特集 PR

佐々木俊尚インタビュー ネット社会では悪口を拡散してはいけない

佐々木俊尚インタビュー ネット社会では悪口を拡散してはいけない

インタビュー・テキスト
宮崎智之
撮影:豊島望
2014/03/17

コンピューターやインターネットといったテクノロジーは、社会をどのように変容させるのか? そんなテーマを自らに課しながら、激動する情報社会に身を置き、取材執筆活動を精力的にこなすフリージャーナリスト・佐々木俊尚。最新刊『レイヤー化する世界』においても、テクノロジーによって変容する世界システムを、超国籍企業が作る「場」、そこに生まれる「レイヤー」という構造によって描き、話題を呼んだ。

そんな彼が、「渋滞学」という独自の学問を追究する、東京大学先端科学技術研究センター教授・西成活裕とコラボレーションするという話を聞きつけ、「情報社会」と「渋滞」についての単独インタビューをさせていただけることになった。

追い越しや急な加減速を繰り返し、自分だけ早く先に進むという「利己の精神」では、周囲を渋滞させてしまい、結果自分にも跳ね返ってくるということを、数学上でも実験でも立証してみせた「渋滞学」の研究。そこでは、自分だけでなく全体を思いやる「利他の精神」が、キーワードとなっている。そんな「渋滞学」は、佐々木が論じているITやメディアへの思索にどんな影響をもたらしたのか。その刺激的な内容を伺った。

ソーシャルメディアで他人を口汚く罵ったり、陰謀論のような過激な投稿ばかりする人は「情報の渋滞」を起こしてしまいます。

―今日は情報社会について、多くの著書を執筆されている佐々木俊尚さんに、「情報」と「渋滞」というテーマからお話をお伺いしたいと思っています。

佐々木:どうぞ、よろしくお願いします。

―「渋滞」といえば、東京大学先端科学技術研究センターで「渋滞学」を研究されている西成活裕教授と、4月にイベントでの対談が予定されています。「渋滞学」は、道路で他の車との車間距離を保ったり、無駄な車線変更を減らすことで、渋滞を防ぐだけでなく、目的地に早く着くことができるという研究成果を数学でも実験でも立証し、注目されている学問です。佐々木さんはこの研究に触れ、どのように感じましたか?

佐々木:とても興味深かったです。利己的に振る舞って自分だけ得をしようとするのではなく、利他的に「思いやり」を意識して行動することにより、回り巡って自分が得をするということですよね。さらに面白かったのは、「渋滞学」は車の渋滞だけでなく、流れの滞りを研究する学問で、商品在庫や血液の循環までを対象にしているということ。ならば、私が専門にする情報社会にも当てはめることができるのではと思いました。つまり、「情報の渋滞」を解決するにも「思いやり」が大切であると。

―「情報の渋滞」とは、どのような状態ですか?

佐々木:インターネットの登場により、毎日膨大な情報が洪水のように押し寄せる状態になっています。昔なら新聞やテレビなどのマスメディアを一通りチェックすれば、世の中の状況が把握できたのに、今ではネットを通して大量の情報が流れ込み、とてもすべてチェックしきれません。また、ネットの性質上、自分に都合の良い情報ばかり閲覧することができてしまうので、偏った世界の見方がどんどん助長されてしまう。これらは「情報の渋滞」だと言えると思います。

―なるほど。

佐々木:それを解決するために、まず考えられるのが、「キュレーション」という手法です。特定の人物が情報を選り分け、発信することで交通整理をするアプローチですね。最近ではアルゴリズムでデータを解析することによって、自動的にキュレーションを行うサービスも流行しています。しかし、こういったシステム的な手法も非常に大切なのですが、一人ひとりの心掛けによって防げるということも忘れてはいけません。

佐々木俊尚
佐々木俊尚

―そこで「思いやり」という発想が出てくるんですね。

佐々木:そうです。たとえばソーシャルメディアで他人を口汚く罵ったり、陰謀論のような過激な投稿ばかりする人がいたとします。そういう人は、興味本位で集まってくるユーザーとは繋がれるかもしれませんが、情報リテラシーの高いユーザーは離れていってしまいます。すると質の良い情報が集まってこなくなり、自分が発信する情報の質も悪いまま。そして、情報リテラシーの高いユーザーからさらに敬遠され……と、「情報の渋滞」を加速するネガティブスパイラルに陥ってしまうんです。

―逆に「思いやり」を持った人には、質の高いユーザーが集まってくると。

佐々木:その通り。最近ではFacebookが普及したことにより、ネット上の評価が現実世界での信頼担保にも繋がる社会になってきました。たとえばアメリカでは、自分のアパートに旅行者を宿泊させる「Airbnb」というサービスが話題になっています。知らない人を泊まらせるなんて危険だと思うかもしれませんが、Facebookを見れば、その人の過去の言動が分かるし、どんな人と友達なのかも事前にチェックできる。「Airbnb」を使わなくても、人と会う前にFacebookをチェックすることはありますよね?

―よくあります。

佐々木:その人が、怪しい人とばかり友達だったりしたらどう感じますか?

―ちょっと身構えてしまうかもしれません。

佐々木:そうですよね。つまり、「思いやり」を持つことで得するのは、ネット上だけではないということです。リアルの世界にまで、その振る舞いの影響は及んできています。

Page 1
次へ

書籍情報

『簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。』
『簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。』

2014年2月27日(木)発売
著者:佐々木俊尚
価格:1,365円(税込)
発行:マガジンハウス

『レイヤー化する社会』
『レイヤー化する社会』

2013年6月5日(水)発売
著者:佐々木俊尚
価格:820円(税込)
発行:NHK出版新書

プロフィール

佐々木俊尚(ささき としなお)

作家・ジャーナリスト。1961年兵庫県生まれ。毎日新聞社で事件記者を務めた後、『月刊アスキー』編集部デスクを経て、2003年にフリージャーナリストへ転身。IT・メディア分野を中心に取材執筆、公演活動を展開。著書に『キュレーションの時代』(ちくま新書)、『当事者の時代』(光文社新書)、『レイヤー化する社会』(NHK出版新書)など多数。近著は『家めしこそ、最高のごちそうである。』(マガジンハウス)。総務省情報通信白書編集委員。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優