あの人の音楽が生まれる部屋

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.17 BOMI

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 vol.17:BOMI

BOMIの音と言葉が生まれる
ワンルームの自宅に作った
制作スペース

ワンルームの自宅にて、キッチンの手前に作業机とiMacを置き、楽曲を作るためのスペースにしているBOMIさん。宅録を始めた頃はMacにバンドルされている音楽ソフトGarageBandを使用していましたが、現在はLogic Proを使ってデモ音源を作っているそうです。音色作りやパラメーターの設定などは、覚えてしまえばそれほど難しくなくて、大切なのは曲にあった活かし方であるということに気づいてからは、サウンドプロダクションにも俄然興味を持つようになったとのこと。歌詞も、ここで考えながらパソコンに打ち込んで作っていくため、気づけば十時間以上この椅子に座ったまま作業していることもしょっちゅうだとか。

1

KORG「KingKORG」

KORG製品詳細ページはこちらKORG「KingKORG」

BOMIさんが1つ目のお気に入り機材として挙げてくれたのが、アナログシンセサイザー銘機の設計思想を継承し、「Prophecy」「Z1」「MS2000」「RADIAS」と進化を続けたKORGの本格アナログモデリングシンセサイザー。本機をBOMIさんは、家での作業とライブの両方で愛用しているそう。

BOMI: 音色がすごくたくさんあるし、どれもすごく使い勝手がいい。曲作りのときはプリセットの音色を一つひとつチェックして、「この音色を使ったら面白そう!」ってピンときたら、そこからイメージを膨らませて曲を作っていくこともありますね。私の好きな1980年代ポップの音色を意識したカテゴリーもあるので、インスパイアの素になっています。フィルターを深めにかけたり、レゾナンスをいじってエグイ音にしたり、ツマミを直感的に動かすことによって、音色のエディットが簡単に出来るのも嬉しいですね。

2

KORG「RK-100S」

KORG製品詳細ページはこちら>>KORG「RK-100S」

まるでギターのように、肩から背負って演奏できるキーボード「RK-100S」。30年のときを経て復活した本機は、当時のエッセンスは継承しつつもモダンなデザインに改良された、ミュージシャンたちの間でも話題の楽器です。

BOMI:私はピアノから音楽に入ったので、ライブのときにギターのように鍵盤を持って演奏できたらいいなってずっと思っていたんですよ。そんなときに教えてもらったのが「RK-100S」でした。ライブではストラップを長めにして、ギタリストみたいに弾いています。音色を作り込んで、それをパッドにアサインしておけば、ライブ中にボタン1つで呼び出せるのでめちゃくちゃ便利です。鍵盤はもちろん、リボンコントローラーを使って演奏するのも楽しいですね。

3

AKG「C2000」

AKG「C2000」

コンデンサーマイクの中では比較的安価で購入できるAKG「C2000」は、宅録を始めたばかりのクリエイターにとっては強い味方。BOMIさんも、ボーカルのみならず様々な楽器を録るために重宝しているそうです。

BOMI:宅録に関しては初心者で、音作りの知識なんかも皆無だった頃、「せめてマイクだけでもコンデンサーのいいやつにしよう」と思って買いました。楽器屋さんでマイクを何本か試してみて、これが一番自分に合っていたんですよね。私の声って元々はハイ抜けがいいんですけど、そこの部分が耳に痛くないような音なんです。なおかつ、声の伸びもキレイに録れるので気に入っています。

4

Fender「Mustang」

Fender「Mustang」

こちらは1964年に「スチューデントモデル」として発売開始されたFenderのエレクトリックギター。カート・コバーンやサーストン・ムーアら、1990年代以降のオルタナティブロックのカリスマたちが愛用し、カルト的な人気を誇りました。

BOMI: このギターは確か、21か22歳のときに買いました。ギターはまったく弾けなかったのですが、弾けるようになりたいなと思って最初はMartinのアコギを弾いてたんですよ。そのうちエレキも始めたくなって、色々と物色しているときに、「ムスタングだったらショートスケールだし女の子でも弾きやすい」ということを、ギタリストの友達から教えてもらいました。ボディーがオレンジで、白の3本線が入っているタイプは珍しいのですが、たまたま5万円くらいで売っていたので思わず購入しましたね。

すでに次のアルバムの準備に入っているBOMIさん。彼女が今もっとも興味があるのはシンセポップで、CHVRCHES(イギリスを拠点に活動するエレクトロポップバンド)にインスパイアされ、メロディアスかつビートの強いサウンドを目指しているとのこと。BANKSやFKA twigsら「インディーR&B」にも共感し、かっこいいサウンドをあくまでも「J-POP」というフィールドに落とし込んで鳴らしていきたいと語る彼女が、この先どんな音楽を奏でてくれるのか。今からとても楽しみです。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • Apple「iMac」
  • Apple「MacBook Pro」
  • DAWソフト
  • Apple「Logic Pro」
  • Ableton「Live」
  • オーディオインターフェース
  • Roland「UA-25EX」
  • キーボード
  • KORG「KingKORG」
  • KORG「microKORG」
  • KORG「RK-100S」他
  • モニタースピーカー
  • Fostex「PM0.3」
  • マイク
  • AKG「C2000」
  • ギター
  • Fender「Mustang」

Information

BOMI 『BORN IN THE U.S.A.』(CD)

BOMI
『BORN IN THE U.S.A.』(CD)

2015年1月21日(水)発売
価格:2,160円(税込)
BNCL-047

AMAZON


『BOMI アルバムリリースイベント』

2015年3月18日(水)
会場:東京都 渋谷WWW


2015年3月19日(木)
会場:大阪府 心斎橋FANJ twice

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Article
  • あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.17 BOMI

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて