特集 PR

いとうせいこう×會田茂一インタビュー

いとうせいこう×會田茂一インタビュー

インタビュー・テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
撮影:柏木ゆか

引くっていうことも大事なんじゃないの。
引いた姿勢でいると聴いた人がむこうから乗り出してくるっていうか。

―完全に両想いだったんですね(笑)。アイゴンさんは、せいこうさんが歌詞を書き上げてくるのがやっぱり楽しみでしたか?

いとうせいこう×會田茂一インタビュー

會田:デモ段階だった曲にせいこうさんの歌詞がのることで、ガラッと変わるものもあれば、思っていたものがデフォルメされることもあったりと、本当に楽しかったですね。それに、歌詞の言葉にも驚きました。ぼくも歌詞を書くんですけど、出てくる言葉や捉え方がぼくとは全く違うもので感動したんです。それと今回は、THE MICETEETHの金澤君にも手伝ってもらったんですけど、どんどん自宅作業を進めてくれて、「ダブバージョン作ったんで送ります」とか、金澤君も楽しんで自由にやってくれましたね。

―参加した人がそれぞれ楽しんで作っていたわけですね。特にせいこうさんの歌い方に、余裕をもって楽しんでいる感覚があふれていると思いました。

いとう:それもアイゴンが指定してくるから。もうちょっと楽に歌ってくださいとか、それがいいんだって気づかされながらやっているんですよ。不安定なボーカルですが…すみません。

―最近どんな音楽を聴いても、ピッチやリズムを修正してきっちり作られたものが多いですが、JARにはそこにはない気持ちよさがありました。

いとう:そう、揺れがあるんだよね。ちょっと歌が上手いからって、ものすごい声を張って歌う人たちばかりでしょ? あれでは「表現」にはならないんじゃないかと思いますよ。引くっていうことも大事なんじゃないの。引いた姿勢でいると聴いた人がむこうから乗り出してくるっていうか。そういう風に歌う人がいないのも寂しい話だよ。

―その意味でも、せいこうさんの歌には普遍性がありますよね。アイゴンさんもそれを意識していたのかな、と思ったのが、1曲目に収録されたパラゴンズのカバー“On the Beach”でした。元曲よりもかなりスローテンポになっていましたよね。

會田:なんでなんだろうな…相当ゆっくりになってますよね。考えてそうしたというよりは、ポロンポロンと弾いてたらあんな感じになっていたんです。

―そうだったんですね。スローになったことで、元曲と歌詞の聴こえ方が随分違ったのが印象的でした。

會田:そうそう、そうなんですよね。

いとう:あんなゆっくりなテンポでやられちゃったら俺、息が続かないよ(笑)。息も絶え絶えなレゲエっていいな、みたいなことになってくるわけだよ。

―その息も絶え絶え具合が、どこか儚げでもあり、とても情感豊かに聴こえました。

會田:パラゴンズの元曲はピカピカのパーティー感があるけど、JARはなんかもうグラスとか転がっちゃってる…

いとう:そう、みんな倒れて寝ちゃってるみたいなね。起きてるやつだけでフラフラになりながらまったりとさ、「パーティーっていいよなぁ」って言ってるみたいな感じだよね。


いとうせいこう×會田茂一インタビュー

―そうですね。ドンチャン騒ぎする若者とは違う、まさに「大人の男の魅力」ってこれだと痛感しました。ひとつお伺いしてみたかったのですが、「大人の男」っていうものにどんなイメージをお持ちでしたか?

會田:ぼくは寺尾明の『Reflections』っていう、“ルビーの指輪”が入ってるアルバムですね。自分が将来なるであろう大人のイメージがそのアルバムの中にいっぱいあって。摩天楼でブランデーグラス、みたいな感じで(笑)。

いとう:レイバンのサングラスとかの蔓のところをちょっとかじったりして。

會田:ガウン着ながらボトルの中に帆船を作ってたりとか。

いとう:作らないよ大人は(笑)。

會田:作らないんですけど(笑)、摩天楼感っていうか。大人っていうと、ぼくの場合そういうのが出てきちゃう。でも、今そうかっていうと全然違うし。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『せいこうナイト with ADX』

2008年8月2日(土)OPEN 19:30 / START 20:30
会場:六本木SUPER DELUXE
ライブ:JUST A ROBBER (會田茂一/いとうせいこう/金澤義)
パフォーマンス:
康本雅子、ボクデス×五月女ケイ子、コンタクト・ゴンゾー
DJ:高木完、いとうせいこう、森雅樹(EGO-WRAPPIN')
MOBY(Scoobie Do)、桜井圭介
コント:鬼ケ島
ビデオ:泉太郎
料金:前売2,800円 当日3,300円 (+1ドリンク)

リリース情報

Just A Robber『JUST A ROBBER 1』
Just A Robber
『JUST A ROBBER 1』

2008年5月28日(水)配信限定音源iTunesリリース
価格:1曲150円
DAIZAWA RECORDS / UK PROJECT inc.
アルバム800円(ボーナストラック&スペシャルフォトブック付き)

1.On The Beach
2.Shadow
3.小鳥
4.Town To Town
5.The Conquerer
※アルバム購入者特典
1.dub On The Beach
2.Shadow -Version CH-
3.Shadow -Version WH-
4.小鳥 -TDC Remix-
JUST A ROBBER スペシャルフォトブック

プロフィール

いとうせいこう

1961年3月19日生まれ。東京都出身。1988年に小説『ノーライフ・キング』でデビュー。真新しいテーマと独特の文体で注目され、その後も小説、ルポタージュ、エッセイなど、数多くの著書を発表する。1999年、『ポタニカル・ライフ』で第15回講談社エッセイ賞受賞。執筆活動を続ける一方で、宮沢章夫、竹中直人、シティーボーイズらと数多くの舞台・ライブをこなす。盟友・みうらじゅん氏とは共作『見仏記』で新たな仏像の鑑賞を発信し、武道館を超満員にするほどの大人気イベント『スライドショー』をプロデュースするなど、常に先の感覚を走り創作し続けるクリエーター。また音楽家としてもジャパニーズヒップホップの先駆者として活躍するなど、カルチャーシーン全般に影響を与えた。昨年より音楽活動も徐々に再開し、「DJ BAKU」「レキシ」「口口口」「ポメラニアンズ」などのRECに参加している。

會田茂一

1989年よりライブサポート、レコーディングなど、ギタリストとしての活動をスタート。その後、朝本浩文とのRAM JAM WORLD、LOW-IQ ICHIとのACROBAT BUNCH、柚木隆一郎とのエルマロ等の活動を経て、99年、佐藤研二(bass)、小松正宏 from bloodthirsty butchers(ds)と共に、FOEをスタート。03年にはベーシストの高桑圭(GREAT3)とHONESTYを結成する等、様々なバンドワークスを展開。また、数多くのアーティストのプロデュースを手がけ、その他にもアレンジャー、リミキサー、映画の音楽監督として、多岐に渡る音楽活動を繰り広げている。そんな彼が40歳を迎える今年、生涯初!となる1stソロアルバム『SO IT GOES』を6月18日にリリース。8月にはソロ名義では初となるRISING SUN ROCK FESTIVAL 2008への出場も決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演