特集 PR

今さら人に聞けない、写真再入門 Vol.2 龍馬の秘密も暴く? 初期写真の魅力を高橋久美子と探る

今さら人に聞けない、写真再入門 Vol.2 龍馬の秘密も暴く? 初期写真の魅力を高橋久美子と探る

内田伸一
撮影:相良博昭

今見ている目の前の光景を、絵で再現するのではなく、そのまま写し取りたい。そんな人間の欲望が長い年月を経て結実した「写真」は、19世紀前半に同時多発的に生まれ、幕末の日本にも入ってきました。海を超えて初めて日本に写真技術が伝来した頃、それはどう受け止められ、当時の写真師たちはどんな想いで被写体にカメラを向けたのでしょう?

そこで今回は、幕末好きでも知られる作家・作詞家の高橋久美子さんと、東京都写真美術館リニューアル準備室を訪問します。同館は、高橋さんがかつて在籍したチャットモンチーの活動本格化を機に上京して以来のお気に入りスポットだとか。侍や幕末の志士、庶民らの姿を伝える古い写真に惹かれるという彼女の案内人は、同館の三井圭司学芸員。贅沢な個人授業のはじまりです!

「サムライも偉人もホントにいた!」と実感させられる初期写真

集合場所は、東京・神田にある「東京都写真美術館リニューアル準備室」。現在、同館は2016年秋のリニューアルオープンに向けた準備をここで進めています。

高橋:今日はよろしくお願いします。東京都写真美術館は、私が10年ほど前にチャットモンチーのデビューにあわせて四国から上京して以来、東京で見つけた楽しみの場所の1つなんです。

高橋久美子
高橋久美子

三井:ありがとうございます。よく訪れてくださるそうで、どんなところを気に入ってもらえたんですか?

高橋:私が詩や文章で「言葉」を残そうとするように、写真を撮る人も何かを残したくて撮るのかなと思うんですね。だから写真展に行くと、写っているモノも興味深いんですが、「どんな気持ちで撮ったんだろう?」と考えながら観るのが好きで。もともと歴史好きなので、古い写真には特に興味があります。

三井:僕の研究領域がまさにそうで、「写真」がこの世界に誕生した19世紀の写真史を専門にしています。古い写真のどこに魅力を感じます?

三井圭司
三井圭司

高橋:歴史上の人物ってどこか遠い存在ですが、写真で対面した途端「自分のご先祖と友人だったかもしれない」と想像しちゃうくらい、距離が縮まる気がして。あと、昔の人物写真の目が好きです。すごく強い目をしている写真が多くて。

三井:僕も当初は、チョンマゲを結う侍の世界なんて、自分と遠すぎて理解できない気持ちもありました。でもあるとき本物の侍の写真を目にして、ホントにあの髪型で、刃を腰に差してる! と驚いて(笑)。それが今の研究に進んだモチベーションの1つとも言えます。

高橋:うんうん。わかりますその感覚!

「日本最初の写真」は3つ存在する?

初期写真への想いを交わし、いよいよレクチャーに。「日本の写真の『始まり』」には、3つの視点があるそうです。まず「『日本人を撮った』1番古い写真」は1851年、アメリカ人によるもの。アメリカ船が救助した漂流船に乗っていた日本人男性が、サンフランシスコで撮影されています。

三井:(資料を開き)これがその写真です。世界最初の写真方式・ダゲレオタイプで撮られています。銀メッキをした金属板に像を焼き付ける方式ですね。

『(栄力丸船員 いわぞう)』H.R.マークス 嘉永3-4年(1850-51) ダゲレオタイプ 川崎市市民ミュージアム蔵
『(栄力丸船員 いわぞう)』H.R.マークス 嘉永3-4年(1850-51)
ダゲレオタイプ 川崎市市民ミュージアム蔵

高橋:すっごい綺麗ですね! 細かい服のシワまでちゃんと出てる~。

三井:きちんとした機材と腕があれば、今のデジタル写真より解像度が高くなりうる技術だったんです。

高橋:「IWAZO」さんっていう名前が書いてある。男の人ってお化粧しないから、すごく昔の写真でも「近所にこんな人いそう」って思うことが多い。面白いですね。

続いては「『日本で日本人を撮った』最初の写真」。1854年、ペリー再来航に同行した写真師、エリファレット・ブラウン・Jr.によるものです。高橋さんは、侍を写した1枚が気になったよう。

エリファレット・ブラウン・Jr.『田中光儀像』1854年 ダゲレオタイプ
エリファレット・ブラウン・Jr.『田中光儀像』1854年 ダゲレオタイプ

高橋:わ、すごくなで肩のお侍だ……。

三井:この写真については、面白い出来事がありました。『キュレーターズ・チョイス』(2006年)という展覧会で、この写真を外壁に大きく掲示したんです。そしたら不思議な男性が受付にやってきて「あの写真の方にお会いしたい」と。話を聞くと、その方は古武術の師範だそうで、写真の侍を見て「この人はデキる人だ」と強く惹かれたらしくて(笑)。なで肩も、首の筋肉がすごく発達しているからなんですよね、きっと。

高橋:ヘぇ~! じゃ、この写真のお侍も、武道の達人?

三井:田中光儀といって、当時はまだ格の低い侍だったそうです。ただ、撮影者のブラウン・Jr.の警護も担当したようで、これは想像の域を出ませんが、腕っ節が強く、滞在時の警護にも身体を張ってくれた、そのお礼の意味もあって撮ったのかも。なお田中さんは、後の明治には最高裁の裁判官まで出世します。

高橋:謎の古武術師範の眼力、当たってた(笑)。

最後は「『日本人が撮った』最初の写真」です。これは開国直前の1857年に、薩摩藩主・島津斉彬を写したもの。薩摩藩の写真術研究グループによる撮影で、国の重要文化財です。

高橋:おぉ、人物がもんやり浮き上がっている感じです。

「薩摩藩主・島津斉彬像」ダゲレオタイプ
「薩摩藩主・島津斉彬像」ダゲレオタイプ

三井:これもダゲレオタイプで、彼らは「直射影鏡」と訳したそうです。

高橋:斉彬公は、これを見てどんな反応を示したのかな? 「これが、世の顔か!?」とか。

三井:当時の日本文化では、基本的に肖像は遺影でした。縁起が悪いって話にもなりかねないので、保守的な人は撮られるのも嫌だったと思うんですよ。その点、彼は好奇心と広い知見があったのだろうと、この1枚でもわかりますね。

高橋:先鋭的な殿様だったのかな。写真と一緒に人の歴史が残っていたり、そうでなくても色々想像できたり、やっぱり初期写真は面白いですね!

Page 1
次へ

インフォメーション

東京都写真美術館(2016年秋リニューアルオープン予定)

書籍情報

『下岡蓮杖: 日本写真の開拓者 (Shimooka Renjo: A Pioneer of Japanese Photography)』
『下岡蓮杖: 日本写真の開拓者 (Shimooka Renjo: A Pioneer of Japanese Photography)』

2014年3月13日(木)発売
価格:3,024円(税込)
発行:国書刊行会

『思いつつ、嘆きつつ、走りつつ、』
高橋久美子
『思いつつ、嘆きつつ、走りつつ、』

2013年2月20日(水)発売
価格:1,296円(税込)
発行:毎日新聞社

連載情報

相撲情報マガジンTSUNA

「高橋久美子のどすこいコラム」連載中

プロフィール

作家・作詞家。ロックバンド・チャットモンチーのドラム・作詞家として活躍後、作家に。ももいろクローバーZやSCANDALなどへの作詞提供も話題となる。近著に『ヒトノユメと高橋久美子が行く!』、エッセイ集『思いつつ、嘆きつつ、走りつつ、』(毎日新聞社)など。

高橋久美子(たかはし くみこ)

三井圭司(みつい けいし)

東京都写真美術館学芸員。19世紀写真史を専門に研究し、手掛けた展覧会には、『夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史』(2007年より4回シリーズ、美術館リニューアル後に総集編を開催予定)、『没後百年 日本写真の開拓者 下岡蓮杖』(2014年)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』