特集 PR

「人生200歳まで」 京(DIR EN GREY)×千原せいじ対談

「人生200歳まで」 京(DIR EN GREY)×千原せいじ対談

インタビュー・テキスト
渡辺裕也
撮影:豊島望

DIR EN GREY / sukekiyoの京と、お笑いコンビ「千原兄弟」の兄、千原せいじ。この両者の対談が実現した。意外な組み合わせだと感じた方も多いだろうが、もともとロック通として知られるせいじと、意外にもお笑い好きだという京。別々の世界でプロとして活躍しながら、お互いの取り組む分野にも強い関心を示しているこの両者なだけに、話題はおのずと多岐に渡った。会話をリードするせいじのフランクな語り口はもちろん、京の発言からもせいじとのやり取りを楽しんでいる様子がうかがえるのではないかと思う。なによりも両者の強い信頼関係が伝わる内容になっているので、これはぜひ全編を余すことなく楽しんでいただきたい。

「みんなを楽しくさせよう」みたいな笑いより、自分の道を行ってるような笑いが好きなのかもしれませんね。(京)

―もともとは共通の友人を通じて知り合ったそうですが、最初にどんな会話をしたか、覚えてらっしゃいますか?

:たしか、ハードコアの話でしたよね?

せいじ:そうそう。ここ何年か、俺がハードコアのバンドをやってるのもあって。

:最近もライブしてるんですか?

せいじ:ぜんぜん。今はアフリカ行き(『世界の村で発見!こんなところに日本人』の番組ロケ)があったりするからバンドはなかなかできへんねん。

―京さんから見たせいじさんの第一印象って、どんな感じだったんですか?

:テレビで見たまんまですね。これが実際に会ったときに自分のイメージとぜんぜん違ってとっつきにくい人だったら、どうしゃべったらいいのかわからなかったと思うんですけど、ホントそのまんまだったからすごくしゃべりやすかった。それに僕、お笑い全般がもともと好きだったので。

―ちなみに京さんが好きなお笑いって、たとえばどういうものなんですか?

:そうだな……。「みんなを楽しくさせよう」みたいな笑いより、自分の道を行ってるような笑いが好きなのかもしれませんね。こういうとちょっと語弊があるかもしれないけど。

せいじ:わかるよ。自分がやりたいと思うお笑いをやってて、そこで「俺はこれだ!」みたいな部分が前面に出てる人っていう意味やろ? まあ、基本的にはみんな絶対にやりたいことも自己主張もあるんやけど、たぶん京くんが言ってるのはそれがより強めに出ている人ってことなんやろね。

左から:京、千原せいじ
左から:京、千原せいじ

―その「俺はこれだ!」みたいな部分って、やっぱりせいじさんもお笑いをやる上で、意識的に強く出してたりするんでしょうか?

せいじ:そんな器用なことできるかいな!(キッパリ) そういうのは、前日に呑んだ酒の量とか、嫁はんの機嫌とか、いろんな条件によって日々変動するもんやからな。

:でも千原兄弟って、お笑いの中でもかなりトゲトゲしてましたよね? それこそ音楽で言ったらパンクとかハードコアみたいな匂いがありましたよ。客観的に見ても、「俺らは他とは違うで」みたいな雰囲気を感じましたから。

せいじ:たしかにトゲトゲしとったね。でも、今も昔も自分は変わらなくて、まわりが慣れてきたという感じなんですよ。「千原せいじっていう男はこういうやつなんだ」と知ってもらうまでに、それこそ20年もかかったから。

他のお笑いやってる連中を見ると、自分が好きじゃないことも平気でやれてしまう人がけっこういて。それにはちょっと驚いた。(せいじ)

―自分のキャラクターが伝わるまでには、やっぱりそれなりの時間もかかったんですね。

せいじ:うん。それに俺、お笑いの世界に入れば好きなことだけやれると思ってたんやけど、これが意外とできないもんでね。そこで他のお笑いやってる連中を見ると、自分が好きじゃないことも平気でやれてしまう人がけっこういて。それにはちょっと驚いた。「おいおい。せっかくお笑いが好きでこの世界に入ってきたのに、わざわざそんなことせんでええやん」みたいに思うことはものすごくあって。

―そのせいじさんが積極的にやりたくなかったことって、具体的にはどういうことなんですか?

せいじ:たとえば、情報系番組のディレクターが仕込んだボケを言う、とか。

:つまり、芸人さんにボケを渡すってことですよね?

せいじ:そうそう。俺そういうのは絶対にイヤやねん。だって、そんなんおもろいわけないやん?

:実際にそう指示されたときはどうするんですか?

せいじ:「えーっと。いったん考えますわ」って言ってひとまずは保留する(笑)。で、そのあとに「ここはこう言ったほうが絶対におもろいから」って。

―なるほど。でも、それをすんなりと受け入れられる人も中にはいて、そこに最初は驚いたと。

せいじ:うん。でも、ある程度年齢を重ねていくうちに、それもプロの仕事なんやなと思うようになって。そう思えるようになるまでには、ものすごい時間がかかった。

Page 1
次へ

イベント情報

DIR EN GREY
『TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-』

2014年8月5日(火)
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

2014年8月6日(水)
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

2014年8月13日(水)
会場:福岡県 Zepp Fukuoka

2014年8月15日(金)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2014年8月16日(土)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2014年8月20日(水)
会場:大阪府 なんばHatch

2014年8月21日(木)
会場:大阪府 なんばHatch

2014年8月24日(日)
会場:北海道 Zepp Sapporo

2014年8月27日(水)
会場:東京都 Zepp Tokyo

2014年8月28日(木)
会場:東京都 Zepp Tokyo

2014年8月30日(土)
会場:東京都 新木場STUDIO COAST

『sukekiyo 二〇一四年公演「雨上がりの優詩」』

2014年9月13日(土)
会場:ロシア モスクワ TEATR CLUB

2014年9月15日(月)
会場:フィンランド ヘルシンキ Nosturi

2014年9月17日(水)
会場:フランス パリ Divan du Monde

2014年9月18日(木)
会場:イギリス ロンドンO2 Academy Islington

2014年9月20日(土)
会場:ドイツ ベルリン C-Club

2014年9月21日(日)
会場:ドイツ ボーフム Zeche Bochum

千原せいじ番組情報
『世界の村で発見!こんなところに日本人』

毎週金曜日21:00から朝日放送で放送
出演:
千原ジュニア
千原せいじ
森泉
大野拓朗

リリース情報

DIR EN GREY<br>
LIVE Blu-ray & DVD『DUM SPIRO SPERO AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤(Blu-ray)
DIR EN GREY
LIVE Blu-ray & DVD『DUM SPIRO SPERO AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤(Blu-ray)

2014年7月16日(水)発売
価格:11,880円(税込)
SFXD-0008~10

DIR EN GREY<br>
LIVE Blu-ray & DVD『DUM SPIRO SPERO AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤(DVD)
DIR EN GREY
LIVE Blu-ray & DVD『DUM SPIRO SPERO AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤(DVD)

2014年7月16日(水)発売
価格:10,800円(税込)
SFBD-0052~55

sukekiyo<br>
『IMMORTALIS』初回生産限定盤(2CD)
sukekiyo
『IMMORTALIS』初回生産限定盤(2CD)

2014年4月30日(水)発売
価格:4,104円(税込)
SFCD-0133~34

[DISC1]
1. elisabeth addict
2. destrudo
3. latour
4. nine melted fiction
5. zephyr
6. hidden one
7. aftermath
8. 烏有の空
9. the daemon's cutlery
10. scars like velvet
11. mama
12. vandal
13. hemimetabolism
14. 鵠
15. 斑人間
16. in all weathers
[DISC2]
1. aftermath Collaboration with キリト(Angelo)
2. 鵠 Remixed by PABLO(P.T.P)
3. zephyr Remixed by TK(凛として時雨)
4. in all weathers Remixed by Devilslug
5. nine melted fiction Remixed by 石井 秀仁(cali≠gari, GOATBED)
6. hemimetabolism Remixed by SUGIZO(LUNA SEA, X JAPAN)
7. scars like velvet Remixed by 室姫 深
8. the daemon’s cutlery Remixed by 人時
9. hidden one Remixed by HISASHI(GLAY)
10. mama Remixed by 橘 尭葉 / 妖精帝國
11. aftermath Remixed by acid android

sukekiyo<br>
『IMMORTALIS』通常盤(CD)
sukekiyo
『IMMORTALIS』通常盤(CD)

2014年4月30日(水)発売
価格:3,456円(税込)
SFCD-0135

1. elisabeth addict
2. destrudo
3. latour
4. nine melted fiction
5. zephyr
6. hidden one
7. aftermath
8. 烏有の空
9. the daemon's cutlery
10. scars like velvet
11. mama
12. vandal
13. hemimetabolism
14. 鵠
15. 斑人間
16. in all weathers

プロフィール

京(きょう)

京都府出身。1997年に結成された5人組ロックバンド、DIR EN GREYのヴォーカリストとして、すべての楽曲の作詩を手がけている。1999年のメジャーデビュー以来、アルバム、シングルの全作品がオリコンTOP10入りを果たしている。そのカテゴライズ不能なサウンド、圧倒的なライヴパフォーマンスは国内外で高く評価され、欧米でも作品のリリース、ツアーを行ない世界中で熱狂的なファンを獲得している。京はソロとしても詩集、写真集、絵、イラストを発表し、2013年末より新たなバンド、sukekiyoを始動させるなど、活動の幅を広げている。

千原せいじ(ちはら せいじ)

1970年京都府生まれ。1989年にお笑いコンビ「千原兄弟」を結成。ツッコミ担当。レギュラー番組にテレビ朝日系『こんなところに日本人』など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Suchmos“PINKVIBES”

Suchmosがアルバム『THE KIDS』より“PINKVIBES”のPVを公開。山田健人(dutch_tokyo)との久々のタッグとなるこの映像。余裕すら感じるシュアな演奏シーンやふとした表情が絶妙なバランスで映し出される。燃え盛るピンクの炎と、それに向けるメンバーの強い眼差しを見ると、Suchmosがこれからどんな風景を見せてくれるのか期待が高まる。(飯嶋)