コラム

椎名林檎、ミスチル、宇多田ヒカルも。「サブスク解禁」がもたらす衝撃

椎名林檎、ミスチル、宇多田ヒカルも。「サブスク解禁」がもたらす衝撃

佐伯享介

最近、「サブスク解禁」というワードが音楽系ネットメディアの見出しに踊ることが多くなった。「サブスク」とはこの場合、Spotify、Apple Music、AWA、LINE MUSIC、KKBOXなどの定額制の音楽サブスクリプションサービスを指す。開始当初は「邦楽が少ない」と言われていた音楽サブスクリプションサービス(以下サブスク)だが、様々な段階を経て、今では驚くほどの充実ぶりを見せている。

その充実を実感できる1つの目安は、「あのアーティスト」や「あの曲」がそのサービスで聴くことができるのか? という点だろう。先日CINRA.NETでは、昨年のストリーミングサービスの売上が全世界の音楽録音物の収益の中で史上初めて最大の収入源になったことを報じた(参考記事:ストリーミングが史上初めて音楽売上最大の収益源に 日本では依然CD強し)。日本国内はCD販売が依然として強いが、新規ユーザーを開拓しうるアーティストや楽曲がカタログに日々新たに追加され続けている。

最大級のインパクトを与えた3組

椎名林檎

5月に解禁。シングル及びアルバムとしてリリースされてきた全29タイトル、また配信限定でリリースされている楽曲を含む全188曲を配信している。

Mr.Children

5月から配信。これまでに発表してきたシングル全37作品とアルバム全21作品を網羅している。配信直後、SNSで話題になった楽曲を紹介する日本のSpotifyバイラルチャートでは、50曲中47曲を彼らの楽曲が独占するという現象を巻き起こした。Apple Musicではこの記事を執筆している8月現在においても楽曲ランキングに “HANABI”“himawari”“innocent world”といった楽曲がチャートインしている。

宇多田ヒカル

2017年12月に解禁。1998年のデビューシングル『Automatic/time will tell』から2016年のアルバム『Fantôme』まで。6月27日にリリースされた新作『初恋』のストリーミング配信は現時点ではアナウンスされていない。

ここ数か月でもっともインパクトを与えた「サブスク解禁」はこの3組だろう。過去曲にもかかわらずランキング上位に食い込む楽曲の強さ、ファン層の厚さもさることながら、その時点におけるほぼ全音源を配信するという、本気さが窺える「量」にも圧倒された。彼らのように強い作家性と、お茶の間の知名度を持ち合わせたアーティストたちの参入は、日本でのユーザー規模を大きく拡張させることになるはずだ。

あの人気アーティストたちもサブスクで

cero

2011年の『WORLD RECORD』から今年リリースの最新作『POLY LIFE MULTI SOUL』まで。シングルを含めて視聴可。今年の『フジロック』で興味を持った人も気軽に聴くことができる。

SPEED

8月1日に解禁。デビュー曲“Body& Soul”からの全シングル、アルバム楽曲を配信。“STEADY”“White Love”といった人気曲も。あわせてメンバーたちによる過去のソロ作品が配信開始となった。

スピッツ

シングルコレクション『CYCLE HIT』シリーズが一部サービスで視聴可。彼らの代表曲を聴くことができる。配信サービスはSpotify、Amazonプライムミュージック、Google Play Music、AWA、LINE MUSIC、KKBOXなど。オリジナルアルバムは現時点ではストリーミング未配信。

YUKI

2012年に発表された27曲入りのベストアルバム『POWERS OF TEN』がApple Music、AWA、KKBOXなどで配信中。“プリズム”“JOY”“メランコリニスタ”といった代表曲が聴ける。

ももいろクローバーZ

6月から。デビュー曲“ももいろパンチ”から、5月にリリースされたベストアルバム『MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM 「桃も十、番茶も出花」』収録の最新曲“クローバーとダイヤモンド”まで、全シングルと全アルバムが一挙に配信されている。

三浦大知

3月から。これまでに配信リリースされた楽曲などを一挙に配信。『NHK紅白歌合戦』でも披露した“Cry & Fight”や“EXCITE”といった人気曲も。

ドリカム、福山雅治……この機会にあの名曲も

DREAMS COME TRUE

2017年10月から配信。全シングルと全アルバムを配信中。最新作『THE DREAM QUEST』のみSpotify限定で配信しており、SpotifyのテレビCMでも話題になった。“LOVE LOVE LOVE”“未来予想図II”といった懐かしの名曲も。

福山雅治

2017年12月に解禁。現在までの全楽曲が配信対象。“桜坂”“家族になろうよ”といったヒット曲だけでなく、福山雅治というシンガーソングライターを改めて知る機会に。

そのほか森進一、さだまさしの楽曲も一挙に配信。年配のサブスクユーザーを増やしそうだ。若いリスナーにとっても、戦後日本が築いてきた歴史に容易にアクセスできる環境があることは意義深い。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化