コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年4月配信分(vol.269~272)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2010年4月配信分(vol.269~272)

武田砂鉄
2010/06/03

vol.269 シップシッパーシッペスト(2010/4/1)

全裸

女子高生から湿布の臭いがした。不満の矛先は修学旅行の自由時間が充分に与えられていない点のようで、やれ農業実習だ、やれ工場見学だと、折角行くのに、観光がないがしろにされていてどうしょうもないと、憤っている。一昨年までは長崎、去年までは京都だったのに、今年はシンガポール、だから超嬉しいのに、農家の一日体験ってそれありえないんだけど。だし、気まずそうじゃねぇ、と語尾を上げれば、背中をポリポリ掻いている。湿布の接着部が気になるらしい。

この子は、どうして湿布をしているのだろう。シンガポールでの農業体験を強いる学校の意図とは何だろう。こちとら、学園生活を終えて10年ほど経過すると、脳内に残っている想い出とやらは好都合に洗われていて、良き出来事はふんわりと暖かく、悪き出来事はドラマチックに着色されていく。「三丁目の夕日」の頃が実は最も犯罪件数が多かった時代だったという裏話を頻繁に聞く。映画に流れているような人情は確かに根付いていたけれど、反面、世の激変は街を殺伐とさせていたという両面を際立たせている。でもそうではなかったはずだ。人情と殺伐の間には単なる日常が佇んでいたはずで、それは、学園生活でも同じだ。好きな女の子にチョコレートを貰った日と、他校のヤンキーにカツアゲされた日を克明に記憶しているかもしれないが、それ以外の日こそ学園生活であったはずだ。

だから、湿布が痒い、農業体験がウザい、それはとても学園生活の生臭さを持ち運んでくる。明日の英語の授業で訳す順番が当たると予想される前夜、ここら辺だけを訳しておけば大丈夫だろうと思いながらも、でも最近あの先生、3センテンスくらい同じ人に訳させる場合もあるからなと慎重な予測をし、もう少し先まで訳しておくか、ああウゼえ、これこそ、あの頃の日々だったのだと思い出す。

一人が電車を降り、湿布臭の発生源の方だけが残る。携帯に内蔵されたゲームをやりながら、ため息をついている。シンガポールでの農業体験が、ますます嫌になってきたのだろう。この時自分は、それくらいイイじゃん、どうせ一日で終わるんだしと思ってしまうのだけれども、それは何の効果も持たない。最近、「それは○○歳になれば分かるよ」と続けて言われて、頭のどこかがひび割れする嫌悪を持った。分からないことが分かるようになっていく速度と量は、事前に計測できない。それを単純計算する人が、どうにも解せない。

加齢だけで何がしかが豊穣になるという安直な数式は、単なる保身ではないか。修学旅行での農業体験に悩む女子高生から漂ってくる湿布の臭いに、○○歳になった皆さんは向き合えるのだろうか。整理整頓からこぼれた痒みに、そのうち治るよ、という待機命令は不躾だ。一歩間違えれば、いや、間違わなくても変態だが、思わずクンクンその湿布臭を嗅ぎ直す。グッタリうなだれてみせるサラリーマンと、弾ける湿布臭を撒き散らす女子高生、その悩みの深度は、そんな簡単には比較出来ないのだという当たり前のことを、しっかりと考え込まなければ気付かなくなっていることを、やや恐ろしく感じた。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年