特集 PR

ヤンキーもロックもアートに変える。キュレーションって一体何?

ヤンキーもロックもアートに変える。キュレーションって一体何?

インタビュー・テキスト
CINRA.NET編集部
撮影:田中慎一郎

大量の情報や表現が世の中にあふれ、キュレーション、キュレーターという言葉をあちこちで見聞きするようになったこの頃。もともとアートの世界で使われてきた、ある切り口をもとに「これは」というものを集め、見せ、伝えていく行為を指すこれらの言葉が、今注目を浴びている。そこで今回、アート界で対照的な活躍を見せる2人のキュレーターに、キュレーションの起源から各々の展覧会作りの話までを語ってもらう対談をお願いした。マクドナルドがディレクターを務める現代アートの学校「MAD」に保坂が講師として参加する縁で実現したこの対談。お互いのキュレーション観から、保坂が担当する『フランシス・ベーコン展』、マクドナルドが自らの家族史を扱った異色の展覧会など、最新の仕事からこれからの夢にまで話は広がっていった。

PROFILE

ロジャー・マクドナルド
1971年生まれ。NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT / エイト]副ディレクター。ケント大学にて宗教学修士課程修了後、美術理論にて博士号を取得。1998年より、インディペンデント・キュレーターとして、日本国内外で数々の小規模な展覧会を企画。2006年の第1回『シンガポール・ビエンナーレ2006』では、キュレーターを務めた。アートスケープ・インターナショナルに展覧会評を寄稿。女子美術大学非常勤講師、東京造形大学非常勤講師。2013年夏、長野にてフェンバーガー・ハウスミュージアムを開設予定。
NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT / エイト]
FENBERGER HOUSE

保坂健二朗
1976年生まれ。東京国立近代美術館主任研究員。慶應義塾大学大学院修士課程(美学美術史学)修了。これまで企画した主な展覧会に『エモーショナル・ドローイング』『この世界とのつながりかた』『建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション』『イケムラレイコ うつりゆくもの』展などがある。所属する東京国立近代美術館に加えて他館やギャラリーの企画にも積極的に参加し、現代アートや、アール・ブリュット、建築をテーマに意欲的な美術展を手がける注目キュレーター。
東京国立近代美術館

『パックマン』を美術館に収蔵するのもキュレーターの大事な仕事!?

―キュレーションやキュレーターという言葉、そもそもの始まりはどういうものでしょう?

マクドナルド:キュレーションはもともとアートの世界で用いられてきた言葉で、美術館や博物館で作品や資料の収集・保存・展示に携わる人がキュレーターと呼ばれるようになったんですね。語源はラテン語の「curare」(クラーレ=世話をするなどの意)で、英語のcure(治す、癒す)も同じルーツです。cureは牧師さんを表す言葉でもあって、僕はそれを思い出すたびに「キュレーターも愛を持たなくちゃ」となります(笑)。

―美しい出だし、ありがとうございます(笑)。ちなみに保坂さんもこの1年『絵画、それを愛と呼ぶことにしよう』(ギャラリーαM)というシリーズの展覧会を手がけていますね。お話のような語源から生まれたキュレーター的行為の起源は、どの辺まで遡るのでしょうか?

保坂:正直、僕もよくわからないのですが、物を並べる単純な行為にも、ある種のテーマや理念が必要ですよね。そこへどんな意味を与えていくかでも見え方は変わっていく。だから、人々がそういう「展示」をしていく中で段々とできてきた制度であり、職業なのだと思います。

マクドナルド:歴史的に見ると、15世紀に始まるヨーロッパの大航海時代に、お金持ちが世界各地の珍しいモノを集めて客人に披露する趣向がありました。「好奇のキャビネット」などと呼ばれるこれらの行為まで遡ることもできます。

ロジャー・マクドナルド
ロジャー・マクドナルド

―珍獣の標本とか、未開民族の文化で用いる品々とか。

マクドナルド:そうそう。続く近代には、フランス革命後に王室が美術品を並べていたルーヴル宮殿が美術館になるなどの流れがあり、そこで専門職としてのキュレーター制度が確立されていったのではと思います。

保坂:キュレーターの歴史を語るとき、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の初代館長、アルフレッド・バー・Jr.の存在も大きいですよね。1936年の『キュビスムと抽象芸術』展のカタログに掲載された『モダン・アートの系譜図』とか……。

保坂健二朗
保坂健二朗

―ゴッホやセザンヌからモダン・アートに繋がる流れを説明している有名な図ですね。

保坂:そう。彼らは他にも機械部品のベアリングを美術館に展示したり……自分たち独自の美意識や価値観を発信することを、キュレーターの重要な仕事として明確に意識した人たちだと感じます。MoMAは以降も映画やデザインなど幅広いカルチャーを収蔵の対象にしていて、最近ではビデオゲームの『パックマン』が収蔵品に加わったりして話題になりましたよね。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る