特集 PR

寺尾紗穂と再び東東京へ。辿り着いた、あるドイツ人宣教師の痕跡

寺尾紗穂と再び東東京へ。辿り着いた、あるドイツ人宣教師の痕跡

BLOOMING EAST
テキスト
大石始
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

鐘ヶ淵の歴史を辿る。時代を越えて現代にも残る善意の灯

3月某日、寺尾や「BLOOMING EAST」スタッフ一行は、以前のリサーチでもお世話になった墨田区鐘ヶ淵の日本オープンバイブル教団墨田聖書教会へと向かった。ここはキュックリヒによって信仰に目覚めた住人たちの尽力により、1954年(昭和29年)に設立された教会。可愛らしい教会のドアをノックすると、石川良男牧師と妻・葉子さんが我々を迎え入れてくれた。

まずは、前回もお伺いした日本オープンバイブル教団墨田聖書教会へ
まずは、前回もお伺いした日本オープンバイブル教団墨田聖書教会へ

墨田区北部の歴史に詳しい文筆家でもある葉子さんは、数少ない資料や当時を知る住人たちの証言を集めながら、キュックリヒとカネボウの関わりについての調査を続けている。初めての対面ながら、困難な調査を続けるもの同士のシンパシーがあるのだろう、葉子さんと寺尾のあいだですぐさま情報交換が始まった。

葉子:キュックリヒさんは戦後、放火の犯人にされてこの地区を出て行ったという噂を耳にしたのですが、そんなことってあるのかな? と思ってたんですね。ずいぶん長い間鐘ヶ淵に暮らしていたのに、その足跡が何も残っていない。最初はとても漠然としていて、何から調べていいか分からなかった。雲を掴むような状態でしたね。

左より:清宮陵一(「BLOOMING EAST」主宰)、寺尾紗穂、石川良男牧師(日本オープンバイブル教団墨田聖書教会)
左より:清宮陵一(「BLOOMING EAST」主宰)、寺尾紗穂、石川良男牧師(日本オープンバイブル教団墨田聖書教会)

繊維産業が国の基幹産業の一つだった戦前、鐘ヶ淵はカネボウの城下町として発展を遂げた。町には女工たちが通う編み物教室やお花教室が立ち並び、工場の周りには多くの社宅が立ち並んでいたという。

だが、そうした鐘ヶ淵の栄光も長くは続かなかった。2000年代に入るとカネボウの経営悪化による解散、会社消滅により町は活気を失い、現在では典型的な高齢者の町になっている。

葉子:東京スカイツリーができてから墨田の人の流れも変わったけど、古くからの住民はその流れに乗れず、シャッター商店街が増えているんですよ。そのなかで教会が役に立てることもあるんじゃないかと思うんですよね。ちょっと疲れたときにフラッと教会にきて、少し楽になって帰っていく場所というかね。私がここに来た2000年ごろはホームレスの方もよく来たんです。

葉子さんによるキュックリヒについての話に耳を傾け、メモをとる
葉子さんによるキュックリヒについての話に耳を傾け、メモをとる

空襲の被害が大きかった墨田区には、かつて教会が前身となった孤児院が存在したが、それらの多くは現在、幼稚園や児童養護施設として運営されている。なかには親から虐待を受けた子供たちも多いらしく、寺尾もまた「戦災孤児と虐待児、背景は大分違いますが、子供を救いたいという人が奔走しているという点で、あのころと今、人の善意の灯は消えていないと感じますよね」と話す。

寺尾:キュックリヒは墨田を去ったわけですが、彼女から教えを受けていた人のなかに信仰心はしっかりと根付いていて、それが墨田聖書教会という形で結実したのも改めて素敵なことだと思いました。墨田という土地でキリスト教という異文化がどういう風に受け入れられていったのか、現在にいたるまでどういう人がこの教会の門を叩いたのか。教会に集う人々の顔ぶれやそれぞれ願いというものは、時代を映す鏡でもあるように思えますよね。

 
Page 2
前へ 次へ

イベント情報

「BLOOMING EAST x 寺尾紗穂 リサーチ」

本リサーチは、これからも続きます。今後も東東京を軸にして、多様な価値観や文化と出会いながらプロジェクトを進めていくにあたって、お話を伺わせていただける方や訪問場所についての情報を募集しています。主に東京の東側で、戦災孤児に関する情報、戦前からあるキリスト教教会に関する情報をお持ちの方は、メールにてお寄せください。

プロフィール

寺尾紗穂
寺尾紗穂(てらお さほ)

1981年11月7日生まれ。東京出身。大学時代に結成したバンドThousands Birdies' Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」の主題歌を担当した他、CM、エッセイの分野でも活躍中。2014年11月公開の安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演)に主題歌を提供している。2009年よりビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」を主催。10年続けることを目標に取り組んでいる。著書に「評伝 川島芳子」(文春新書)「愛し、日々」(天然文庫)「原発労働者」(講談社現代文庫)「南洋と私」(リトルモア)「彗星の孤独」(スタンド・ブックス)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 1

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  2. スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も 2

    スピッツ『ロックロック』『ロックのほそ道』『新木場サンセット』今年も

  3. chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた 3

    chelmicoが等身大であるわけ。自分に似合う服がわかってきた

  4. 松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送 4

    松山ケンイチ×染谷将太『聖☆おにいさん 第I紀』再編集版、NHK総合で放送

  5. 『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花 5

    『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』実写ドラマ化、主演は小芝風花

  6. 松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演 6

    松尾スズキ作・演出『キレイ』再々々演、生田絵梨花、神木隆之介ら出演

  7. 米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も 7

    米津玄師の新曲“海の幽霊”6月3日配信、ジャケは五十嵐大介 PV先行上映も

  8. 『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送 8

    『凪のお暇』が黒木華主演で実写ドラマ化、7月からTBSで放送

  9. 池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日 9

    池袋のシネコン「グランドシネマサンシャイン」開業日は7月19日

  10. BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影 10

    BTSが雑誌『CanCam』『anan』の表紙に登場 LAで撮影