュージョンを愛好するキーボードの長谷川大喜の色が出たAOR調の人気曲“ブルーベリーナイツ”や、ベースの高野賢也によるファンキーなプレイに乗せて、<安心の裏打ちはお預け>と歌う“トリコになれ”など、全曲がBPM120以下のこの作品で、「マカロニえんぴつらしさ」をはっきりと打ち出し、サブスクの浸透によるメロディー重視の流れにも背中を押され、その人気を確かなものにしていった。

マカロニえんぴつ『LiKE』を聴く(Apple Musicはこちら

長谷川大喜
長谷川大喜
高野賢也
高野賢也

今年4月に発表されたアルバム『hope』では、タイトル曲はもちろん、“Whatever”を連想させる4拍子のミディアムナンバーが終盤で突如3拍子に変化する“恋人ごっこ”など、遊び心たっぷりのアレンジでバンド感を提示。最新シングルの“溶けない”も間奏にプログレ風のセクションを挟んだ一癖ある仕上がりだった。

配信ライブでは、“溶けない”からメンバーのソロ回しを含む熱量の高いセッションへとなだれ込み、そこから“ブルーベリーナイツ”へと繋げ、この流れは「ポップミュージックを作るロックバンド」としてのマカロニえんぴつを堂々と印象付けるものであった。ソフトウェアの進歩に伴うポップミュージックの高水準化の一方で、整ってはいるが面白味に欠ける楽曲も少なくないと感じる中、彼らのようなバンドはやはり貴重である。

マカロニえんぴつ『hope』を聴く(Apple Musicはこちら

“溶けない”ミュージックビデオ

マカロニえんぴつ
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

番組情報

『マカロニえんぴつ「マカロックONLINEワンマン~豊洲から愛を込めて~」』
『マカロニえんぴつ「マカロックONLINEワンマン~豊洲から愛を込めて~」』

2020年9月3日(木)20:00~マカロニえんぴつ公式チャンネル、LINE LIVE LINE MUSICチャンネル、LINE LIVE スペースシャワーTVチャンネルで配信

リリース情報

マカロニえんぴつ
『愛を知らずに魔法は使えない』初回限定盤(CD+DVD)

2020年11月4日(水)発売
価格:3,000円(税込)
TFCC-86727

マカロニえんぴつ
『愛を知らずに魔法は使えない』通常盤(CD)

2020年11月4日(水)発売
価格:1,800円(税込)
TFCC-86728

プロフィール

マカロニえんぴつ
マカロニえんぴつ

メンバーは、はっとり(Vo,Gt)、高野賢也(Ba,Cho)、田辺由明(Gt,Cho)、長谷川大喜(Key,Cho)。2012年はっとりを中心に神奈川県で結成。メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。はっとりのエモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。全国にマカロックを響かせるべく都内を中心に活動中。11月4日にEP『愛を知らずに魔法は使えない』をメジャーリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」