特集 PR

group_inouインタビュー

group_inouインタビュー

インタビュー&テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
撮影:柏木ゆか
2008/04/08

もう全部、勢い任せでやってました(笑)

―待望のファースト・アルバムですね、完成おめでとうございます!

cp:ようやく出来ました。

―まずgroup_inouの歴史からお伺いしたいのですが、結成は2003年ですよね。お二人はどんなきっかけで出会ったんですか?

cp:友達のライブを観に行ったら、その対バンでimaiが出てたんですよ。当時はバンドでドラムを叩いてて。それでその時、ぼくはバンド(uri gagarn)を始めようとしてて、ドラマーを探していたこともあって、彼に声をかけたんですよね。ドラムは断られたんですけど、そこから付き合いが始まったんです。

―imaiさんはその当時からソロ音源を作っていたんですか?

group_inou

imai:その頃はまだ作ってなかったです。ずっとバンドをメインにやっていたんですけど、ぼくが19歳くらいの時にバンドが解散して。それでELECTRIBEって機材を買ってトラックを作り始めました。それですぐにgroup_inouの活動をやり始めて。

―じゃあ、いきなりあんなトラックを作り始めたんですね。それはちょっとビックリしました(笑)。

imai:バンドを解散して一人になった時に買った機材だから、とにかく一人で出来るっていうのが楽しかったんですよね。ELECTRIBEってシンセが二つしか鳴らないんですけど、それでも工夫すれば何とでもなったし。それに機材1つあればどこでもライブが出来るっていうのは、すごく使い勝手が良かったですしね。

―確かにイノウはフットワークが軽くて、いいイベントに行けば大体出ている印象でした。でも、音源を出したのは2006年の『BPA』が最初だったんですよね。結成からはちょっと時間が空いてて。

imai:そっか、そのくらいなんだ(笑)。それ以前はcpがuri gagarnを平行してやっていたから、イノウを本格的に始めたのは2004年の後半くらいですかね。音源を作るまで曲っていう曲がなくて。

cp:もう全部、勢い任せでやってました(笑)。

―ライブも即興でやっていたんですか?

cp:そうですね、自分の頭の中にあるものを、その場で組み合わせてやっていました。最近ようやく、音源をリリースして固まってきた感じなんですよね。だから当時は、スリルがすごかった(笑)。

―当時はステージ上ではなくフロアでやることも多かったですけど、盛り上がりが尋常じゃなかったですよね(笑)。スリルもあったし、とにかく圧倒的な臨場感で観ている人もどんどん煽動されていました。『BPA』と同時にリリースしたDVD『ONE CAMERA NO CUT』とか、その当時の貴重な映像ですよね。

cp:ライブ映像があって、見てみたらこれイケるんじゃないかと思って出してみたんですよね。

imai:それをHEADZの佐々木敦さんが気に入ってくれて、大学の講義で使ってくれたり。今回のフライヤーやジャケットを作ってくれた他社比社さんもそのDVDを気に入ってくれたみたいで。結構キッカケにはなってますよね。

―その2作品のリリースから、自主レーベルのGALを立ち上げたんですよね?

cp:そうですね、それを出すためにレーベル作った感じですね。

imai:外のレーベルさんからの誘いは『foods』(2006年9月発売)を出した後くらいからで、それまでは話も来てなかったんですよ。でもまぁそういうお誘いの話などを聞いて、自主レーベルのやる気が出ました(笑)。

―でも最近は「group_inou」の名前もかなり知られてきていますよね。ライブをやる度に知名度を上げていく感じでしたよね。

cp:去年ぐらいからだと思いますね、「名前聞きますよ」って言われ出したのは。

imai:良いイベントに出してもらってるのが本当に大きいです。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

group_inou『FAN』
group_inou
『FAN』

2008年4月9日発売
価格:2,300円(税込)
GAL

イベント情報

group_inouライブスケジュール

2008年5月20日(火)
会場:千葉県 千葉LOOK

2008年5月23日(金)
会場:愛知県 名古屋CLUB ROCK'N ROLL

2008年5月25日(日)
会場:京都府 京都METRO

2008年5月28日(水)
会場:東京都 八王子RIPS

2008年5月31日(土)
会場:大阪府 大阪FANDANGO

2008年6月1日(日)
会場:兵庫県 神戸HELLUVA LOUNGE

2008年6月7日(土)
会場:東京都 渋谷O-nest

プロフィール

group_inou

都内を中心に活動中のimai[TRACK]とcp[MC]からなるユニット『グループイノウ』。自らGAL(ギャル)というレーベルを立ち上げ、そこを基盤にどのシーンにも属さず、完全に"インディペンデント"な存在ながらも破竹の快進撃を展開中。ライブではポップかつ破壊的な唯一無二のパフォーマンスでオーディエンスの心を鷲掴みにしている。4/9に待望の1stアルバム『FAN』をリリース!!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開