特集 PR

大阪にPARCOが帰ってきた。コロナ禍でベールを脱いだ新館に潜入

心斎橋PARCO
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:原祥子 編集:井戸沼紀美、久野剛士(CINRA.NET編集部)
大阪にPARCOが帰ってきた。コロナ禍でベールを脱いだ新館に潜入

PARCOは「東京」的な都市文化の象徴から、新しいあり方へ

イタリア語で公園の意味を持つ、パルコ(PARCO)。デザイナー・彫刻家である五十嵐威暢の手による、緑と青を基調にポイント的に赤をあしらった印象的なデザインのネオンサインと共に記憶されるその商業施設は、ある時代を生きた世代にとって、鮮烈に「東京」的な都市文化を象徴する存在だろう。

五十嵐威暢が手掛けたPARCOロゴのネオンサイン(一部)
五十嵐威暢が手掛けたPARCOロゴのネオンサイン(一部)

1969年に1号店である池袋PARCOが開店し、全国の旗艦店舗である渋谷PARCOが1973年に開店。詩人・小説家としても活躍した堤清二(辻井喬)の先見的な経営戦略によって成功を収めたセゾングループの一角であるパルコでは、多種多彩なクリエイター・アーティストらがその腕を振るい、1970~1980年代の創造的なイメージを作り出していった。

世界初の回顧展(『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』東京都現代美術館、2020~2021年)が話題になった石岡瑛子も、1970年代のパルコのクリエイションを担った一人である。若き才能のためのインキュベーションであり、好景気に沸いた時代の「東京」の象徴でもある。それがパルコなのだ。

1973年に開業し、2016年8月にビルの建て替えのために一時閉店、2019年11月22日に改めてグランドオープンした渋谷PARCOの外観パース(©2019, Takenaka Corporation)
1973年に開業し、2016年8月にビルの建て替えのために一時閉店、2019年11月22日に改めてグランドオープンした渋谷PARCOの外観パース(©2019, Takenaka Corporation)

だが、それとは別の表情もパルコは持っている。それを意外なかたちで教えてくれるのが、2020年11月20日に開業を迎えた「心斎橋PARCO」だ。大丸心斎橋店の北館であったビルをまるごとリノベーションした同施設は、創業から半世紀を経たパルコのこれまでの歴史、そしてこれからの新しいあり方を示している。

コロナ渦の苦労の末、ようやく全貌を現した心斎橋館。関西のクリエイターによるトークも

心斎橋PARCOを訪ねたのは2021年3月27日。アジア的な雑多さと活気が楽しい「心斎橋ネオン食堂街」が地下2階にオープンして、約1週間後のことだった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初予定していた全館オープンを断念し、心斎橋PARCOはフロアやエリアごとに少しずつオープンしていくスタイルを選んだ。つまり、我々が心斎橋PARCOを訪れたときが、店舗本来の姿がようやくお披露目されたタイミングなのだった。

3月18日に正式オープンした心斎橋ネオン食堂街のキャラクター

食堂街を華々しく彩るオリジナルのネオン
食堂街を華々しく彩るオリジナルのネオン

この日は、4階にあるワーキングスペース「SkiiMa(スキーマ)」でトークイベントが行なわれていた。「好き」なことを磨き、「好き」をかたちにできるクリエイティブな場所として構想された「SkiiMa」は、ビジネス、アート、カルチャーなど多分野の人々が出会うためのコミュニティ型ワーキングスペースだが、そのテーマに沿って、イベントも『SkiiMaTalk –好きの話をしよう– Vol.03「好きを仕事に、好きを続ける」Presented by CINRA.NET』と題された。

この日のゲストは京都を拠点に活動するグラフィックデザイナーの三重野龍と、大阪から映画やクィアカルチャーに関するテキストを発信するライターの木津毅。関西で「好き」を追究し続けてきた2人だ。その対談の一部を以下に紹介する。

Page 1
次へ

店舗情報

心斎橋PARCO

住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3
営業時間:10:00~21:00
※地下2階は11:00~24:00、13階の飲食フロアは11:00~23:00
※営業時間は変更になる場合があります

SkiiMa SHINSAIBASHI

大阪・心斎橋のコミュニティ型ワーキングスペース「SkiiMa(スキーマ)」は、ヒトやモノが行き交う刺激溢れる空間の中で、「好き」なことを磨き、仲間と共に「好き」を形にできる場所。ビジネスの拠点だけでなく、新たな発想が生み出せるよう、ギャラリーを併設。様々なイベントを通して、各個人の知的創造を刺激します。

住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋PARCO 4F
営業時間:9:00~23:00
※受付時間は心斎橋PARCOの営業時間内

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」