ラジオの特性「偶然の出会い」をリアルイベントでも。J-WAVEの都市型イベントに見るコロナ後のフェス

コロナ以降のフェスに見られる変化。「快適性」「若年化」

現在も依然としてコロナ禍の真っ只中にあるとはいえ、十全な感染対策のもと、ここ日本でもさまざまなかたちで開催(もしくは再開)されるようになった大型野外音楽フェスティバル。そこには、いくつかの変化があるようだ。ひとつは、これまでとは違うかたちの「快適性」。より安全性を考慮しながら、参加者それぞれが、できるだけ心理的なストレスを感じないような会場づくりや運営方法がとられている。

そしてもうひとつは、若年層に向けたフェスが増えてきているということだ。いわゆる「音楽好き / フェス好き」の若者のみならず、多様な嗜好性や価値観をもった若者たちを射程に入れた、フェスという「場所」づくり。その背景には、抑圧され続けてきた青春を、音楽イベントの場で取り戻そうとする若者たちへの配慮など、このコロナ禍によって生じた、さまざまな変化があるのだろう。

コロナ禍によって学生生活が奪われた、若い世代の思い出づくりを応援

そんな2022年夏のフェスシーズンの最後を飾るべく、新しいかたちの都市型音楽イベントがスタートする。東京・代々木で開催される『J-WAVE presents INSPIRE TOKYO ~Best Music & Market』だ。ライブアクトには、今年のフェスシーンで話題のVaundyやDISH//といったアーティストからクリープハイプやASIAN KUNG-FU GENERATIONらバンド勢、STUTSやAwichらのヒップホップ勢も登場。アーティスト同士のコラボステージも予定されている。

2000年より毎年開催されてきたJ-WAVE主催の音楽イベント『J-WAVE LIVE』を、より発展的に拡大進化させたイベントでありながら、そのサブタイトルに「Music」と「Market」を並列して掲げるなど、音楽だけではない楽しみ方を前面に押し出しているこのフェスは、ステージごとの観覧チケットを設けるなど、細やかな入場料の設定によって、それぞれの楽しみ方を提供している。チケット料金は4,500円~16,500円だが、「マーケットエリア」はチケットがなくても無料で楽しむことができて、なおかつその規模も大きい。また、25歳以下の若者たちを対象とした「思い出割」を実施するなど、これまでのフェスとは違うユニークな試みに満ちたこのフェスは、冒頭に挙げたような、コロナ以降の状況の変化を、どれだけ反映したものになっているのだろうか。

本イベントのオーガナイザーであるJ-WAVEコンテンツプロデュース局コンテンツ事業部長・渡邉岳史へのヒアリングをもとに、紐解いてみることにしよう。まずは、フェスの開催を発表したあと、急遽決定したという「思い出割」について。

先日、ある大学生から「大学生活のほとんどがコロナ禍だったので、まったく思い出がない」という話を聞いたんですが、あらためて直接聞いてすごい衝撃的だったんです。そのときに、同じような状況の学生たちが、気軽に友達を誘って、みんなで遊べるような場所にしたい、彼らの思い出になるような場所をつくりたいと思いました。それで今回、25歳以下の方のチケット代を、当日会場の窓口で2,000円キャッシュバックする「思い出割」を、実施することを決めたんです。
- 渡邉

「思い出」となるのは、お目当てのアーティストのライブだけではない。熱心な音楽ファンはもちろん、そうでない人たちも気軽に誘いあって、それぞれの趣味嗜好で、思い思いに楽しむことができるようなフェスティバルをつくること。そんな『INSPIRE TOKYO』のコンセプトの発端となったのは、これまで『J-WAVE LIVE』で何度も使用してきた代々木第一体育館のみならず、それに隣接する第二体育館を、今年初めて確保できたことにあったという。

第一体育館と第二体育館の両方を借りることができたときに、これはいままでの『J-WAVE LIVE』とは、まったく違う規模感のものができると思ったんです。両方の会場を使えるということは、原宿と渋谷のあいだにある広大な場所を使えるということなので。そのサイズ感を見たときに、大きいものをつくろうと思いました。
- 渡邉

原宿や渋谷に来たついでに足を運べる気軽さと、それに対応した多様なチケット

本イベントの特徴は、チケットの種類からもよくわかる。第一体育館で開催されるステージを、12時開演の「1st STAGE」と18時開演の「2nd STAGE」の2部構成として、そのどちらかひとつだけを楽しむことのできるチケット。そして、連日13時より、企画性の高いステージが夜まで通して予定されている第二体育館の「3rd STAGE」のみを観覧できるチケットも用意するなど、観客それぞれのニーズにあわせた、多種多様なチケットを設定しているのだ。

東京のど真ん中で開催するイベントなので、音楽に特化したフェスにしてもよかったのですが、都心ならではのアクセスのよさ――フラッときてフラッと帰れる気軽さを残しておきたいと思ったんです。好きなタイミングで来ていただけますし、フードエリアとマーケットエリアはチケットがなくても入場可能です。原宿や渋谷にあそびに来たついでに気軽に足を運べるようなイベントにしたいと思い、このようなチケット設定にしました。
- 渡邉

ラジオ的な「偶然の出会い」を体験できる、豊富なコンテンツ

マーケットエリアに出展する店舗のラインナップと、そこで行われる企画のユニークさにも注目したい。当日会場には、J-WAVEが掲げる「For The Unique and Universal」というステイトメントのもと、ラジオの放送とも連動したオリジナリティのある食事メニューや、日本が世界に誇る選りすぐりの商品の数々が、目移りする規模で並べられるという。

つまり、『INSPIRE TOKYO』は、「Best Music & Market」というサブタイトルの通り、音楽をはじめとして、これまでJ-WAVEが発信し続けてきたさまざまなカルチャーのひとつの集大成となるような場所――大規模な「文化祭」とも言えるようなイベントになるのだろう。その根底には、ラジオという媒体ならではの、特性があるという。

音楽、マーケット、食事など、このフェスに来ていただく理由はさまざまだと思いますが、そこで思いがけなかったものに出会ってほしいというのが、我々のいちばんの願いなんです。

「偶然の出会い」というのは、ラジオというメディアのよいところであり、何よりの特性だと思っていて。ラジオでたまたま出会った曲を好きになったり、知らなかった情報を知ったりする経験って、ラジオリスナーの方にはあると思うんです。その音楽や情報は、ぼくらが厳選したおすすめしたいものを出している。それは今回のフェスに関しても同じで、モノや人との「偶然の出会い」があるような場所にできたらいいなと考えています。
- 渡邉

コロナ禍を経て、さらなる変化が生まれ始めている昨今の音楽イベントや野外フェスティバル。そのなかにあって、今回のフェスティバルは、はたしてどこまで多くの人びとを「INSPIRE」させることができるのだろうか。その盛り上がりに期待したい。

イベント情報
『J-WAVE presents INSPIRE TOKYO ~Best Music & Market』

日時:2022年9月17日(土)、9月18日(日)、9月19日(月・祝)
会場:東京都 国立代々木競技場 第一体育館、第二体育館、外周エリア

OPEN / START(終演予定):
代々木第一体育館 1st STAGE OPEN 11:00 / START 12:00(END 15:00予定) 2nd STAGE OPEN 17:00 / START 18:00(END 21:00予定)
代々木第二体育館 OPEN 12:00 / START 13:00 (END 20:00予定)
MARKET AREA OPEN 10:30 / CLOSE 20:00予定

料金(税込):
ONE DAY / アリーナ・スタンディング 16,500円
(第一体育館1st&2nd、第二体育館観覧可能)

1st STAGE / 指定席 8,900円
(第一体育館1stステージのみ観覧可能)
1st STAGE / アリーナ・スタンディング 6,500円
(第一体育館1stステージのみ観覧可能)

2nd STAGE / 指定席 8,900円
(第一体育館2ndステージのみ観覧可能)
2nd STAGE / アリーナ・スタンディング 6,500円
(第一体育館2ndステージのみ観覧可能)

1st / 注釈付き指定席 4,500円
(ステージ演出の一部が見にくいお席。第一体育館1stステージのみ観覧可能)
2nd / 注釈付き指定席 4,500円
(ステージ演出の一部が見にくいお席。第一体育館2ndステージのみ観覧可能)

第二体育館 / 指定席 5,500円
(第二体育館のみ観覧可能)
第二体育館 / アリーナ・スタンディング 5,000円
(第二体育館のみ観覧可能)

VIP1日通し券 110,000円
(第一体育館は貴賓席・第二体育館はVIP専用エリアで観覧可能)
特典内容:
・貴賓席(第一体育館 / 前室あり)、VIP専用エリア(第二体育館)での観覧
・J-WAVEナビゲーターがご案内するバックステージツアー(集合時間あり)
 9月17日(土):DJ TARO、9月18日(日):クリス・ペプラー、9月19日(月・祝):サッシャ
*出演アーティストとの面会はありません
・開演前にステージ上で個別に記念撮影(集合時間あり)
*出演アーティストとの撮影ではありません
・貴賓席(第一体育館)の前室には飲料のご用意有り(フリードリンク)
・特製オリジナルフード付き(軽食予定)
・専用エントランス / アテンド付き
・オフィシャルグッズ詰め合わせ

※規定枚数販売終了※ 3日通し券 / アリーナ・スタンディング 33,000円
(第一体育館1st&2nd、第二体育館、3日間観覧可能)

U25キャッシュバック
*当日、会場の窓口で「チケット+身分証」でご本人確認の上、手続きいただいた方に限り、全券種とも2,000円をキャッシュバックします。
*対象:生年月日が1996年9月20日以降の方
*受付にはご本人確認と年齢が確認できる公的な写真付き身分証明証が必要です。ご持参ください。
*受付時間:各日10:30~1st STAGEチケットの方は1st STAGE終演時まで、2nd STAGE、1DAY、3DAYSチケットの方は2nd STAGE終演時まで
*終演後の受付は行いません

◎通し券をご購入の場合でも、1stステージ公演終了後、一度場内より退出頂く必要がございます。
◎新型コロナウイルス感染症対策、その他詳細は公式サイトでご確認ください。

主催:INSPIRE TOKYO実行委員会
企画・制作:J-WAVE / J-WAVE MUSIC / DISK GARAGE
後援:東京都、渋谷区(マーケットエリア)


フィードバック 2

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • ラジオの特性「偶然の出会い」をリアルイベントでも。J-WAVEの都市型イベントに見るコロナ後のフェス

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて