コラム

蓮沼執太フィルによる野外コンサート『浜離宮アンビエント』、いとうせいこうら詩やラップの表現者による『ことばの渡し』、そして自作の家電楽器を奏でる和田永+Nicos Orchest-Labによる『エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~』。これら3つのプログラムが、去る5月22~23日の2日間にかけてオンラインで無観客配信された。

本企画は、東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京が主催する『Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13』の一環として行われたもの。2020年の春から夏にかけて準備されていた、音楽とアートのイベント『隅田川怒涛』の14のプログラムは、コロナ禍によってオリンピックとともに延期となり、紆余曲折のすえ再構成を迫られた。

2021年の今年、春と夏の2つの会期に分けて開催される『隅田川怒涛』。その春会期はどのような内容だったのか、現場に立ち会った有太マンがその全貌を振り返る。

(メイン画像:Photo by Mao Yamamoto)

30年越しに届けられた「ことば」

その日、いとうせいこうは2008年にDJ BAKUと作った“Dharma(善のネーション)”を既に繰り出していた。この楽曲は当時のミャンマー軍事政権に向けて作られたもので、昨今の同国の惨状と重なり、その内容はスッと入ってくる。

終盤、再び登場したいとうせいこうのラップに合わせて、和田永率いるエレクトロニコス・ファンタスティコス!(以下、ニコス!)が、アップサイクル(再利用ではなく、元の製品よりも価値の高いモノを生み出すこと)させた古家電を叩き、演者の身体を経由した電磁波によるファンキービートをテンポを上げて鳴り響かせる。

いとうせいこう(手前)と和田永(奥) Photo by Mao Yamamoto
いとうせいこう(手前)と和田永(奥) Photo by Mao Yamamoto

BPM130の高速ブレイクビーツに乗せられたのは、いとうの1989年の楽曲“Love One Piece”(アルバム『MESS/AGE』収録)からのことばだった。本人曰く、予定調和はもちろん、音に関する事前打ち合わせも一切なく、その時々の音に触発され降りてきたことばを紡ぐ姿勢でいたという。

ことばを次に渡して新たなことばが紡がれる。それこそが、この日、目の当たりにした『ことばの渡し』の意図するところだった。

すべてを終えて家に帰り『MESS/AGE』(1989年)を棚から引っ張り出し、改めて“Love One Piece”のリリックを読む。そこに記されたことばに驚いた。

冒頭から、<開く国家が19世紀 開く一家が20世紀>に続き、<開く個が21世紀>とある。そして最後には、<人類の無礼講フェア 意識のリペア なんにもないスペア>とも。

これは、従来の中央集権型社会が限界を迎え、主役が地方や地域におりてきた「自律分散型社会」のことか。そして、この惑星地球で、傍若無人に振舞う人間という種への警鐘か。

Photo by Mao Yamamoto
Photo by Mao Yamamoto

当時より、代わりのない地球の未来を憂いた視線は、以前より増して危機に瀕する環境の実態を目の当たりにし、何を想うのだろうか。自分はそこで一人、「これは予言書か」と、台本すらありそうな30年越しのクリエイティビティーに感嘆する時間を過ごしたのだった。

ここまで書いたことは、5月23日に足立区の隅田川河岸にあるMURASAKI PARK TOKYOで起きたことの、ほんの片鱗にすぎない。コロナ禍がなければ、開催会場は隅田川にかかる歩行者専用橋である桜橋。隅田川沿い10キロに渡って展開されていた壮大なプロジェクトのうちの1つとして開催されているはずだった。

Page 1
次へ

イベント情報

『Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13「隅田川怒涛」』
『浜離宮アンビエント』
『浜離宮アンビエント』

2021年5月22日(土)
出演:
蓮沼執太フィル(蓮沼執太、石塚周太、イトケン、大谷能生、尾嶋優、葛西敏彦、K-Ta、小林うてな、ゴンドウトモヒコ、斉藤亮輔、千葉広樹、手島絵里子、三浦千明、宮地夏海)
大崎清夏
音無史哉
角銅真実
寺尾紗穂
(題字デザイン:田中せり、写真:小山泰介)

『ことばの渡し』
『ことばの渡し』

2021年5月23日(日)
出演:
いとうせいこう
GOMESS
晋平太
カニエ・ナハ
宮尾節子
Dr.マキダシ
くるんちゅ from MAD city
オサガリ
VIP KID
夢備
EDGE
SECRET COLORS:小林洋(B)、三善出(G)、堀口隆司(Dr)
(葛飾北斎『冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見』島根県立美術館蔵、題字:田中象雨)

『エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~』
『エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~』

2021年5月23日(日)
出演:
和田永
山本颯之助
III三III三
中康輝
鈴木椋大
多田愛美
安宅晃
冠那菜奈
サイバーおかんと東京電人
糸数元基
武末昌太
森田貴宏
伊波繁太
小松明
(ロゴデザイン:譽田そよ子、写真:山本マオ)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」