特集 PR

いとうせいこう×會田茂一インタビュー

いとうせいこう×會田茂一インタビュー

インタビュー・テキスト
柏井万作(CINRA.NET編集長)
撮影:柏木ゆか

80歳の爺さんが一番良い声を出してる世界を知ってごらんよ!
死ぬに死ねないから。

―理想としていた大人にはなれなかった?

會田:まあそれは虚像というか、居なかったというか。ただ、未だにテレビで甲子園を見てると「甲子園に出てる“お兄さん”たち」みたいな感覚になるんですよ。だから「大人」って何なのか、イマイチわからないです。

いとう:唯一言えるのは、今ぼくらが20代だったとしたらこの作品は作れなかった、ということじゃないかな。もし20代だったらこんなかすれた声で歌わないだろうし、歌ったとしても背伸びしてるように思われるでしょ。「まだガキのくせに、大人の風格出そうとしちゃって」って言われるよね、きっと。でも今のぼくたちはそれが出来た。それが消去法でさ、大人ってことなんだと思うよ。

―せいこうさんにも「大人の男」に何かイメージはあったんですか?

いとうせいこう×會田茂一インタビュー

いとう:あったあった。だけど、自分がその歳を超えたら忘れちゃったな。子どもの頃に大人だと思っていたのは35~6歳の人だったから、自分がその歳になるまではイメージを覚えていたんだけどね。だから今は、ただひたすら自分にとって年上の人のことを思ってる。60歳を超えるとこんな面白いこと言えるんだ、とか。だってぼくが追いかけてる浄瑠璃義太夫節の人間国宝なんて80歳を超えてるからね。あと40年くらいしないとあんな風になれない、修行が大変だなって。でも憧れてるよやっぱり。

―年輪を重ねていくにしたがって、どんどん面白くなっていく?

いとう:ぼく、テーマが経年変化だからさ。たとえばお味噌汁のおわんとかさ、買ったときは赤いのにだんだん黒ずんできたりしてね。ぼくはそっちの方がめっきりよくなっちゃった。それで自分のことを考えるとさ、この先おそらく持病を持つようになったりしてさ、胃も半分くらい切ったりしてるかもしれない。その状態で歌うとどうなるんだろう? 今よりいいんじゃないだろうか? とかさ。そんなことに興味があるんだよね、結局。

―そういう風に考えられたら、この先の人生が凄く楽しそうですね。

いとう:そうなんだよ。若い人が自殺しちゃったりしますけど、ちょっと待ってくれと。それはもう、20代が人生の最盛期だっていうのが常識になってしまった社会の問題だよ。「この後何も無い」とか、とんでもない話でさ。80歳の爺さんが一番良い声を出してる世界を知ってごらんよ! 死ぬに死ねないから。自分がどうなるかわかんないんだもん。年寄りを面白がらない文化になっちゃったのが良くないんですよ。JARはそこにも切り込んでいくから。

會田:チェット・ベイカーっていうトランペット奏者がいたんですけど、とにかくクスリがやりたくてレコードを作ってた人で、7・80枚レコードを出してるんですよ。だけどそういう人なんで、女関係でトラブった末に前歯を折られてトランペットが吹けなくなっちゃって。で、その後はしょうがないからトランペットを吹かないで、その旋律を歌ってるんですよ。ファファ~って。もうそれがプァフプァフしてるんですよ、入れ歯なんで(笑)。

いとう:最高だよね。

會田:プァフプァフしてる音楽。でも、聴くとなんともいえない。

いとう:たまらんよね。


いとうせいこう×會田茂一インタビュー

―自分もそうですけど、若い世代はなかなかそういう魅力を楽しめなくなってるんですかね…。

いとう:そうだなあ。それがいいってことを皆が言わなくなっちゃったからね。もったいないよね、面白いのにね。それ最高じゃない。狙って出来ることじゃないもんな。

Page 3
前へ 次へ

イベント情報

『せいこうナイト with ADX』

2008年8月2日(土)OPEN 19:30 / START 20:30
会場:六本木SUPER DELUXE
ライブ:JUST A ROBBER (會田茂一/いとうせいこう/金澤義)
パフォーマンス:
康本雅子、ボクデス×五月女ケイ子、コンタクト・ゴンゾー
DJ:高木完、いとうせいこう、森雅樹(EGO-WRAPPIN')
MOBY(Scoobie Do)、桜井圭介
コント:鬼ケ島
ビデオ:泉太郎
料金:前売2,800円 当日3,300円 (+1ドリンク)

リリース情報

Just A Robber『JUST A ROBBER 1』
Just A Robber
『JUST A ROBBER 1』

2008年5月28日(水)配信限定音源iTunesリリース
価格:1曲150円
DAIZAWA RECORDS / UK PROJECT inc.
アルバム800円(ボーナストラック&スペシャルフォトブック付き)

1.On The Beach
2.Shadow
3.小鳥
4.Town To Town
5.The Conquerer
※アルバム購入者特典
1.dub On The Beach
2.Shadow -Version CH-
3.Shadow -Version WH-
4.小鳥 -TDC Remix-
JUST A ROBBER スペシャルフォトブック

プロフィール

いとうせいこう

1961年3月19日生まれ。東京都出身。1988年に小説『ノーライフ・キング』でデビュー。真新しいテーマと独特の文体で注目され、その後も小説、ルポタージュ、エッセイなど、数多くの著書を発表する。1999年、『ポタニカル・ライフ』で第15回講談社エッセイ賞受賞。執筆活動を続ける一方で、宮沢章夫、竹中直人、シティーボーイズらと数多くの舞台・ライブをこなす。盟友・みうらじゅん氏とは共作『見仏記』で新たな仏像の鑑賞を発信し、武道館を超満員にするほどの大人気イベント『スライドショー』をプロデュースするなど、常に先の感覚を走り創作し続けるクリエーター。また音楽家としてもジャパニーズヒップホップの先駆者として活躍するなど、カルチャーシーン全般に影響を与えた。昨年より音楽活動も徐々に再開し、「DJ BAKU」「レキシ」「口口口」「ポメラニアンズ」などのRECに参加している。

會田茂一

1989年よりライブサポート、レコーディングなど、ギタリストとしての活動をスタート。その後、朝本浩文とのRAM JAM WORLD、LOW-IQ ICHIとのACROBAT BUNCH、柚木隆一郎とのエルマロ等の活動を経て、99年、佐藤研二(bass)、小松正宏 from bloodthirsty butchers(ds)と共に、FOEをスタート。03年にはベーシストの高桑圭(GREAT3)とHONESTYを結成する等、様々なバンドワークスを展開。また、数多くのアーティストのプロデュースを手がけ、その他にもアレンジャー、リミキサー、映画の音楽監督として、多岐に渡る音楽活動を繰り広げている。そんな彼が40歳を迎える今年、生涯初!となる1stソロアルバム『SO IT GOES』を6月18日にリリース。8月にはソロ名義では初となるRISING SUN ROCK FESTIVAL 2008への出場も決定している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡