特集 PR

ヤンキーもロックもアートに変える。キュレーションって一体何?

ヤンキーもロックもアートに変える。キュレーションって一体何?

インタビュー・テキスト
CINRA.NET編集部
撮影:田中慎一郎

大量の情報や表現が世の中にあふれ、キュレーション、キュレーターという言葉をあちこちで見聞きするようになったこの頃。もともとアートの世界で使われてきた、ある切り口をもとに「これは」というものを集め、見せ、伝えていく行為を指すこれらの言葉が、今注目を浴びている。そこで今回、アート界で対照的な活躍を見せる2人のキュレーターに、キュレーションの起源から各々の展覧会作りの話までを語ってもらう対談をお願いした。マクドナルドがディレクターを務める現代アートの学校「MAD」に保坂が講師として参加する縁で実現したこの対談。お互いのキュレーション観から、保坂が担当する『フランシス・ベーコン展』、マクドナルドが自らの家族史を扱った異色の展覧会など、最新の仕事からこれからの夢にまで話は広がっていった。

PROFILE

ロジャー・マクドナルド
1971年生まれ。NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT / エイト]副ディレクター。ケント大学にて宗教学修士課程修了後、美術理論にて博士号を取得。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして、日本国内外で数々の小規模な展覧会を企画。2006年の第1回『シンガポール・ビエンナーレ2006』では、キュレーターを務めた。アートスケープ・インターナショナルに展覧会評を寄稿。女子美術大学非常勤講師、東京造形大学非常勤講師。2013年夏、長野にてフェンバーガー・ハウスミュージアムを開設予定。
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT / エイト]
FENBERGER HOUSE

保坂健二朗
1976年生まれ。東京国立近代美術館主任研究員。慶應義塾大学大学院修士課程(美学美術史学)修了。これまで企画した主な展覧会に『エモーショナル・ドローイング』『この世界とのつながりかた』『建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション』『イケムラレイコ うつりゆくもの』展などがある。所属する東京国立近代美術館に加えて他館やギャラリーの企画にも積極的に参加し、現代アートや、アール・ブリュット、建築をテーマに意欲的な美術展を手がける注目キュレーター。
東京国立近代美術館

『パックマン』を美術館に収蔵するのもキュレーターの大事な仕事!?

―キュレーションやキュレーターという言葉、そもそもの始まりはどういうものでしょう?

マクドナルド:キュレーションはもともとアートの世界で用いられてきた言葉で、美術館や博物館で作品や資料の収集・保存・展示に携わる人がキュレーターと呼ばれるようになったんですね。語源はラテン語の「curare」(クラーレ=世話をするなどの意)で、英語のcure(治す、癒す)も同じルーツです。cureは牧師さんを表す言葉でもあって、僕はそれを思い出すたびに「キュレーターも愛を持たなくちゃ」となります(笑)。

―美しい出だし、ありがとうございます(笑)。ちなみに保坂さんもこの1年『絵画、それを愛と呼ぶことにしよう』(ギャラリーαM)というシリーズの展覧会を手がけていますね。お話のような語源から生まれたキュレーター的行為の起源は、どの辺まで遡るのでしょうか?

保坂:正直、僕もよくわからないのですが、物を並べる単純な行為にも、ある種のテーマや理念が必要ですよね。そこへどんな意味を与えていくかでも見え方は変わっていく。だから、人々がそういう「展示」をしていく中で段々とできてきた制度であり、職業なのだと思います。

マクドナルド:歴史的に見ると、15世紀に始まるヨーロッパの大航海時代に、お金持ちが世界各地の珍しいモノを集めて客人に披露する趣向がありました。「好奇のキャビネット」などと呼ばれるこれらの行為まで遡ることもできます。

ロジャー・マクドナルド
ロジャー・マクドナルド

―珍獣の標本とか、未開民族の文化で用いる品々とか。

マクドナルド:そうそう。続く近代には、フランス革命後に王室が美術品を並べていたルーヴル宮殿が美術館になるなどの流れがあり、そこで専門職としてのキュレーター制度が確立されていったのではと思います。

保坂:キュレーターの歴史を語るとき、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の初代館長、アルフレッド・バー・Jr.の存在も大きいですよね。1936年の『キュビスムと抽象芸術』展のカタログに掲載された『モダン・アートの系譜図』とか……。

保坂健二朗
保坂健二朗

―ゴッホやセザンヌからモダン・アートに繋がる流れを説明している有名な図ですね。

保坂:そう。彼らは他にも機械部品のベアリングを美術館に展示したり……自分たち独自の美意識や価値観を発信することを、キュレーターの重要な仕事として明確に意識した人たちだと感じます。MoMAは以降も映画やデザインなど幅広いカルチャーを収蔵の対象にしていて、最近ではビデオゲームの『パックマン』が収蔵品に加わったりして話題になりましたよね。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年