特集 PR

自分を揺らがせる周囲の声にどう立ち向かうか。卓球選手・石川佳純の場合

成功への重圧をテーマに、アニメーションで表現された石川佳純のストーリーを見てみよう。

「どこに向かってるの?」 エレベーターに乗り込んだ石川に「声」が問いかける。彼女のこたえは「最高の卓球選手」。その目標に向かって、エレベーターは上へ上へと石川を運んでいく。しかし、「声」は次第に彼女を追いつめる。「自分を疑ってみたことは?」「あきらめたほうがいいかも」。不安を煽る黒い雲がついにエレベーターを飲み込み、上に進めなくなったエレベーターは落下してしまう。

幼くしてトップ選手の仲間入りをした石川は、卓球選手としての厳しい評価や期待の目だけでなく、若い女性の著名人に向けられる好奇の視線にもさらされてきた。映像では、メディアや大衆の声が重圧となり、やがて石川を自己不信へと向かわせ、その疑いを具現化した黒い雲が行手を阻もうとする。雲の巨大さが、彼女が背負う期待やプレッシャーの大きさを物語っている。

『SK-II STUDIO:石川佳純「VS プレッシャー」』本編映像

雲に飲み込まれて壊れたエレベーターから落ちそうになる石川を引っ張り上げるのは、ほかでもない彼女自身だ。自分と同じように戦う人たちの存在に気づき、これまで自分がたどってきた道や乗り越えてきた試練を思い出して自信を取り戻した彼女はふたたび上を目指す。今度は、一度乗ったら自動で上がっていくエレベーターではなく、自らの足でビルを駆け登り、雲を突き破る。

自在に形を変えて巨大化していく雲や、曲がりくねったビル、行き交うエレベーターなど、近未来的な街並みと、迫力のあるアニメーション表現を生み出したのは、ポーランドのアニメーションスタジオ「Platige Image」。『カンヌ国際映画祭』でも上映された共同監督作『アナザー デイ オブ ライフ』(2018年)で、『第31回ヨーロッパ映画賞』および『第32回ゴヤ賞』長編アニメーション賞を受賞したダミアン・ネノーが監督を務めた。

『SK-II STUDIO:石川佳純「VS プレッシャー」』ビジュアル
『SK-II STUDIO:石川佳純「VS プレッシャー」』ビジュアル

石川のパーソナルな葛藤を描いた本作の制作についてネノーは、「非常に責任の重い仕事でした」と振り返り、「私たちが持っているすべてのビジュアル要素を駆使して、強くてエモーショナルな映画をつくり上げました」と仕上がりに自信を見せる。

他人から寄せられる期待は、それが自分への評価からくるものだとしても、ときに負担となって自分自身を揺らがせる。そんなとき、初心に帰ったり、自分が成し遂げてきたことを再確認したりする行為の持つ力──過去の自分がいまの自分を後押ししてくれるということを石川の物語は伝える。

本作に関連したインタビューで彼女は「楽しみながら前向きな気持ちを忘れずに、でも前向きじゃないときがあってもいいと思う。そういうことを繰り返しながら、最終的には『前に進めたな』ってなればいい」と話している。がむしゃらに前進し続ければ息切れすることもある。ときには立ち止まり、後ろを振り向くことで前に進むエネルギーを得ることも大切な一歩だ。

Page 2
前へ 次へ

サービス情報

「SK-II City」

「SK-II City」の中では、「SK-II Cinema」で本作品を鑑賞したり、「SK-II STUDIO」の舞台裏を垣間見ることができます。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察