特集 PR

ぼくのりりっくのぼうよみに質問攻め。でも何度もはぐらかされる

ぼくのりりっくのぼうよみに質問攻め。でも何度もはぐらかされる

ぼくのりりっくのぼうよみ『ディストピア』
インタビュー・テキスト
武田砂鉄
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子

昨年末にデビュー作『hollow world』をリリースし、その出色の言葉選びとリリックで瞬く間に大きな注目を浴びた「ぼくのりりっくのぼうよみ」。高校を卒業し、この春から大学に通い始めた18歳が、早くもEP『ディストピア』を発表する。

CDというフォーマットの終焉を伝えるべく、CDを遺影にして掲げた挑発的なアーティスト写真も公開された。そして、ディストピアの輪郭を漂わせるかのように記された書き下ろし小説『Water boarding』が封入される本作。この野心的な姿勢は一体何に裏打ちされているのか、それとも理由などないのか。はぐらかされながらも、その企図を掘り起こしていく。

論理的に完璧なものって、つまらなくなりがちです。飛躍しませんから。

―デビュー作『hollow world』の大きな反響をどのように受け止めていますか? 下世話な言い方になりますが、さぞかしチヤホヤされているのではないかと。

ぼくのりりっくのぼうよみ(以下、ぼくりり):いや、そうでもない、っていうのが正直なところですね。「売れてるみたいですごいね、お金持ってるんだろう」って言われるくらいですかね(笑)。

ぼくのりりっくのぼうよみ
ぼくのりりっくのぼうよみ

―リリース当時のインタビュー(変幻自在に言葉を操る、ぼくのりりっくのぼうよみという名の17歳)で、自分で自分のことを眺める監視カメラがある、と言っていたのが印象的でした。歌詞を書くときには、その「監視カメラ」な目線が強く出るのだと。その監視カメラに映る「ぼくのりりっくのぼうよみ」の姿に、どのような変化がありましたか?

ぼくりり:ぼくのりりっくのぼうよみの「全体」っていうのが存在しない、という感覚があります。「全体らしきもの」は存在するんですけど、それが本当の姿なのかどうか、というか。 たとえば、僕がエゴサーチして見られる感想がありますよね。「めっちゃいいね!」みたいな感想のなかに、ときたま「微妙じゃね?」といった感想も入ってきます。僕の目にそういう風に映っていたとしても、それは実際の姿の一部でしかない。もっと大きな世界で見たら違うはずですが、その全体ってものを見ることはできないんです。

―全体を見ることのできないなか、自分の認知が広がっていくスピード感をどう捉えていますか?

ぼくりり:僕、あんまり比較材料というものを持ってないので、「まぁ、こういうものなのかなぁ」程度の認識しかないんです。iTunes最高何位だとか、そういった指標がいくつも出ますよね。実際に出た数字を理解できたとしても、その加速度はよく分かりません。考えるとやっぱりヒヨリがちになってしまうので、間違っているかどうかなんて気にせず、ドガガガガ、みたいな感じでやっていきたいなって。

―ドガガガガ。漫画の一コマみたいですね。

ぼくりり:そうなんです、最近、漫画読みすぎていて。

―理路整然とこうやる、ではなく、ドガガガガの勢いに任せると。

ぼくりり:そうですね。結局、その方が強いだろうな、とも思っています。論理的に完璧なものって、つまらなくなりがちです。飛躍しませんから。100円を持っていて50円払うと50円が残る、これは理路整然としていますけど、「だから何?」とも思います。そうではなくて、数式としては間違っていてもいいから、色々やろうと思って。

ぼくのりりっくのぼうよみ

―100円玉で50円のモノを買うと、おつりはいつだって50円です。そういう、ひとつしか答えが存在しないものはやりたくない、ということですか?

ぼくりり:音楽的にということではなく、プロモーション的な話として、それって別に面白くないなと感じます。音楽に関しては、僕が面白いと思うことをやっているだけなので、この曲が社会にとってどうだとか、こういう影響を与えたい、という考えは特にないんです。今回のEPでは、届ける段階で、色々と面白いことを仕掛けたいな、という思いがありました。

Page 1
次へ

リリース情報

ぼくのりりっくのぼうよみ『ディストピア』初回限定盤
ぼくのりりっくのぼうよみ
『ディストピア』初回限定盤(CD)

2016年7月20日(水)発売
価格:1,728円(税込)
VIZL-1012

1. Newspeak
2. noiseful world
3. Water boarding
4. sub/objective(remix)
※書き下ろし短編小説、次作アイデアノート封入

ぼくのりりっくのぼうよみ『ディストピア』通常盤
ぼくのりりっくのぼうよみ
『ディストピア』通常盤(CD)

2016年7月20日(水)発売
価格:1,296円(税込)
VICL-37199

1. Newspeak
2. noiseful world
3. Water boarding
4. sub/objective(remix)

プロフィール

ぼくのりりっくのぼうよみ
ぼくのりりっくのぼうよみ

この春高校を卒業したばかりの大学一年生、18歳。早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。高校2年生の時、10代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれる。提携番組であるTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』で才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、高校3年生だった2015年12月、1stアルバム『hollow world』でメジャーデビューを果たす。その卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声、ラッパー/ボーカリストとしての表現力が大きな話題を集め、日本の音楽シーンに一石を投じる新たな才能の登場として、各方面から大きな注目を集めている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)