特集 PR

菅野よう子×神山健治×渡辺信一郎『音楽がアニメーションをどう変えるか』第1部

菅野よう子×神山健治×渡辺信一郎『音楽がアニメーションをどう変えるか』第1部

CINRA編集部
撮影:井手聡太

菅野よう子×神山健治×渡辺信一郎『音楽がアニメーションをどう変えるか』第1部

『音楽がアニメーションをどう変えるか』というテーマのシンポジウムを行うべく集まったのは、もはや二度と見ることはできない(?)超豪華メンバーたちだ。数々の名作アニメーションやゲームの音楽を作曲・編曲してきた音楽家・菅野よう子。テレビアニメの話題作『東のエデン』を手がけ、劇場公開映画も待機中のアニメーション監督・神山健治。そして『カウボーイビバップ』など独特のセンスが光る作品で多くのファンを持つアニメーション監督・渡辺信一郎。この三氏に加え、司会には脚本家の佐藤大を迎えた本イベントでは、「その場でアニメーション映像に音楽を付ける」というかつてない試みが行われることとなった。その興味深いコラボレーションを、できうる限り再現した本原稿、ぜひじっくりとお読みいただきたい。

PROFILE

菅野よう子
SMAP、今井美樹、小泉今日子、Crystal Kay、元ちとせといったアーティスト達への楽曲提供/プロデュースワークをも手がけ、CM音楽の分野では98年「ビタミンウォーター」で三木鶏郎広告音楽賞を受賞。第13回日本ゴールドディスク大賞を受賞した『カウボーイビバップ』をはじめ、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『創聖のアクエリオン』『マクロスF』などのアニメーションから、『下妻物語』『はちみつとクローバー』などの実写映画まで活動の場は多岐にわたる。

神山健治
高校在学中より自主アニメーションの制作を始める。卒業後も自主アニメーションの制作を続け、1985年スタジオ風雅に入社。劇場作品『AKIRA』『魔女の宅急便』等に背景として参加。1996年、プロダクションI.Gにて押井守が主催した押井塾に参加。同時期に劇場作品『人狼 JIN-ROH』演出、『BLOOD THE LAST VAMPIRE』脚本、『ミニパト』監督と着実に実績を積み上げ、TV『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』、『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』、『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』、『精霊の守り人』、『東のエデン』を監督。第9回アニメーション神戸個人賞受賞。

渡辺信一郎
1994年、『マクロスプラス』で監督デビュー(共同監督)。98年、『カウボーイビバップ』で高い評価を得た。その後、『COWBOY BEBOP 天国の扉』(00)、『サムライチャンプルー』(04)を監督。『アニマトリックス』(03)では短編「KID'S STORY」「A DETECTIVE STORY」の2本を手がけ、『Genius Party』(07)にも短編「BABY BLUE」で参加している。音楽に造詣が深く、『マインド・ゲーム』(04)『ミチコとハッチン』(08)などでは音楽監督を務めている。

佐藤大
19歳の頃、主に放送構成・作詞の分野でキャリアをスタートさせる。その後、ゲーム業界、音楽業界での活動を経て、現在はアニメーションの脚本執筆を中心に、さまざまなメディアでの企画、脚本などを手がけている。2007年、ストーリーライダーズ株式会社を代表取締役として設立。脚本代表作として、『カウボーイビバップ』、『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』、『交響詩篇エウレカセブン』、『東のエデン』がある。


アニメーションの画に音を付けていく感覚を、皆さんと一緒に体験してみたかったんです(菅野)

佐藤:どうも、こんにちは。今日の司会を務めます、本業は脚本家の佐藤大です。うわー、お客さんすごい入ってますね(笑)。ありがとうございます。

本日のテーマは、『音楽がアニメーションをどう変えるか』。なんだか固いテーマですが、ダラっといきますのでよろしくお願いします(笑)。では、まず始めに聞いておきたいのですが、今日登場されるお三方の作品を観たり聴いたりしたことがある方は、どれぐらいいらっしゃいますか?(大半のお客さんから手が挙がる)なるほど。じゃあ、説明の必要はないですね。ご存知『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(以下『攻殻機動隊 S.A.C』)の神山健治監督と、『カウボーイビバップ』『Genius Party』(「BABY BLUE」)の渡辺信一郎監督お二人と、作曲家の菅野よう子さんにこれから登場していただきます。

菅野よう子×神山健治×渡辺信一郎『音楽がアニメーションをどう変えるか』
佐藤大

『カウボーイビバップ』でナベシンさんと菅野さんが出会ったわけですが、じつは僕が脚本家としてデビューさせていただいた作品でもあるんです。そのあとで、神山さんの攻殻機動隊にも携わることになったので、お二人は僕自身とてもお世話になっている監督さんなんです。

そんなお二人どうしが初めて出会ったのが、去る7月7日に行われた、菅野さんのコンサートだったんですね。で、このたび菅野さんからじきじきに、今回のシンポジウムに、ぜひお二人をお呼びしたいという提案があったわけです。

それではまず、神山監督、渡辺監督に登場していただきましょう。よろしくお願いします!

(神山氏、渡辺氏が登場。会場、割れんばかりの拍手)

渡辺:アニメの監督をやっております。渡辺信一郎です。なんか、文化庁にふさわしくないゲストですいません(笑)。

神山:僕もアニメの監督をやっています。神山健治です。すいません、元気が無くて…(笑)。

佐藤:それではまず、菅野さんに初めてお会いしたときの印象と、その後の印象の変化などを教えていただきたいのですが。

菅野よう子×神山健治×渡辺信一郎『音楽がアニメーションをどう変えるか』
左:渡辺信一郎、中:神山健治

渡辺:僕は『カウボーイビバップ』の前にやった『マクロスプラス』っていう作品で出会ったんですが、菅野さんはあんなキャラクターなので、自称作曲家らしいけど、本当に曲を作れるの?(笑)って。でも、出来上がってきた曲を聴いたら、愕然としまして。疑って悪かったなと思いました。

神山:僕はもう全く逆で、菅野さんがスーパースターになられてからお会いしているので。『攻殻機動隊 S.A.C』の音楽を菅野さんにお願いしたいとプロデューサーから言われまして、僕が交渉に行ったんですけれども、断られたらもうこの企画は終わりだと(笑)。で、ものすごく緊張して会ったので、かなり頼りない奴に見えたらしいんですよ。その姿を見て、可哀想になって引き受けてくださったんじゃないかな、と思っています(笑)。

佐藤:ではここで、企画の首謀者を呼んで、忙しいお二人を呼び出していったいなにがしたいのか、聞いてみることにしましょう。菅野よう子さんです、どうぞ!

(菅野氏が登場。会場しばらく拍手が鳴り止まない)

菅野よう子×神山健治×渡辺信一郎『音楽がアニメーションをどう変えるか』
菅野よう子

菅野:こんにちは、菅野よう子です。えーと、あの、特に言いたいこともないので、一曲弾こうと思います。

(菅野氏、ピアノで演奏。会場、ため息)

佐藤:ありがとうございました! まずは名刺がわりに、菅野さんのいろんな曲をズラっと弾いてもらった感じですね。

先ほども申しましたが、本日のテーマは『音楽がアニメーションをどう変えるか』です。今から3週間前のことですが、菅野さんから突如「今日はトークショーにしない方がいい」という意見をいただきまして(笑)、それから内容をすべて作り替えたんですね。トークではなく、実際にここで皆さんと一緒に、アニメーションに音楽をつけてみたい、というご要望なんです。

菅野:私の仕事は、音の付いていないアニメーションの画に――たまに画もまだ無かったりするんですが――音を付けていくことなんですね。そのときにどんな感覚で音楽を付けているのか、皆さんと一緒にナマで体験してみようじゃないかと、そういう企画にしたかったんです。

佐藤:具体的には、『カウボーイビバップ』と『攻殻機動隊 S.A.C』のアニメ映像を見ながら、本番で使ったものに限らず、いろいろな音楽を付けてみようという試みなんですよね。

渡辺:要するに、「私たちの仕事はこんなに大変なんだよ、苦労を知れ」ということですね(笑)。

佐藤:そうですね(笑)。ちなみに、菅野さんがこの企画を行う上で、このお二人を選ばれた理由はなんでしょうか?

菅野:なんというか、私がお仕事で関わらせていただいた中でも、自慢のお二方だからですね。「二大巨頭」というか。

渡辺:そんなことを言うと、他の監督が怒るんじゃないですか?

菅野:いや…彼らの前では、きっと同じようなことを言うと思いますが(笑)。

佐藤:うわ、大人な対応だー!(笑)。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Teen Daze“First Rain with S. Carey”

今年2月に発表されたアルバム『Themes for Dying Earth』より新たなPVが公開。Bon IverのバンドメンバーS・キャリーをフィーチャーした同曲。自然が発する壮大なエネルギーと、見知らぬ男女が出会い、互いの心に触れようとする様子が美しく紡ぎ出されている。(飯嶋)