特集 PR

現代の日本社会でアーティストとして生きる理由

現代の日本社会でアーティストとして生きる理由

内田伸一
撮影:大槻正敏
2012/11/19

現代に生きるアーティストって一体どんなことを考えている人たちなんだろう? 現代美術の展覧会には足を運んで、時々面白い作品にも出会うけれど、大半はなんか小難しくて気取っているようにも感じてしまう。そんな人におすすめなのが、日本の若手アーティストを中心に、いま注目すべき表現を紹介するグループ展『MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる』です。東京都現代美術館で毎年開催される同展は、毎回異なるテーマで「表現すること」の意味を問うラジカルな姿勢も特徴ですが、今回はいつにもまして挑戦的な気配。そこで展覧会のオープニングレセプションに潜入し、体験型の作品に触れながら、各アーティストを直撃しました。これまでの芸術家像に収まらない活動をする彼らが普段どんなことを考えて作品制作をしているのか? また「アーティストとして生きること」を選んだ理由にも迫ります。

いきなりですが、あの人の作品は「美術館にはありません」

今年の『MOTアニュアル』のサブタイトルは「風が吹けば桶屋が儲かる」。「風が吹けば……」は、あることが原因となって、その影響が巡り巡って意外なところに及ぶことのたとえですね。今年選ばれた参加アーティストの特徴は、「自らの手で絵を描いたり、彫刻を作るのではなく、制作の過程で他者を介在させ、作品の完成を人々の想像力に委ねる」ことも多い7組だそうです。そんな彼らが生み出す「作品」とは?

まずは受付を通って会場へ……と、いきなり受付係の女性が、涼しげな笑顔で意外な一言を発します。

「田中功起さんの作品は美術館にはありません。田中さんは美術館の外で活動しています」

田中功起さんは参加アーティストの一人。世界中のアート関係者が注目するイタリアの国際的な芸術祭『ヴェネツィア・ビエンナーレ』の日本代表にも選ばれた注目の作家です。えーっと……じゃあどうしようかな、と渡された資料に目を落とすと、その中に田中さんの「活動カレンダー」が。見ると、展覧会の時期を中心とした彼の予定が整然と並んでいます。アーティストトークや、映画館での作品上映、さらに来年参加する『ヴェネツィア・ビエンナーレ』の報告会など。ふむふむ、12月6日は「誕生日」なんですね。お茶目だなあと感心している場合なのかわかりませんが、ともあれ後ほど会場で本人を見つけてから話を聞くことにします。

『MOTアニュアル2012』受付

森田浩彰―「美術館の日陰」で何かが起きる

3階の会場へ上ると、森田浩彰さんが待っていてくれました。今度は壁沿いに作品らしきものがあり、ひと安心? しかし近づいてみると、遠目にはオブジェかと思われたその物体は、いずれも短い一文が印刷されたカードを積み上げたものでした。それが40組、来場者の手に取られるのを静かに待っています。いくつか手に取って読んでみると、

森田浩彰『人が集まる場所で、みんなで、行う、何か』
森田浩彰『人が集まる場所で、みんなで、行う、何か』

「壁の中に森田浩彰の作品が恒久的に埋め込まれた」
「監視員がごくたまに大きな深呼吸をする」
「ロッカー#03に署名済み婚姻届けが置かれている」

森田さん、これは一体……?

森田:カードに書いてあるのは、実際にこの美術館内で展覧会中に起こる出来事です。裏面にはその場所が記してあります。これらの出来事の集積が今回の僕の作品で、この部屋はそのインフォメーションセンターみたいな役割ですね。

なるほど。来場者は自らその場所を探し、出来事を目撃するわけですか。作品名もズバリ、『人が集まる場所で、みんなで、行う、何か』。でも美術館の主役であるアート作品の名前はほとんど出てきません。むしろ監視員やロッカーなど、ふだん日の当たらない存在が目立ちますが?

森田:もともと美術館って、美術品だけに集中できる便利なシステムになっていますよね。でも意識を別のところに向ければ、実際にはアート以外にも色んな存在や出来事があります。あの監視員さんは何を考えてるのかな、とか(笑)。そして、もともとあったものが誰かによって「発見」されたとき、初めて広がる世界もある。例えば、心理学の世界でフロイトが発見した無意識もそうでしょう。この作品では、そういうことを僕なりに示せたらとも思っています。


森田浩彰

そんな森田さんに、アーティストの道を選んだ理由を聞いてみました。

森田:僕自身がアートを通して、自分の世界を広げてもらえたから、ですかね。ある人にとってはそれが科学や文学かもしれないし、僕にとってはそれがデュシャン、フェリックス・ゴンザレス=トレスらとの出会いだった。さらに、そのアートの思考にも縛られず、ときにはアートを疑うことで、まだまだ広げられる世界があると思うんです。

ちなみにカードの文中には「毎日一個、ゴミ箱の中に森田浩彰の作品が入れられます」というものも。見つけたら持ち帰って良いそうなので、会場内でゴミ箱に頭を突っ込んで歓声を上げる人がいても、通報はご無用です。

Page 1
次へ

イベント情報

『MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる』

2012年10月27日(土)〜2013年2月3日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室 3F
時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
参加作家:
奥村雄樹
佐々瞬
下道基行
田中功起
田村友一郎
Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
森田浩彰
休館日:月曜(12月24日、1月14日は開館)、12月25日、12月28日〜1月1日、1月15日
料金:一般1,000円 大学生・65歳以上800円 中高生500円
※小学生以下無料

佐々瞬『それらの日々をへて、あの日がやってくる』パフォーマンス
2012年12月8日(土)
会場:東京都 東京都現代美術館 企画展示室3F
時間:未定(決まり次第、美術館ホームページで告知)
出演:小田原直也、佐々瞬
※当日有効の本展チケットが必要

奥村雄樹関連展示『通訳者のメモ』
2012年11月23日(金・祝)〜 12月2日(日)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 ホワイエ

奥村雄樹『ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー』上映+トーク
2012年11月24日(土) 15:00より(14:30開場、17:00終了予定)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 地下2F 講堂
トーク:平倉圭×星野太
料金:無料

田村友一郎関連イベント
2012年12月24日(月・祝)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館
※当日有効の本展チケットが必要
※開催時間は決定次第、美術館ホームページで告知

田中功起『質問する』
2012年9月〜約3か月
ウェブマガジン『ARTiT』上で掲載
※本展企画者との往復書簡
ART iT 連載 田中功起 質問する 8-1:西川美穂子さんへ1

森田浩彰によるパフォーマンス
会期中随時開催予定

学芸員によるギャラリーツアー
2013年1月12日(土)15:00〜16:00
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室3F
※当日有効の本展チケットが必要

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年